2015年11月22日

Q&A共通番号 ここが問題 マイナンバーはプラスにもマイナスにもなる



この本の著者の黒田さんが、先日テレビでそもそも総研という「マイナンバーにあたる制度は海外ではうまくいっているのだろうか?」という番組に出ていたので読んでみた。

テレビ番組では、マイナンバーのような国民共通番号制度は、OECD先進国では例外なく取り入れられていると政府は説明するが、実際にはイギリスは国民ID制度はやめている、ドイツは憲法違反の疑いがあるので共通番号はない、フランス、イタリアもない。米国とカナダは社会保障番号はあるが任意加入で、日本のような強制ではないと説明していた。

そもそも総研















番組の最後では、大臣が番組に出てきて釈明しろというような口調だった。

一方、政府広報資料の各国比較は次の通りだ。上記のテレビの表と全然違うことがわかると思う。たしかに、ドイツだけは番号の用途を税務に限定しているが、その他の国ではすべて社会保険と税務や年金、医療などの共通番号が導入されている。

summary_zentai 20



















出典:内閣官房マイナンバー広報資料

また、テレビでは、米国、カナダは「任意」で日本のように「強制」ではないと言っていた。

しかし、米国に住んだ経験のある人はみんな知っていると思うが、この番号がないと社会保障が受けられず、銀行口座も開けないので、米国及びカナダの国民ほぼすべてが取得しているのが現実だ。

かなりミスリーディングな番組だったが、その番組で、マイナンバー反対論を展開していたのがこの本の著者の黒田充さんだ。

黒田さんは大阪市立大学工学部を卒業後、松原市役所に17年間勤めた後、立命館大学の大学院で学び、現在は自治体情報政策研究所の代表となっている。自治体情報政策研究所は黒田さんが設立したもので、所員は他にはいないという。

黒田さんはマイナンバー制度導入中止を現在も呼びかけている。

自治体情報政策研究所サイト自治体情報政策研究所ブログでマイナンバー制度の問題点を呼びかけ、この本に収録されているマイナンバーに関するQ&Aもサイトで一部公開している。

この本の結論として、黒田さんは次の様に最後に書いている。

「高齢化が急速に進む日本において、いま必要とされているのは、国が国民等に共通番号を付け、個々の国民等への社会保障を直接管理し、そのための個人情報を中央集権的にコントロールするようなシステム なのでしょうか。

住民としての国民等にとってより身近な市町村が、 住民の困りごとを具体的に把握しながら必要な社会保障を提供してい く、そのために必要な個人情報は個々の市町村が責任を持って管理する、国は市町村の必要に応じて制度を整え、財源を保障するといった 地方自治に則したシステムではないでしょうか。

こうしたシステムの方が、個人が本当に必要とする社会保障サービ スをよりきめ細かく、かつ的確に提供できるという意味での効率性の点でも、社会保障にまつわるセンシテイブな個人情報が大規模に流出するなどの危険性を避ける点でも、有効ではないでしょうか。」

この本を読んで考えさせられたのは、国と地方自治体のあり方だ。

マイナンバーは国が国民の個人情報を管理することを可能とする。まずは税務(つまり収入)と社会保障(年金、雇用保険、健康保険)だが、今後は銀行口座などの金融資産(とりあえずは任意)、株式資産(配当の源泉徴収のため)とどんどん広がっていく。

健康保険証としても利用可能となり、公務員の共通身分証明書としての利用も可能となる。

民間利用としては、スマホに載せられるようにするとか、クレジットカード機能を持たせるとか、デビットカード、ポイントカード、診察券等の機能を載せるという話もある。

スマホに載せることや、戸籍やパスポート、海外在留の邦人の選挙制度で利用しようという案もある。

siryou6





















出典:首相官邸第9回 マイナンバー等分科会議事録

国と地方自治体との二重行政の問題点は、今回のマイナンバー通知カードの配布を見れば明らかだ。

実は筆者の番号通知カードはまだ手元に届いていない。筆者の住む東京都町田市では、11月18日に郵便局差出完了となっているが、簡易書留はまだ届いていない。

もし国が直接国民に配布することにしていたら、こんなことにはなっていないはずだ。

米国では、社会保険は社保庁(Social Security Administration)、税金は歳入庁=IRS(Internal Revenue Service)が直接国民と対応する。

かつてはこのブログで以前紹介したような案内が国民に直接届いていた(現在は郵便は廃止し、ウェブサイトで自分で見に行く形に変更されている)。

地方自治体はセールスタックス(消費税)やスクールタックス(固定資産税)などの市町村税等については、国民に対応するが、所得税や社会保険は連邦政府のファンクションだから、国の機関が直接対応するのだ。

この本の黒田さんの説明では、政府は個人の情報は住民基本台帳で持っているが、世帯の情報は持っていない。地方自治体が世帯情報を持っているので、今回のマイナンバーも地方自治体が世帯単位で通知カードを送付しているのだ。

マイナンバーがあれば国と地方とは同じネットワークを共有することとなり、当然、世帯情報も共有することができるはずだ。

もしマイナンバーを活用することにより、国と地方の二重行政を一本化できたら、地方公共団体の職員は何十万人も削減できるかもしれない。そのことを黒田さんは最も恐れているのだろう。

マイナンバー制度にはもちろんマイナス面もある。マイナス面にも気づきながらも、適正な運用を進めることが重要だと思う。

その意味では、黒田さんのブログは気付きの機会を与えてくれ、役立つ。

マイナンバー制度は、国による国民のフロー(収入)とストック(金融資産、株などの有価証券、不動産)管理を可能とするので、その意味では国による管理強化となる。

一方、全く話題にならないが、やりようによっては国と地方自治体の二重行政が抜本的に簡素化できる可能性も秘めている。

プラスにもマイナスにもなるツールだ。

そんなことを考えさせられる本である。


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。




  
Posted by yaori at 03:48Comments(0)TrackBack(0)

2015年11月15日

成りあがり 永ちゃんこと矢沢永吉の激白集 



見城さんの本で、当時の角川春樹社長に言われて、小学館から出ていた矢沢永吉(永ちゃん)の単行本「成りあがり」の文庫化を実現したと書いてあったので読んでみた。

筆者は大体1日1冊のペースで本を読んでいるが、めったに本は買わない。本当に手元に置いておきたい本は限られるからだ。

その筆者が図書館から借りた本を読み終わる前に買ったのがこれだ。

まったくぶっ飛んだ。

「取材構成 糸井重里」と書いてあるので、糸井重里がインタビューをプロデュースしたのだろう。まさに永ちゃんの本音、そのものズバリが書かれている。

永ちゃんの生い立ち(広島生まれだが、実母は3歳の時に出奔、父は2年生の時に病没)、親類をたらいまわしされて、やっかいものとして、なんとか高校を卒業したこと、おばあさんを唯一の肉親として育ったこと、貧乏で小学校6年生くらいから新聞配達や牛乳配達をやって食べていたこと、中学2年くらいからラジオで音楽を聞きだし、映画館のフィルム運びをやりながら発声練習していたこと、高校生のころから独学で音楽を学んで作曲していたことなどが語られている。

そして永ちゃんが「10回くらい、リフレインで読んだよ」という本が、友達のお姉さんが勤めていたキャバレーチェーンの社長がくれたカーネギーの「人を動かす」だ。永ちゃんが高校生の時だ。「えらく気に入ってね、キザに友達の誕生日に贈ったりしたよ」と。

人を動かす 新装版
デール カーネギー
創元社
1999-10-31


「『ああなるほど。なるほど。一理あるな。一理いえるな』と感じたわね。」

「たまに女房に花を買って帰るというのも、カーネギーの影響かもしれないね。多少」。

「ともかく、10回以上も読んだものな」。

なんと永ちゃんもカーネギーに影響受けているんだ。

永ちゃんは、「BIGになる」という強い意志を持って、高校卒業と同時に上京し、横浜で活動し始めた。

いろいろなアルバイトをやりながら、メンバーを集めてバンドを結成、3番目のバンドのヤマトで横浜のディスコやキャバレーで演奏していた。

そしてヤマトを解散し、内海利勝ジョニー・大倉と一緒に始めたのがキャロルだ。キャロルがレコードデビューするときには、ミッキー・カーチスがプロデューサーとしてかかわったが、契約があまりにもキャロルに不利な契約なので、後で永ちゃんはミッキーを切った。

キャロルは1972年7月に横浜市立大学の講堂で練習を始め、その年の冬にレコードデビュー、そしてスターダムにのし上がった後、永ちゃんと他のメンバーの考えが離れ、1975年4月の日比谷野外音楽堂のラストライブで解散した。



その間のことは、この本よりもジョニー・大倉の「キャロル 夜明け前」に詳しいので、これも追って紹介する。永ちゃんとしては、ギャラは4等分。何の文句があるんだというところだろうが、他のメンバーの思いは違う。

キャロル 夜明け前
ジョニー大倉
主婦と生活社
2003-10


キャロル解散後、永ちゃんはソロ活動を始め、この本の単行本が出た当時は、年間150回ステージに立ち、その間にレコーディングしている。

なぜ?150を50にしないのか。その方が楽だし。どんでもない。簡単な理由よ。

ロックはまだまだメジャーじゃない。やっと矢沢永吉という人間が少しずつ頭を持ち上げてきた。日本じゃその程度だ。これは、やっている本人にしかわからない。

フォークは、定着しかけている。でもオレたちばまだまだ、もがいてももがいてもそこまでできていないと思う。

150ヵ所でも少ないと思っている。

本当に引き込まれる本だ。

こんな話も載っている。

キャロル結成前、永ちゃんが金がないときに、親しらずが悪化して1か月くらい口も開けられないことがあった。日大病院に行ったら、1万円取られて、ろくに治療もやってもらえなかった。

それで有り金全部持って、奥さんの肩につかまって、御茶ノ水の医科歯科大に行って、教授に事情を話したら、基本料金だけで治療してもらえた。インターンの研究材料になったけど、ともかく注射代、レントゲン料金とかすべて無料にしてもらった。

永ちゃんはいう。やっぱり、オレ、あの時つくづく思ったね、国立と私立の差だね。

あの時、オレ、倅は私立に入れるのやめようと思ったね…。

この本は昭和53年に小学館から単行本として出版され、昭和55年に角川文庫で文庫化されている。

平成16年には改版され、筆者が買った本は平成27年9月15日発行の改版27刷だ。これだけ売れると角川書店も小学館も、ウハウハだろう。見城さんの置き土産だ。

改版されて無くなったのが、冒頭の永ちゃんの言葉だ。

初版には「すみ子、栄一郎、寛十郎、そして、もうすぐ生まれる子供に、贈る。」となっているが、改版にはない。

永ちゃんの私生活はよく知らないが、再婚しているから、前の奥さんとその子供たちへのメッセージは消したのだろう。

糟糠の妻を棄てた、という見方もできるが、永ちゃんが世界的にビッグになるためには、ハーフだという英語のできる奥さんが必要だったようにも思われる。

100万部以上のベストセラーだけあって、楽しく読める。筆者自身もそうだが、矢沢永吉「食わず嫌い」の人にもおすすめできる本である。


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。


  
Posted by yaori at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2015年11月03日

たった一人の熱狂 幻冬舎見城社長の755での発言集



幻冬舎見城徹社長の755(有名人とやりとりできるツイッターのようなSNSサービス)での発言に、見城社長自身の解説を加えてまとめ上げた本。

755はホリエモンの長野刑務所に服役していた時の囚人番号だ。ホリエモン出所後、親友の藤田晋サイバーエージェント社長が協力して、755という有名人とやりとりできるSNSサービスを立ち上げた。

755自体は、AKBや乃木坂46のメンバーとやりとりできるということで有名なようだが、筆者はこの本を読むまで全く知らなかった。

もっとも見城さん自身の755のアカウントは現在は閉鎖されているようだ。幻冬舎から出した百田尚樹さんの「殉愛」というやしきたかじんさんと奥さんを取り上げた”ノンフィクション”小説が、実際はフィクションだらけだったということで「炎上」し、「百田尚樹『殉愛』の真実」という本まで出されることになり、その騒ぎで閉鎖となったように思える。

殉愛
百田 尚樹
幻冬舎
2014-11-07


百田尚樹『殉愛』の真実
角岡 伸彦
宝島社
2015-02-23


この本では見城さんの次のようなツィート?を4ページで解説している。見城さんの解説自体は、ライターがインタビューして構成している。

☆小さなことこそ真心込めろ 「仕事ができない仁言の共通点は、自分に甘いこと。思い込みが強いこと。小さなこと、片隅の人を大事にしないこと。約束を守らないこと。時間に遅れること。他者への想像力が足りないこと。」

このツィートを見城さん自身の新入編集者時代の話なども加えて、展開している。

見城さんは新入編集者の時、コピー取りを頼まれると、原稿を2枚コピーして、一枚は自分が編集者になったつもりで朱を入れていた。実際に本ができあがった段階で、自分の校正した原稿と比べてみると、朱を入れるべきところで入れていない先輩編集者の手抜きがわかったりして、編集者として鍛えられたという。

つまらなく地味な雑用でも自分の心がけ一つで黄金の仕事に変わる。

小さなことを大切にするだけで、人生は大きく変わっていくはずだ。神は細部に宿る。と結んでいる。

たしか「編集者としての病」だったと思うが、見城さんは、掃除のおばさんに、あの本は面白かったと言われて、続編が出た時にプレゼントしたという話を書いていた。

360度の気配りが、見城さんを今の地位にしたということだろう。

同じ話は恋愛にもいえる。

☆恋愛が下手なやつに仕事はできない「他者への想像力がない人が、ビジネスで成功するわけがない。恋愛は他者の気持ちを想像し、理解するための絶好の機会だ。」

ビジネスで成功するためには圧倒的な努力と他者への想像力がワンセットで必要だ。異なる他者への想像力を発揮して、初めてビジネスの成功はある。恋愛は、他社の気持ちを知るための絶好の機会である。

その見城さんでも、波長の合わない作家がいる。

村上春樹は一度書いてもらったあとは、それっきりになってしまったという。見城さんはその作家の全作品を読んでいるので、売れる前に千駄ヶ谷で「ピーター・キャット」というジャズ喫茶をやっていた村上春樹に会った時に、「『風の歌を聴け』」は映画『アメリカン・グラフィティ』を下敷きにしていますよね」と言ったところ、返事もせずに黙り込んでしまったのだと。

風の歌を聴け (講談社文庫)
村上 春樹
講談社
2004-09-15





この話は「正面突破を恐れるな」というところに出てくる。

見城さんの持論の「GNOは絶対死守」も出てくる。GNOとは義理、人情、恩返しだ。元々のツィートは「GNO(義理、人情、恩返し)を大切にしない人間は、何事もうまく行かない。小さなことにクヨクヨし、小さなGNOを死守するのだ。」

ここでは思いがけない人が出てくる。

「安倍総理はGNOの人だ。総理大臣になる前も総理に就任してからも、安倍さんは義理と人情と恩返しを大切にしている。人の信用と信頼を損ねることがないし、約束は必ず守る。驕らない。無私無欲に生きる。人間として超一流の総理大臣だ。お会いするたびに、リーダーとは斯くあるべきだと感嘆する。」

見城さんは、2014年に肩をこわして、ウェイトトレーニングはやめているというのが残念ではあるが、「トレーニングで心身をいじめろ」というところの「NO PAIN, NO GAIN。 痛みのないところに前進はない。」という言葉にも納得する。

「トレーニングは絶対に裏切らない。と同時に、ごまかしながら身体を鍛えているふりをしたところで、結果は一目瞭然だ。」

ラグビー日本代表がこの言葉通りのことを成し遂げてくれた。




それぞれ4ページでまとめているので、簡単に読めて参考になる。見城さんの「毒」にどっぷりと浸かるには、見城さん自身が書いている「編集者という病」をおすすめするが、「毒」の入門編としておすすめの本である。




参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。



  
Posted by yaori at 23:32Comments(0)TrackBack(0)