2010年07月26日

ソフトバンク「常識外」の成功法則

ソフトバンク「常識外」の成功法則ソフトバンク「常識外」の成功法則
著者:三木 雄信
販売元:東洋経済新報社
発売日:2006-11
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


「A4一枚」シリーズの本を読んだので、同じ著者の本を読んでみた。

「A4一枚」仕事術「A4一枚」仕事術
著者:三木 雄信
販売元:東洋経済新報社
発売日:2007-10-26
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


著者の三木雄信さんはジャパン・フラッグシップ・プロジェクト社長で、元ソフトバンク社長室長で、孫正義さんに密着して仕事をした経験を本にしている。

本筋からそれるが、この本では誤字がいかに本の価値を損ねるかを実感した。

孫正義さんは、「有言実行」でなく、「有言=実行」なのだと。有言=実行とは、口に出すこと自体が実行のプロセスに含まれていることだ。

ここで「有限=実行」という誤字が続けて出てくる。およそ本の信憑性を失わせる誤字である。筆者も他山の石としなければならない。

ともあれ、いくつか参考になった点を紹介しておく。


アリババへの投資

☆孫さんの最大の投資成功例はもちろんYahoo!だが、2000年に中国のBtoBのアリババ・ドットコムの創業時の2,000万ドルの投資も大きく当たったという。

アリババは世界中で事業展開しており、世界最大級のBtoBプラットフォームカンパニーとなり、傘下のタオバオはアジア最大のBtoC Eコマースに成長している。

現在「アリババ帝国」という本を読んでいるので、こちらもあらすじを近々紹介する。

アリババ帝国 ネットで世界を制するジャック・マーの挑戦アリババ帝国 ネットで世界を制するジャック・マーの挑戦
著者:張 剛
販売元:東洋経済新報社
発売日:2010-07-09
クチコミを見る



孫さんの300年計画

孫さんの300年計画はプリントアウトすると5メートほどの屏風になったという。


eBayが撤退するまで手数料無料

BtoCオークションでは世界的にはeBayが最大手だが、日本では成功しなかった。

孫さんは、Yahoo!Japanのオークションの料金を、「eBayが撤退するまで無料にする」という戦略を打ち出した。圧倒的なシェアを握ってから、有料化していったのだ。

以前紹介した「フリー」の考え方にも共通するところがある。


Yahoo!オークションビジネスの教訓

これの教訓は次の3点だ。

1,マッチングビジネスでは、シェアを確保することが何よりも重要。

2.新しいサービスをユーザーに広めるには、心理的障壁を少しでも低くすることが重要。

3.短期的な赤字を乗り越えて、長期的な視点で競争をしていくことが重要。


孫さんの事業選択の基準

Yahoo! Japanが最もわかりやすい例だが、孫さんの事業選択の基準は次の通りだという。

1.ビジョンに沿った事業
ソフトバンクのビジョンは、「デジタル革命を通じて、人々が知恵と知識を共有することを推進し、人類と社会に貢献する」ことである。

アリババのマーさんっも、孫さんとは理念を共有していると語っている。


2.プラットフォームになる事業
プラットフォーム事業でナンバーワンになると、「自己増殖する事業」となるという。

3.成功が証明された事業
Yahoo!JapanはYahoo! USとのJ/Vで、Yahoo!BBは、韓国で急成長したADSLを使ったブロードバンドを日本に導入したものだ。


孫さんの経営手法は、「タイムマシン経営」と呼ばれていたが、それはこの3点に注目して評されていたものだ。

日本のベンチャーでもネットからスタートして、リアルに進出し、大成功した例はソフトバンク以外にはないのではないか。

孫さんの300年計画では、孫さん自身は60歳で引退することになっていたと思うが、もう数年でそれが来る。

今のソフトバンクグループを見ると、iPhone獲得でも、孫さんが直接交渉したからこそ、販売権を得られたのだと思う。

カリスマ経営者の孫さんが引退した後のソフトバンクがどうなるのか。注目されるところだ。


参考になれば投票ボタンをクリックして頂きたい。




Posted by yaori at 12:54│Comments(0)TrackBack(0) ビジネス | インターネット

この記事へのトラックバックURL