2005年06月27日

ネット1000人調査 世の中が見渡せるアンケート


ネット1000人調査―お金と時間はこう使われる!
日本経済新聞がインターネット調査会社mpackの会員1,000人に2003年秋から毎週実施してきたアンケート調査結果をまとめたもの。

母体がmpack会員なので、インターネットユーザーのみ(つまりインターネットを使えない高齢者などは含まれていない)の調査だというかたよりはあるが、項目が広範囲にわたっていることを考えれば、コスト的にも十分目的は達成していると思う。

1.テレビを見る、ラジオを聴く 2.ネットする、 3.雑誌や本を読む、 4.映画・音楽を楽しむ、 5.スポーツを見る、 6.ゲームで遊ぶ、 7.出かける の7項目にわたって様々な切り口の調査がなされている。

斜め読みができる質問が多いが、検索サイトはYahoo!が全体で52%、Googleは31%という結果が出ており、海外ではGoogleが50〜60%のシェアーをしめることが多いので、日本ではYahoo!の強さが浮き彫りになった。

このブログもアクセスカウンターをつけているが、検索サイトからの訪問者はYahoo!が圧倒的に多い。

但しこの質問は『もっとも頻繁に利用する検索サイトは?』という質問なので、ポータルはYahoo!だがGoogle tool barを入れている筆者のような人はYahoo!の数字に入っているのだと思う。

はっきり言えることは日本ではYahoo!以外のポータルはすべてマイナーだということだ。Googleはポータルではないので、実質ポータル2番手のMSNが6%、3番手グループはいずれも2%代のGoo, Biglobe, Nifty, infoseekのISPポータル各社が束になってもYahoo!にかなわないことがよくわかる。

ネットのおすすめについては若年層は肯定的だが、年代があがるにつれて否定的になる。逆に購入後にくる宣伝メールは若年層が否定的で、中高年、たとえば40代はおすすめを参考に購入した人が21%と、10代の12%に比べて倍以上である。数字で言うと、少し好ましい以上が10%、どちらともいえないが46%、すこし不愉快ととても不愉快を足して43%という結果が出ている。

調査母体がmpackのアンケートに毎日答えている1、000人であることを考慮すると、楽天くじを使ってメールアドレスを2万人獲得しても、宣伝メールを入れると半分が配信拒否してしまうという某ECサイトから聞いた話がうなずける。

会員を失っては元も子もないので、メールによる会員とのコミュニケーションはこのようなメールに対する一般的な受け取られ方をよく考えて進める必要がある。

ネットオークションの経験者は6割ということで、利用したサイトではYahoo!オークションが72%で、次が楽天フリマの18%、ビッダーズは15%。

この1年で書籍をよんだ数は10冊以下が61%ともっとも多く、10〜20冊の20%を入れると、年間20冊以下しか本を読まない人が8割という結果が出ている。ちなみに電子書籍を読んだことがある人は2割だった。

無料クーポン誌は20代限定メディアという色が濃く、有料情報誌はウォーカーシリーズが8割、ぴあが4割という結果もおもしろい。

スポーツではサッカーとK−1はじめ格闘技人気がもっと放送を増やしてほしいという人気が高い。

ちょっと驚いたのは、大相撲はおもしろくないが9割、テレビ中継は見ないが66%という結果が出ている。アンケート対象外の中高齢者も調査に入れると、絶対にこんな結果にはならないはずであるが、それにしても人気凋落ぶりがひどい!やはり若貴なきあとは大相撲もスター不在となっている。筆者が応援するナレッジ力士、普天王に是非がんばってほしいものである。

参考になれば次クリックお願いします


人気ブログバナー








Posted by yaori at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) インターネット 

この記事へのトラックバックURL