2010年04月01日

すべては宇宙の采配 奇跡のリンゴの木村秋則さんの超自然体験

すべては宇宙の采配すべては宇宙の采配
著者:木村 秋則
販売元:東邦出版
発売日:2009-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

このブログでも紹介した「奇跡のリンゴ」で取り上げられた青森県の無農薬リンゴ農家木村秋則さんの超自然体験の本。



東邦出版という小さな出版社が出した「奇跡のリンゴ」とならぶベストセラーだ。図書館で予約したら3ヶ月程度かかってやっと手に入れられた。

木村さんをNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介した脳科学者茂木健一郎さんの「本書をより理解するために」と題する特別寄稿がある。

「この本に書かれている木村秋則さんの体験を、信じられないという人もいるかもしれない。…木村さんが体験したようなことが起こるはずがない、幻覚だったのではないかと思う人も多いと思う。

問題なのは、ある体験が正しいか、正しくないか、ということではない。その体験が、その人にとって、どれほどの真実を含んでいるかということである。

(中略)

大切なのは、すでに現実にあるものではなく、これからあうべきものを見る力。目に見えないものを見て、自らのヴィジョンを信じて突き進んでいる力。そのような力を、木村秋則さんは信じられないような体験から得て来たのだろう。

私は、これらの体験が木村さんにとって真実であったことを信じる。

あくまでも、手法や技術は合理を貫く。しかし、志は、他人には容易に信じてもらえないような体験の真実から生まれる。

常人の域を超えた精神的支柱があったからこそ、木村秋則さんは「奇跡のりんご」を作ることができたのである。」


この本では無農薬リンゴ栽培と無農薬農業の普及活動についても語られているが、それよりも超自然体験についての話が多い。

全身真っ黒で目だけが光っている子どもくらいの身長の宇宙人が畑で走り回ったり、その宇宙人に両側から抱えられて二階から連れ去られ、宇宙船に乗って、同じように連れられてきた白人の男女と会った体験が語られている。

その白人の女性は、後日テレビの「UFOは実在するか」という番組に出てきて、UFOに眼鏡を掛けた東洋人が乗っていたと証言したという。その女性の話は木村さんの体験とことごとく一致するという。

まさに「未知との遭遇」の世界である。

未知との遭遇(ファイナル・カット版) デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]未知との遭遇(ファイナル・カット版) デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
出演:リチャード・ドレイファス
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2009-11-04
クチコミを見る


龍を見た体験。

この本に証拠写真も載っているが、曼荼羅が白い球のように出てきた体験。

シャボン玉に乗って死後の世界に迷い込み、三途の川を渡りそこねた臨死体験。

そのとき一緒にシャボン玉に乗って天に昇った女性が木村さんを訪ねてきて、「わたしは木村さんのあの世への案内人なんです」と言われた体験。

その女性はまるで1Q84(4月にPart3が出る)のようなパラレルワールドに、もう一人の自分が居るという。

1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
著者:村上春樹
販売元:新潮社
発売日:2010-04-16
クチコミを見る


木村さんの奥さんや家族も宇宙人やUFOは目撃しているという。

茂木さんも特別寄稿で書いているが、理屈ではあり得ない超自然体験談だが現実であって欲しいとも思う。

木村さんのキャラクターなのだろう。不思議な読後感の本である。


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。





Posted by yaori at 00:40│Comments(0)TrackBack(0)自叙伝・人物伝 | 趣味・生活に役立つ情報

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yaori/51423934