2005年02月20日

江夏豊の超野球学 頭が良くないと大選手にはなれない


江夏豊の超野球学―エースになるための条件
落合博満と同じ時期にベースボールマガジンで投手編の超野球学を連載していた江夏のコラムの単行本。

投げる筋肉は筋力トレーニングだけでは作れず、投げ込んで初めて投げる筋肉が鍛えられるとは筋力トレーニングの権威、東大石井直方教授の言葉だが、江夏も同じ事を語っている。

その例として現在最高のエース松坂大輔や広島の黒田を挙げ、春期キャンプの200〜300球の投げ込みを取り上げ、投手は投げ込むことを恐れてはいけないと説く。

また試合が始まったらその打者の態度、視線、ウェイティングサークルで何回素振りをしたとか、いつもと違うことはないかなどじっくり観察し、攻め方を考え、観察しながら慎重に攻めるのだと言う。

特に永遠のライバルの王貞治選手とは試合前の挨拶から観察を開始し、王が軽口を叩くと調子が良いとして警戒していたのだと。

優秀な投手なら一人一人の球筋まですべて記憶しているはずだと。

そういえば昔、金田正一がテレビの『ズバリ当てましょう』で、何度もぴったり金額を当てていたことを思い出す。感性と頭が良くなければ大ピッチャーにはなれないのだ。

また視線や表情も分析することが重要で、有名な『江夏の21球』の時は、満塁策を取って歩かせた平野光泰がニヤッと不適な笑みを浮かべたことから、スクイズに対する警戒心をとぎすませ、ピンチを切り抜けることができたと。

V9時代の巨人は試合が始まると全員が江夏をにらんでいたが、長嶋茂雄だけは視線があちこちに動いていたという話も面白い。

また土井、黒江を追い込んだ後ウィニングピッチのアウトローのストレートをうまくはじき返されていたのに、真ん中のストレートは見送り三振していたことが良くあったので、引退後彼らに聞いたところ、『江夏はコントロールが良いのでアウトローに的を絞って待っていたんだ。真ん中にきた時はピックリして手が出なかったよ。』と言われハッとした由。

なるほどこんな見方もあるのかと野球がさらに面白くなる。  
Posted by yaori at 00:17Comments(0)TrackBack(1)

2005年02月17日

ビジネスブログブック 会社人向けブログ基礎講座


ビジネスブログブック
今までブログはもっぱら個人向けホームページ簡単作成という機能が注目されてきており、会社社長なども含めて個人ブログが中心だった。

しかしながらブログの持つ様々なすぐれた点は個人のみならず企業にもメリットが多い。

そんな点に注目した企業向けのブログの基礎講座だ。

ただし、このブログを読んでいる様な、すでにブログを自分で立ち上げている人には、目新しいことはあまりなく、知識のおさらいである。

共著で、なおかつそれぞれが違ったパートを受け持って、編集もブログで行うというオムニバス形式なのでそれぞれのパートのできのばらつきがあるのが残念。

最初の2章を書いたカレンの四家氏のパートは非常に参考になる。他の章は技術者向け。

ライブドア=エッヂといえばホームページ作成から事業を興したことが有名だが、ブログが広がればホームページ作成業者や多くのウェブデザイナーも不要となり、インターネット業界に巨大隕石を落としたような影響力がありうる技術だ。  
Posted by yaori at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月09日

50代からの選択 大前研一のひさしぶりの会心作

大前研一、堺屋太一は新しい本が出れば必ず読む好きな作者だが、大前研一は多作な上に、最近は同じようなネタを使い回ししていることが多く、正直失望していた。そんなわけでここ数年は大前研一の本は図書館で借りて読み、買っていない。この本はひさびさに目から鱗の会心作で図書館で借りて読んだが、買おうと思う。選挙の投票率はいつも年齢にリンクしており、老人の政治パワーは若者に常に勝るとか、勝ち逃げ50代(但し住宅ローンは定年前に完済が前提)と割食う40代との深い溝とか、なるほどと考えさせられる。30代、40代を革命の起こせない『少年ジャンプ世代』と呼び、自分が政治活動した時期にも全く動かなかったこの世代の政治無関心が結局墓穴を掘ったと切り捨てている。この人は毒がないとダメだとつくづく思う。
50代からの選択
日本の平均年齢は50歳だそうで、この本のタイトルとなっている50代の読者には、定年まで10年、それから20年程度の人生を、ちょうど平均年齢の50歳代でのリセットを勧めている。  続きを読む
Posted by yaori at 23:41Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月04日

オーディオブックのすすめ

How to Win Friends & Influence PeopleCarnegie

アメリカでは通勤や出張、旅行などで車で移動することが多いせいか、オーディオブックがよく売れています。

ちょっとしたベストセラーにはオーディオブックが出ており、手軽に買えます。

年間200冊ほど本を読む私でも同じ本を2回以上読んだことはほとんどありません。

同じ本を読むのは本当にエネルギーが必要ですが、オーディオブックならバックグラウンドミュージック代わりに気軽に聞けて、何度も何度も繰り返し聞けます。

英語に慣れていない人はやや抵抗感があるかもしれませんが、オーディオブックは本当にわかりやすい英語ですので、初めての人にもおすすめできます。

カーネギーの人を動かす(How to win friend and influence people)はその中でも特におすすめです。ナレーターが非常にわかりやすい英語で話すので、ヒアリング能力アップに絶好です。
  
Posted by yaori at 00:47Comments(0)TrackBack(0)