2015年08月28日

ペテロの葬列 宮部みゆきの「人物リサイクル小説」

ペテロの葬列
宮部 みゆき
集英社
2013-12-20


夏休みの旅行中に宮部みゆきのベストセラー小説を読んだ。

この小説は、TBSで2014年に小泉孝太郎主演でドラマ化されている



ドラマでは、ピストルを持ったバスジャックの犯人を長塚京三が演じている。

長塚京三は今年70歳ということで、年は原作の人物と同じだが、原作ではひ弱そうな70歳の老人となっているので、やや違和感がある。

作品のストーリーはいつも通り詳しく紹介しない。今多コンツェルンの社内誌「あおぞら」の編集部に勤務する杉村三郎は、今多コンツェルンの今多会長の娘と結婚し、桃子という娘がいる。

あるとき杉村は、編集長と一緒に元今多コンツェルンの財務トップで今は千葉県で引退している森の自伝を編纂すべく、森をインタビューした帰りに、ピストルを持った老人によるバスジャックに会う。バスジャックは短時間に解決するが、その後、犯人が予言した通り、不可解なことが起こる。

バスジャックで一緒に人質になった人たちが協力して、謎を解いていくという展開だ。

いわば「人物リサイクル小説」で、登場人物一人ひとりが過去や、事件後に異なる役割を果たしている。

バスジャック犯自身は、豊田商事グループ詐欺事件のような、詐欺犯を育成するトレーナーだったという設定だ。豊田商事事件については、知らない人も多いと思うので、Youtubeに載っている事件のビデオを紹介しておく。

豊田商事の32歳の社長が、マスコミが集まっている前でナイフで殺されるという驚くべき事件が起こっている。



「人物リサイクル小説」なので、”この人にこんなことやらせなくとも…”と思うような展開もあるが、新しい登場人物がいないので、その意味では登場人物を覚えやすい。

単行本で700ページもの作品だが、思いがけない展開で、ひきつけられる。

宮部みゆきさんの芸風の広さには感心する。このブログでは、「ソロモンの偽証」「荒神」を紹介しているが、それ以外にも「蒲生邸事件」とかも大変面白い。




荒神
宮部みゆき
朝日新聞出版
2014-08-20



蒲生邸事件 (文春文庫)
宮部 みゆき
文藝春秋
2000-10



筆者は3日で読んでしまった。夏休みなどの時間がある時に、没頭できる小説としてお勧めする。


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。

  
Posted by yaori at 00:24Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月13日

ライザップでなくても8キロ減量! バナナダイエット成功!

一生太らない体のつくり方
石井 直方
エクスナレッジ
2008-01-17


パワーリフティングやラグビーをやっていた昔ならともかく、60歳を超えて88キロもあるのは重すぎということで、今年4月から本気で減量に取り組んだ結果、とりあえず8キロ減に成功!久しぶりに体重が80キロを下回った。

これがダイエット食だ。

diet1























昼は会社の食堂で、ざるそばや、時間がなければコンビニで買ったサンドイッチ。

家で食べるときは毎食バナナ+豆乳+プロテインのバナナシェイク1杯と、スモークチキン(朝1本、夜2本、ファミマで売っている)とバナナ1本。つまり毎食バナナ2本食べていた。




このマイボトルブレンダーがスグレモノだ。簡単にシェイクができ、ボトルからそのまま飲めて、洗うのもカンタン。プロテインも完璧に溶ける。




甘熟王のシェイクはうまい!シェイクにすると甘熟王の甘さがわかる。

フィリピン産 甘熟王バナナ(かんじゅくおうばなな) 6.5kg 9パック入り(4〜5房/1パック)ワンランク上 甘い バナナを毎日食べて毎日元気モリモリ♪【高地栽培バナナ】05P01Mar15
フィリピン産 甘熟王バナナ(かんじゅくおうばなな) 6.5kg 9パック入り(4〜5房/1パック)ワンランク上 甘い バナナを毎日食べて毎日元気モリモリ♪【高地栽培バナナ】05P01Mar15

バナナの甘味で、豆乳のちょっと青臭いような味も消え、調整豆乳(やはり紀文のものが一番いい)との相性も抜群。







ビタミン+ミネラルはサプリ。飲み物はBCAA 4000MGのアミノバリュー。




バナナのカロリーは低いが、栄養バランスはよく、食物繊維も含んでいる。ノンあるいはローカーボダイエットではないので、体調も良好。プロテインも十分摂っているので、トレーニングしてパワーもそこそこ維持できる(バナナ・シェイク1杯で、プロテインが30グラム摂れる)。

ライザップに行かなくても減量はできる!妻の協力も大きかった。



是非、甘熟王バナナのプロテイン・シェイク・ダイエットを試してほしい。


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。

  
Posted by yaori at 22:38Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月09日

いなくなった私へ 2014年「このミス」大賞優秀賞受賞作



2014年の「このミス(このミステリーがすごい!)」大賞優秀賞受賞作。作者の辻堂ゆめさんは、今年大学を卒業し、都内のIT通信企業に勤めているという

高校、大学の後輩の作品なので、読んでみた。

辻堂ゆめさんは、大沢在昌の「小説家講座」は受講していないと思うが、出てくるピース(話)がそれぞれ有機的に関連づいていない。小説の「トゲ」がないのが、「このミス」大賞で特別賞に終わった原因だと思う。

小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない
大沢 在昌
角川書店(角川グループパブリッシング)
2012-08-01


「このミス」でも大賞は賞金1,200万円だが、特別賞は200万円を受賞者で分けるので、賞金は100万円だ。賞金100万円では、小説家として独立を目指すのは無理だろう。

出版不況の時代ゆえ、才能抜群の朝井リョウですらも、まずは出版社勤務の道を選んだので、辻堂ゆめさんも一般企業への就職の道を選んだようだが、大沢在昌のテクニックなどを学んで、才能を開花させてほしいものである。

武道館
朝井 リョウ
文藝春秋
2015-04-24




小説のストーリーはいつもどおり詳しく紹介しない。死んだ人の生まれ変わりがいくつも重なって、それぞれの登場人物のストーリーが絡み合っていくという展開だ。

インドの輪廻の泉の話があまり脈絡なく登場するが、なぜ死んだ人の生まれ変わりが、同じ場所、同じ時間に、同じ性別、同じ年齢で登場するのかを、もうすこし研究して欲しかった。1Q84みたいな展開でもよかったかもしれない。



400ページ弱の作品だが、展開にとまどいをいただきながらも引き込まれる作品である。


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。


  
Posted by yaori at 21:36Comments(0)TrackBack(0)