2005年02月20日

江夏豊の超野球学 頭が良くないと大選手にはなれない


江夏豊の超野球学―エースになるための条件
落合博満と同じ時期にベースボールマガジンで投手編の超野球学を連載していた江夏のコラムの単行本。

投げる筋肉は筋力トレーニングだけでは作れず、投げ込んで初めて投げる筋肉が鍛えられるとは筋力トレーニングの権威、東大石井直方教授の言葉だが、江夏も同じ事を語っている。

その例として現在最高のエース松坂大輔や広島の黒田を挙げ、春期キャンプの200〜300球の投げ込みを取り上げ、投手は投げ込むことを恐れてはいけないと説く。

また試合が始まったらその打者の態度、視線、ウェイティングサークルで何回素振りをしたとか、いつもと違うことはないかなどじっくり観察し、攻め方を考え、観察しながら慎重に攻めるのだと言う。

特に永遠のライバルの王貞治選手とは試合前の挨拶から観察を開始し、王が軽口を叩くと調子が良いとして警戒していたのだと。

優秀な投手なら一人一人の球筋まですべて記憶しているはずだと。

そういえば昔、金田正一がテレビの『ズバリ当てましょう』で、何度もぴったり金額を当てていたことを思い出す。感性と頭が良くなければ大ピッチャーにはなれないのだ。

また視線や表情も分析することが重要で、有名な『江夏の21球』の時は、満塁策を取って歩かせた平野光泰がニヤッと不適な笑みを浮かべたことから、スクイズに対する警戒心をとぎすませ、ピンチを切り抜けることができたと。

V9時代の巨人は試合が始まると全員が江夏をにらんでいたが、長嶋茂雄だけは視線があちこちに動いていたという話も面白い。

また土井、黒江を追い込んだ後ウィニングピッチのアウトローのストレートをうまくはじき返されていたのに、真ん中のストレートは見送り三振していたことが良くあったので、引退後彼らに聞いたところ、『江夏はコントロールが良いのでアウトローに的を絞って待っていたんだ。真ん中にきた時はピックリして手が出なかったよ。』と言われハッとした由。

なるほどこんな見方もあるのかと野球がさらに面白くなる。

Posted by yaori at 00:17│Comments(0)TrackBack(1) スポーツ | 野球

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
僕は筋肉トレーニングを最低週1回は行うことにしています。 本当は週2回やりたいのですが、 時間的制約により、やむをえなく週1回なのです。 最近は筋肉トレーニングもかなり科学的になってきました。 「うさび跳び」が科学的に否定されたのは有名な話です。 主にジ
筋トレについて【誰でもわかる!最新医学ニュース】at 2005年06月11日 10:23