2009年03月01日

経済は感情で動く クイズ感覚の行動経済学

経済は感情で動く―― はじめての行動経済学経済は感情で動く―― はじめての行動経済学
著者:マッテオ モッテルリーニ
販売元:紀伊國屋書店
発売日:2008-04-17
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


はじめての行動経済学という副題がついているが、クイズ集のような読み物になっている。原著はイタリア語で書かれているが、翻訳は非常に軽妙で読みやすく、翻訳とは思えないできばえで、わかりやすいように日本の事例も多く盛り込まれている。

こんな経済学の授業なら是非受講したいものだ。

いくつか参考になる例を紹介する。


●お金の価値は一定というのは幻想。ギャンブルで稼いだ金はパッと使うが、汗水垂らして稼いだ生活費はケチる。

●選択で目が行きやすいのは肯定面より否定面。政治家が汚職やスキャンダルを嫌うのはそのため。

●3つあると真ん中を選ぶ。

●選好の逆転

・第一問 あなたはどちらを選びますか? 
 A.賞金は7,000円だが、当たる確率は80%
 B.賞金は70,000円だが、当たる確率は10%

 67%がA.を選んでいる。

・第2問 上記A./B.をお金に換算するとどちらが高いですか?
 
 71%がB.を選んでいる。

これが「選好の逆転」という現象で、ラスベガスのカジノでの実験で明らかになったという。選ぶのは確率が高い方だが、価値は賞金の額で判断する。

●保有効果

・コーネル大で大学のロゴが入っているマグカップを使って2種類の競売を行った。
 A.カップを持っているグループには、いくらならカップを手放すか
 B.カップを持っていないグループには、いくらなら買うか

 A.の平均は5.25ドルで、B.の平均は2.75ドルだった。たいしたものではなくても、自分のものの価値は人が考える価値より2倍にもなる。これが保有効果だ。

●コンコルドの誤謬
 別名サンクコストの過大視といえばわかる人も多いと思う。コンコルド開発の途中で、完成しても採算がとれないことが予想されたが、既に巨費をつぎ込んでいたので、そのまま突っ走り完成したが、巨額の赤字を垂れ流すことになった。

 第2東名とか、これになりそうなプロジェクトも多い。


●勝者の呪い
 もっとも高い価格でスポーツ選手や資源の採掘権などを手に入れた勝者が、高コストで結局損をしてしまう。これが勝者の呪いだ。

●アンカリング効果
 一番典型的なのは値札だ。10,000円の元値が5,000円になっている商品と、正札が5,000円の商品では、あなたはどちらを買うだろうか?

 ある人の意見を聞いた後で、自分も同じことを考えていた気がするというのもアンカリング効果だ。

●ヒューリスティクス(目の子算)のバイアス
 経済に心理学を導入したことで、2002年にノーベル賞を受賞したダニエル・カーネマンが名付けた現象。

 直感で見積もる時、バイアス(偏り)がでることがある。たとえば次の様な場合だ。

・リンダは大学で人権や社会正義のためデモにも参加していた。次のどれが当てはまる可能性が高いか?
 A.リンダはグローバル化反対の活動家である。
 B.リンダは銀行員である。
 C.リンダは銀行員で、グローバル化反対の活動家である。

 80%の人はA>C>Bと判断する。しかしBとCは論理的には常にB>Cである。これが連語錯誤と呼ばれる現象だ。

 首都大学東京 都市教養学部経営学系長瀬ゼミナールのwikiサイトというのがあり、行動意思決定論の用語を解説しているので、紹介しておく。この本に出てくるいくつかの用語も解説している。

●少数の法則 

 少ないサンプルでも大きな数の法則が当てはまると考えること。たとえば3割バッターが3打席ノーヒットだと、次の打席はヒットを打つ確率が高いと考える。ヒットを打つ確率は毎打席3割だ。

 野球評論家の「後知恵」的説明は話半分に聞いておくと良いと。結果を知っていれば誰でも評論家になれる。

●フレーミング効果
 質問のされ方によって選択が異なる現象。

・撤退ルートにより兵士の生存率が異なる場合。
 1.A.を選べば200名が助かり。B.を選べば1/3の確率で全員が助かり、2/3の確率で全員が死亡する。

 2.A.を選べば400名が犠牲になる。B.を選べば1/3の確率で全員が助かり、2/3の確率で全員が死亡する。

 70%以上の人が1.ではA.を選び、2.ではB.を選ぶ。助かる人命を説明に入れると、なるべく多くの兵士を助けようとするから慎重になるが、失われる人命を説明に入れると、一人も失いたくないので、かえって危険を冒してしまう。

 投資の場合に当てはめると、確実に得をする可能性の高い時は慎重になり、確実に損をする場合には余計にリスクを負ってしまう。ギャンブラーによく見られる現象であると。

・ガン手術の場合に外科手術か放射線治療かを選ぶというケースの場合
 1.外科手術を受けた100人の患者のうち90人が手術に成功し、1年後の生存者数は68人、5年後の生存者数は34人だった。放射線治療を受けた100人の患者のうち、100人が無事に治療を終え、1年後の生存者数は77人、5年後の生存者数は22人だった。

 2.外科手術を受けた100人の患者のうち10人が手術中に死亡し、1年後には32人が死亡し、5年後には66人が死亡していた。放射線治療を受けた患者で治療中に死んだ患者はなく、1年後の死亡者数は23人、5年後の死亡者数は78人だった。

 1.も2.も同じ質問だが、1.の様に生存者で質問されると82%が外科手術を選んだが、死亡者数が表示されると外科手術を選んだ人は56%にまで下がった。

おもしろい問題もある。

●雨の日のマンハッタンでどうしてタクシーがつかまらないのか

 普通に考えれば、売り上げの上がる日によく働き、売り上げの少ない日にはさっさと切り上げるべきなのだが、運転手たちは短時間で儲かる日には労働時間を短くしていることがわかったという。

 運転手たちは、売り上げ目標に達しないとそれを損失と考え、もっと長く働こうとし、短時間で目標額に達してしまえば得した気分となり、さらに長く働こうとは思わず、帰って一杯やろうとする。だから雨の日にはいつまでもタクシーが見つからないのだと。

 これは「損失回避の原則」と呼ばれ、ダニエル・カーネマンらがプロスペクト理論として実証したものだという。同じ1万円でも、1万円得する満足よりも、1万円損する苦痛の方がはるかに大きいのだ。

 株の場合は、投資家は手元に置いておくべき株を売り急ぎ、売るべき株を売り遅れる傾向があるという。

●してしまったことを後悔するか、しなかったことを後悔するか

 人は短い期間では失敗した行為に強い後悔を覚えるが、長期的にはやらなかったことを悔やんで心を痛めるという。マーク・トウェインは「20年経てば、したことよりもしなかったことを嘆くようになる」と言ったという。

お金についての錯覚については多くの例が紹介されている。

●実収入か額面か

・インフレゼロでの2%の賃下げと、インフレ4%での2%の賃上げではどちらが好ましいか?

・クレジットカードを使うと2%高くなるという張り紙と、現金で買うと2%割引になる張り紙ではどちらが好ましいか?

・寒い日には150円で売るが、暑い日には10円値上げするというコカコーラと、暑い日には160円で売るが、寒い日には10円値引きするというペプシコーラではどちらが好ましいか?

たぶんあなたの感じたのと同じことを他の多くの人も感じている。


裁判員制度がいよいよ5月から実施されるが、裁判員の心証が言い方によって操作される場合があるので注意しなければならない。たとえば次のような場合だ。

 A.毎年そのガンで死ぬ人は100人につき平均24人である。
 B.毎年そのガンで死ぬ人は1万人につき平均1,285人である。

どっちのガンが危険度が高いか?

ある研究によると75%の人がB.の方が危険だと考えるという。1,285人という数字に引かれるからだ。

 A.X氏のような患者を釈放すると、半年以内の犯罪発生率は20%である。
 B.X氏のような患者を釈放すると、100人のうち20人が半年以内に犯罪を犯す。

 A.の場合は21%の専門家が釈放に反対、B.のケースでは41%の専門家が反対したという。人数を言われた方が犯罪を犯す場面を想像しやすいからだ。

教訓として、マスコミの報道を見るときに各種の統計数字については、母体数がどれだけかを確認し、%表示であれば実数で、実数表示であれば%に置き換える頭を持とうと呼びかけている。

そうすれば最初に受けた印象と異なり、騒ぐようなことではないとわかるかもしれないと。

筆者が通勤途上によく聞いているAudibleでダウンロードしたブライアン・トレーシーのオーディオブックの"Success Mastery Academy"で言っていたが、テレビドラマや映画に登場する悪人の84%は白人ホワイトカラービジネスマンで、女性の悪人も結構いる。

しかし犯罪統計によると白人ホワイトカラービジネスマンの犯罪は全体の1%以下で、そのうち女性の犯罪はきわめて少ないと。

audible






success mastery academy






アメリカでポリティカリーコレクト(人種問題を起こさない)ドラマをつくろうとすると、白人ホワイトカラー犯罪しか制作できないのだという。


●知ってるつもり 自信過剰がはめる罠

運転能力の問題はよく出されるが、(あなたは自分の運転がうまいと思っていますか?)、この本ではあなたが正解である確率を自己評価してみろという。問題は次のようなものだ:

1.日本のカルデラ湖で一番大きいのはどれでしょう? (自己申告正解度   %)

3.国会議員に立候補できるのは何歳からですか?(自己申告正解度   %)

6.太陽と地球までの距離を100メートルとすると、地球と月の距離はつぎのうちどれですか? 。横汽瓠璽肇襦↓■押ィ汽瓠璽肇襦↓25センチ、ぃ押ィ汽札鵐繊 兵己申告正解度   %)

7.日本で35歳以下の第一の死因は何ですか? (自己申告正解度   %)


正解を問うのではなく、自己申告正解度を聞いているのがミソだ。ちなみに筆者はすべて誤答だった。(正解は続きを読むに記載)

人は過信しがちで、成功すると自分のため、失敗すると人のせいにしたがる。これでは将来も同じ失敗を繰り返す。自分の誤りを認めることが前進のカギとなると語っている。

●ピーク・エンドの法則
 1999年にダニエル・カーネマンが発表したもので、快・苦の記憶はピーク時と終了時の快・苦の度合いで決まるというもの。ことわざの「終わりよければすべてよし」である。

 だから別れ際の一言、最後の一言が大切なのだ。「本日はお時間を取っていただき、ありがとうございました」の一言が言えるかどうかで印象はがらりと変わるという。


最近では「神経経済学」という行動経済学の一部で、人間がある行動をとるときに脳のどの部分が働いているかで、合理的判断か感情かをMRIなどで判定しようという試みがあるそうだ。またどんなホルモンがでていればどのような行動になるのかを調べているという。


「はじめての行動経済学」という副題がついているが、経済学の本というよりはクイズ集のようである。おもしろく読め、また参考になる。

ベストセラーゆえ本屋に平積みになっているのではないかと思うので、是非一度手にとってみることをおすすめする。



参考になれば投票ボタンをクリックしてください。



1.日本最大のカルデラ湖は屈斜路(くっしゃろ)湖で、阿蘇山のカルデラ湖は2位。

3.衆議院は25歳。参議院は30歳。筆者は25歳だと思ったが、答えを一つと思うのは勝手な思いこみだという。

6.月と地球の距離はの25センチ。

7.20−44歳までは自殺が第1位。15−19歳では自殺が第2位。10−14歳では自殺は第4位。

Posted by yaori at 11:28│Comments(0)TrackBack(0) ビジネス | 経済

この記事へのトラックバックURL