2007年08月17日

東京5つ星の鰻と天麩羅 やはり「きくかわ」のうなぎがおすすめ!

東京五つ星の鰻と天麩羅
東京五つ星の鰻と天麩羅


アマゾンだとなぜか表紙のうまそうなうなぎの写真が載っていないが、本の表紙には東京神田「きくかわ」の鰻重の写真が載っている。本には表紙の写真はどこの店とも書いていないが、写真を見ればすぐわかる。

表紙写真








うなぎ大好き、といううなぎ屋情報サイトにも「きくかわ」が取り上げられている。

きくかわ







(出典:うなぎ大好き)


このサイトは首都圏を中心としたうなぎ屋の情報を満載したサイトで、「きくかわ」については、店に広告が出ている専用養鰻場の存在も電話でたしかめているほどで、管理人ご夫妻は相当なうなぎマニアと思われる。

ちなみに「きくかわ」のうなぎには、にんにくパウダーをえさに混ぜて食べさせていると、店に貼ってあった。

この本ではうなぎ屋約40軒、天麩羅屋約50軒、どじょう5軒、東京近郊で5軒のうなぎ屋を紹介している。

ただこれだけの数のうなぎ屋が紹介されていても、やはりうなぎは「きくかわ」だなという気がする。

表紙の写真の折れ曲がったうなぎの大きいこと。しかもそれが2匹載っている。

店も神田、帝劇地下サブモール、上野毛店と3店あり、それぞれが特色ある立地だ。

神田は本当にうなぎを楽しむため。個室もないし、たしか予約もできなかったと思う。

帝劇は場所も広く個室もあり予約ができるので、もっぱらビジネス用。上野毛は家族で楽しむためといった使い分けだ。

天麩羅については、50軒の店が紹介されていて、値段もまちまちだし、迷ってしまう。

行ったことのある店がすくないこともあるが、ここがピカイチという店はどこかよくわからない。

有名な茅場町の「みかわ」も良さそうだし、三ノ輪の「土手の伊勢屋」も安くてうまそうだ。

写真で見ると浅草の「まさる」のそそり立つ天丼が食べたいと思うが、ここは小さな店で昼だけ営業している知る人ぞ知る店の様だ。

見ているだけで楽しくなる。

一度手にとって目の保養をされることをおすすめする。


参考になれば次クリックと右のアンケートお願いします。


人気ブログバナー






Posted by yaori at 22:42│Comments(0)TrackBack(0) 趣味・生活に役立つ情報 | グルメ

この記事へのトラックバックURL