2008年04月02日

レバレッジ・シンキング レバレッジシリーズのまとめ

2008年4月2日追記: 3月28日に記事をアップしたら、「ゆきんこ」さんから、レバレッジ・シリーズを全部読んだが、「レバレッジ・シンキング」が最も良いというコメントを頂いたので追記しておく。筆者も1冊だけ読むなら、この「レバレッジ・シンキング」だと思う。

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術


今までこのブログで紹介してきたレバレッジシリーズのまとめの本。

このブログではレバレッジ・リーディングレバレッジ時間術レバレッジ人脈術の3つを紹介してきたが、それら3冊のいわば上位概念となる"Doing more with less(DMWL)"の考え方を説明している。

プロスポーツ選手に比べてビジネスパーソンは、トレーニング不足だと本田さんはまず指摘する。

プロの選手の場合、80%がトレーニング・練習、20%が試合が一般的だが、2001年の総務省統計局の社会生活基本調査によると30−50代のビジネスパーソンが一日のうちに「学習・研究」、「スポーツ」、「交際・つきあい」に費やす時間は40分足らず、「学習・研究」のみだと10分たらずという結果が出ているという。

逆に多くの人がトレーニング不足なので、少し練習すれば頭一つどころかかなり抜け出すことができる。

自分のパーソナルキャピタル(自己資産)は次の4つだと本田さんは整理する。

1.労力資産

2.時間資産

3.知識資産

4.人脈資産


これらに自己投資して、労力・時間投入量1に対して、無限大の効果を上げ、DMWLを実現するのがレバレッジ・シンキングの考え方だ。

4つのパーソナルキャピタルとマインドの両方を高め、ゴールと「しないこと」を定め、アクティブに行動するのだと。

この本では上記4つのパーソナルキャピタルそれぞれについて、レバレッジを効かす考え方が披露されているが、既にレバレッジ・リーディングレバレッジ時間術レバレッジ人脈術それぞれのあらすじで紹介したので、これらを参照頂きたい。

本を読む順番として、レバレッジシリーズでは最初にこの本を読んで概要をつかむべきだったかもしれない。

筆者の感想としては、レバレッジシリーズで一番印象に残ったのはレバレッジ・リーディングだった。

一冊だけ読むならレバレッジ・リーディングだろう。

アスリートを見習って、トレーニング(=学習、読書)にもっと時間を投資して、さらに大きなリターンを得よう!

他人と差を付けるのは案外簡単かもしれない。


参考になれば次クリックお願いします。


人気ブログバナー






Posted by yaori at 13:08│Comments(1)TrackBack(0) ビジネス | 本田直之

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
どうも初めまして。本の書評をふらふら検索していたところ
ここに辿り着きました。
amazonのレビューでも良いのですが、結構ヤラセも多いですからね。
個人のブログの方が結構、信用できたりします。

本田さんのレバレッジシリーズは全部読みましたが
一番良かったのは、この「シンキング」です。
会社経営者をスポーツ選手に例えている箇所があって
なぜ経営者は練習しないで本番に臨むのか、というくだりが印象に残っています。
確かに真剣勝負に臨むのは経営者も選手も同じですからね〜

ではでは、また遊びにきますね〜
Posted by ゆきんこ at 2008年03月30日 09:23