2006年01月01日

2006年念頭挨拶 ブログを訪問して頂いてありがとうございます

このブログもおかげさまで、この1月で1周年を迎え、一番アクセスが多かった2005年10月は、なんと5,000人以上のユニークユーザーに訪問して頂ける様な規模となりました。

このブログは様々な本を紹介していますが、本を売ることが目的のコマーシャルなブログではありません。

図書館を利用するメリットを、重ねてご紹介していることからもわかるとおり、読者のみなさまの『時短読書』にお役に立てれば幸いと思って運営しています。

現代人が読書にあてる時間は年々減少してきており、出版業界は構造不況業種といわれています。

そんななかで新聞の書評や、表紙の帯の宣伝文句、あるいはカバーのデザインとかに惹かれて本を買い、内容の乏しさに落胆することは、ただでさえ少なくなっている読書時間を浪費するものです。

だからもっと効率的な本の読み方として、筆者は『時短読書』を是非おすすめします。

『時短読書』というのは、筆者のあらすじブログの様なあらすじをまず読んで、それから気に入った本だけ買って、あるいは図書館で借りて読むということです。


じつはあらすじというのはプロのライターにも難しいものだそうです。

『あらすじで読む…の名著』というシリーズが売れていますが、内容にばらつきがあり、全然頭にスッと入らないあらすじも、なかにはあることがおわかりになると思います。

筆者もできるだけ、『あたまにスッと入る』ようなわかりやすいあらすじを書く様に今年も努力しますので、ひきつづきお時間があればこのブログの訪問をお願い致します。


atamanusutto主人敬白


Posted by yaori at 14:00│Comments(0)TrackBack(0) インターネット 

この記事へのトラックバックURL