2006年06月17日

即戦力の磨き方 大前研一の最近の著作のダイジェスト

即戦力の磨き方


堀紘一さんの著書でもふれたが、トップコンサルタント揃い踏みで、最近刊行されたPHPビジネス新書の新刊である。

PHPの本はアマゾンでなかみ検索ができるので、一度目次などを見て頂きたい。

大前研一氏の著作でいつも感心するのは、ほとんどネタの使い回しがないことだ。

このブログでもこの1年半で大前氏の著書を10冊以上紹介しているが、常にネタは新鮮で、あくなき探求心に頭が下がる。

その大前氏のここ1−2年の著作で紹介したネタを一冊にまとめたのがこの本だ。

大前さんは即戦力を磨くには次の力をつけろと語る。

1.語学力
2.財務力
3.問題解決力

たしか別の著作では3番目にIT活用力を挙げていたが、今回は問題解決力としている。

この3つ以外にこの本では勉強法とマッキンゼー式会話術を紹介している。

『ザ・プロフェッショナル』という本を以前紹介したので、できればご参照願いたいが、21世紀の新しい大陸で生き残れるのは真のプロフェッショナルだけであると。

大前さんの勉強術では60歳より先の人生を考えて勉強せよと説く。

毎年テーマを決めて集中的に勉強し、その分野の専門家をしのぐ本が書ける様になるというのが大前さんの勉強法だ。

2002年から続けて『チャイナ・インパクト』とか『中国シフト』、『中華連邦』という中国3部作を出版したが、これも大前さんの勉強の成果であると。

最近は『東欧チャンス』、今はトルコを研究していると。

当ブログでは大前さんの多くの本のあらすじを紹介済みなので、この本の詳しいあらすじは紹介しないが、手軽に読め、大前さんの最近のネタがまとめて紹介されているので便利だ。

大前さんの最近の考えを1冊で知りたいという人には是非おすすめできる本だ。


参考になれば次クリックと右のアンケートお願いします。


人気ブログバナー




Posted by yaori at 18:57│Comments(0)TrackBack(0) ビジネス | 大前研一

この記事へのトラックバックURL