2005年01月16日

新築地まるかじり


新築地まるかじり (2005)
築地市場。なんだか良くわからないけど、活きが良くておいしそうな響き。日本人の胃袋。そんな築地市場をグルメ探索するためのハンドブックです。

これさえあれば初めての人でもまごつかないし、くろうとの様な顔をして市場場内を闊歩できます。どこが入り口かわからなくても大丈夫。

ともかく地下鉄の築地で降りて、市場の中へ関係者の様な顔をして入ってみましょう。

おすすめはなんといっても大和(だいわ)寿司(但しできるだけ朝早く行く必要あり)それとトンカツの小田保もいける!

八千代のエビフライはうまいが3500円では高すぎる!2年前は2400円だったのに。やはり天然エビが高騰しているのかな。

天房の天ぷらのエビはでかいのに尻尾まで食べられる。忙しく行き来するエンジンつき台車にご注意!他にもいろいろあるよ。

場外と場内とあり、普通の人には区別がつかないが、魚市場の仲買人たちが食事をしている市場の食堂は場内。

ただ大和寿司などおすすめ店は午後1時には終了してしまうので、午前中に行く必要あり。

もっとも超人気店を除けば、昼休みに行ってもすぐ食事できる。

この本を見てさらに研究して、うまさと安さを追求しよう。

知る人ぞ知る吉野家一号店は、競馬場の店と共にまだ牛丼が食べられる唯二の吉野家。

Posted by yaori at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)グルメ | 築地市場

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yaori/12452654