2005年10月07日

エキスペリエンツ7 堺屋太一の団塊世代定年後ストーリー

エキスペリエンツ7 団塊の7人

団塊の世代


『団塊の世代』から30年、団塊という言葉をつくった堺屋太一の最新作。

団塊の世代が60歳を迎え、ごっそり退職する2007年問題が世間の注目を集めるようになってきているが、この小説はその団塊世代の7人が退職後、英知を結集して、意義のある仕事に取り組むというストーリー。

元銀行員、建築家、元広告代理店のイベントのプロ、流通業に強い元商社マン、NPO代表、そばやの女将さん、元銀行お抱え運転手の1946年から1949年(昭和21年から24年)生まれの7人がひょんなことから、共通の目的のため力を合わせることになる。

小説なので、あらすじを紹介してしまうと面白みがなくなるので控えるが、500ページ超の大作ながら、スラスラと読める。

元通産省の堺屋太一氏だけあって、経産省が非常に力を入れている駅前商店街の再生プロジェクトを題材にあげている。

実際様々な補助金が商店街にはあるのだが、それでも到底追いつかない様な状況の商店街が多い中で、このストーリーの様に再生できれば地域の活性化に役立つだろう、

この本の中で、高齢化には3種類あると。

第1は若者が出てしまって高齢者だけが残された残留型高齢化。地方の農村に多い

第2は多摩や千里のニュータウンの様に短期間に開発入居が行われたため、居住者の年齢の幅が狭い一斉高齢化

第3は長い期間に日本社会全体と同じ様なテンポで進む混合型高齢化

日本では第1と第2のタイプが先行したため、高齢化といえば農村型かニュータウン型を思い浮かべがちだが、第3のタイプは高齢化のテンポが全く異なると。

この理由から地域の再開発を商店街の再生と結びつけて推進しようとする。

それにしても感じるのはサラリーマンなど会社人は、会社をやめればただの人で良いのだろうかという点。

たしかにHappy Retirementという言葉もあり、会社をやめてからは、あくせく働きたくないという気持ちも分からないではない。

だからといって多くが無職か年収100万円程度の隠居仕事的なことをやっていて社会として本当に良いのだろうかという疑問がわく。

今の50代、60代は昔の40代、50代と同じくらいエネルギッシュである。パソコンも使えるし、インターネットにも親しんでいる人が多い。

日本社会の高齢化が進むなかで、今まで社会の中軸で活躍してきた人たちが60歳になったからといって、それから何十年も非生産階級になって良いのだろうか?

50代になっても、60代になっても自分のスキルアップを心がけ、様々な可能性に挑戦し、自分の能力開発を怠らない人たちこそ、日本社会に必要なのではないだろうか。

そんなことを感じさせる本である。

参考になれば右のアンケートと次クリックお願いします


人気ブログバナー






Posted by yaori at 17:35│Comments(1)TrackBack(1) 小説 | 堺屋太一

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
エキスペリエンツ7 団塊の7人 堺屋太一著 10点 2005年の48冊目 銀行に退職を迫られている坂本龍夫は、高校の同級生だった木戸ここ路の突然の訪問を受け、「自分がそば屋を営んでる梅之園ハッピー通り商店街が、銀行の債権問題で存亡の危機に立たされてい...
エキスペリエンツ7  団塊の7人【かいくんの読書日記+α】at 2005年10月13日 20:47
この記事へのコメント
はじめまして、かいくんと申します。

TBが2つになってしまいました。申し訳ありませんが1つ削除していただけたらありがたいです。

Posted by かいくん at 2005年10月13日 20:52