2005年04月27日

ダーリンは外国人 やっと読めたベストセラー

ダーリンは外国人―外国人の彼と結婚したら、どーなるの?ルポ。

ベストセラーのマンガ。読んでからしか本を買わない主義の私は昨年図書館に予約して、9ヶ月程度待ってやっと読めた。

マンガも軽いノリで、内容も面白い。

最近週刊誌ネタにもなっている映画の字幕の誤訳を「あー今のところ誤訳。しかも反対の意味。」、「大御所なのにね。」という会話が既に2年以上前に行われていた。

ダーリンのトニーは語学オタクで、日本語をはじめ数カ国語が堪能。感受性が強く、ガラスの心を持つ愛すべきキャラクター。

ネタをばらすのは本意ではないが、感心したのは道を聞くとき、標準語だと聞かれた日本人が外人に聞かれたとパニックって、要領を得ないので、関西弁で道を聞くことにしたというところ。

関西弁で聞くと、方言まで知っているということは日本語は完璧にできると相手が感じて、うまく答えが得られると。

このカップルのけんかの原因はトニーが仕事に集中しているとき、話しかけても答えないので、無視されたとさおりさんが感じることだと。

「これをされるとものすごくイヤ」なんだそうだ。なんかウチと同じ話。

それとトニーの鋭い質問にたじろぐ。「やれああしろこうしろ」の「やれ」って何?「ぶん殴る」ってなんで「ぶん」なのかな?

「シニー・プアティ」が「シドニー・ポワチエすか?」とか。そう聞こえるのかな?

さおりさんは英語ができないそうだが、日本人が英語を話せるようになるには入試を「英語」から「英会話」に変えるすることだと提言している。

面白くて為になる本で、長期間ベストセラーになったのもわかる。


Posted by yaori at 23:01│Comments(0)TrackBack(1) 趣味・生活に役立つ情報 | エッセー

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yaori/20231174
この記事へのトラックバック
ダーリンは外国人―外国人の彼と結婚したら、どーなるの?ルポ。 これはsketchさんにおすすめされて、絵に惹かれて買いました。 このまったりとした絵に。本の帯に「笑ってしまうので一人での立ち読み注意」 なんて書いてあったんですが、家に帰って読んでみたら爆笑でし
ダーリンは外国人シリーズ【シエスタ アンド ミュージック】at 2005年05月13日 09:53