2008年12月21日

ミシュランガイド東京 2009 縁遠さは相変わらず

ミシュランガイド東京2009 日本語版ミシュランガイド東京2009 日本語版
販売元:日本ミシュランタイヤ株式会社
発売日:2008-11-21
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


発売前に図書館で予約して、予約順位1位で手に入れたミシュランガイド東京2009年版。

昨年出た2008年初版と比較して厚くなり、ホテルも大幅に増えている。

星付レストランの数は173店となった。

3つ星 8 → 9
2つ星 24 → 36
1つ星 118 → 128

Yahoo!グルメでミシュランガイド東京2009特集という特集ページがあり、星がついたすべてのレストランをYahoo!グルメのページへのリンク付で紹介している。

3つ星のレストランは「石かわ」という日本料理が1軒増えて、8店となっている。

アメックスのブラックカードやプラチナカードなどのコンシェルジェサービスは、普通では予約の取れない店の予約を取ってくれるサービスで有名だが、ミシュランガイドを見ていると現金払いしか受け付けない店が案外多いのに気がつく。

クレジットカードを使えない店では、さすがのアメックスの年会費37万円のブラックカードでも神通力はないだろう。

昨年に続けての3つ星となったすしの「すきや橋次郎」も現金払いのみだ。

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で今年の初めに紹介されていたので、プロの寿司職人の技の極みの好例だと思っていたが、Yahoo!グルメのクチコミでは散々の様だ。

NHKの番組もあり期待が大きいせいか、昼でも夜でもおまかせで3万円という値段や、常連を特別扱いし一見客には愛想のない接客態度に失望したというコメントが多いようだ。

Yahoo!グルメのクチコミはネットの匿名性を反映していて悪口が多いので、割り引いて考える必要があるが、「すきや橋次郎」のクチコミを読んでいて自分向きのすし屋ではないと感じた。

世の中にはいいすし屋はそれこそ星の数ほどある。

ミシュランガイド2008年版のあらすじでも書いたが、東京で筆者の好きなのは築地の魚河岸横丁の大和寿司(だいわずし)だが、営業時間が朝5時半から午後1時半だし、予約はできず1時間程度は並んで待たなければならないことから、観光客向けではない。

次回紹介する「サラリーマン再起動マニュアル」で書いてあったが、大前研一さんの行きつけも築地の大和寿司と神田江戸っ子寿司だという。

サラリーマン「再起動」マニュアルサラリーマン「再起動」マニュアル
著者:大前 研一
販売元:小学館
発売日:2008-09-29
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


edokkosusi






筆者が昔から好きなのは沼津の魚河岸にある双葉寿司だ。

futabazusi






双葉寿司は、筆者が学生時代の昭和40年代、今のビルが出来る前の魚河岸の中の売店の一つだったときから通っている。

お金をいくらでも掛けて寿司を食べるのはあまり能がないと思う。

たとえば東京の小田急線沿線の人には知られている梅が丘の美登利寿司。たまたま梅が丘で仕事があり、昼食に850円(!)のコースを食べたが、いわゆる1.5人前でサラダ、汁、茶碗蒸しとデザートまで付いており、人気があるわけがわかった。

midorizusi






大和も双葉もおまかせ、あるいは特上の1人前ならどちらも3,000円程度で食べられる。

コストパフォーマンス重視の筆者のような人間には、いよいよ縁遠いようなミシュランガイドだが、唯一歓迎なのは「うかいグループ」のレストランが増えたことだ。

筆者は家族の誕生日などのイベントでは、うかいグループの多摩地区や神奈川県にあるレストランをよく利用するが、コストパフォーマンスも良く満足度は高い。

うかいグループの宣伝をするわけではないが、2008年版ミシュランガイドではとうふ屋うかい銀座うかい亭が星一つで載ったが、今回は表参道うかい亭も登場している。

郊外にあるうかいリゾート横浜うかい亭などは、雰囲気といい、料理の質と価格のバランスといい都内のうかい亭を上回るレベルの店ばかりだ。

ukai resort






ukai yokohama






特に高尾山にあるうかい鳥山は外国人を連れて行っても大変喜ばれる。

ukai toriyama






ミシュランガイドから脱線したが、ミシュランガイドに載っていなくても良いレストランは東京にごまんとある。

Yahoo!グルメのクチコミなどを見ると、むしろミシュランガイドに載った事から、予約が殺到しサービスが低下してしまった店が多い様に思える。

ミシュランガイドは当然のことながら、フランス語でも英語でも出版されている。その意味で、あくまで東京を訪問する外国人ツーリスト向けの情報としてみるべきであり、それゆえ都心の店しか紹介されていない。

Michelin Guide 2009 Tokyo (Michelin Guides)Michelin Guide 2009 Tokyo (Michelin Guides)
販売元:Michelin Travel Pubns
発売日:2009-03-15
クチコミを見る


「すきや橋次郎」も日本人の一見客には冷淡の様だが、外国人の一見客には案外愛想が良いのかもしれない。

日本人ならミシュランガイドを参考にして、ネットで検索してクチコミで評判の良い店を探して行くという使い方をすべきだと思う。

ともあれ2008年版に続き、見ていて楽しい本だ。おすすめできるが、ミシュランガイドが万能ではない。むしろミシュランに載ってしまった店は、サービス低下など逆効果もありうる。

そのことをわかった上で、レストランの利用をおすすめする。


参考になれば次クリック投票して頂きたい。










Posted by yaori at 20:25│Comments(0)TrackBack(0) 趣味・生活に役立つ情報 | グルメ

この記事へのトラックバックURL