2011年02月02日

欲望という名の電車 図書館で借りた名作DVD

図書館でテネシー・ウィリアムズの原作をエリア・カザン監督が映画化した「欲望という名の電車”のDVDを借りた。

欲望という名の電車 オリジナル・ディレクターズカット [DVD]欲望という名の電車 オリジナル・ディレクターズカット [DVD]
出演:ビビアン・リー
ワーナー・ホーム・ビデオ(2005-11-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


欲望という名の電車 [DVD] FRT-140欲望という名の電車 [DVD] FRT-140
出演:ニック・デニス/ルディ・ボンド/カール・マルデン/ヴィヴィアン・リー/キム・ハンター/マーロン・ブランド
ファーストトレーディング(2006-12-14)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

港区図書館では洋画のDVDを1,000本以上置いている。

港区図書館4





ほとんどが借り出し中だが、DVDも予約できるので順番が来れば借りられる。

この映画はあまり知られてないので、すぐに借りられた。

DVDもいくつか出ているが、上にはマーロン・ブランドの若いころの写真がジャケットになっているものと、ヴィヴィアン・リーの写真が出ているものを紹介した。

主演はマーロン・ブランドとヴィヴィアン・リー。ヴィヴィアン・リーはこの映画から10年ほど前の「風と共に去りぬ」で絶頂期を迎え、「欲望という名の電車」のころは、中年女性となっているのがすこし残念だ。

風と共に去りぬ [DVD]風と共に去りぬ [DVD]
出演:ビビアン・リー
ワーナー・ホーム・ビデオ(2010-04-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ストーリーはいつも通り詳しく紹介しない。ニューオリンズで暮らす妹夫婦のところに、転がり込んだ姉がヴィヴィアン・リーで、妹の旦那がマーロン・ブランドだ。

YouTubeにも予告編が載っている。



ヴィヴィアン・リーの鬼気迫る演技が印象的だ。ヴィヴィアン・リーはこの映画で1951年のアカデミー主演女優賞を獲得した。他に、助演女優、助演男優、美術監督・装置の各賞を受賞しているが、マーロン・ブランドは主演男優賞はもらえなかった。

米国に駐在していたので、ニューオリンズには何度も行った。映画のタイトルにもなっている路面電車のDESIREは今も観光客用に、ニューオリンズの西の地区を走っている。

筆者が日本に帰ってから、ハリケーン・カタリナでニューオリンズは大打撃を受けたので、今はどうなっているのかわからないが、筆者はいつも町の繁華街のフレンチクオーターのホテルに泊まっていた。

アメリカとは思えない雰囲気の街で、シー・フードを中心とする食事は大変おいしく、旧市街の古い教会を改装した行きつけのレストランもあって、ニューオリンズに行くのを楽しみにしていたものだ。

この作品は、もともとブルードウェイの戯曲で、ほとんど部屋の中の場面ばかりなので、町の風景が少ないのが残念だが、なつかしく楽しめた。

たぶん今は完全に復興していることだろう。またニューオリンズに行きたいものだ。


参考になれば投票ボタンをクリック願う。



Posted by yaori at 01:21│Comments(0)TrackBack(0) 図書館に行こう! | 映画

この記事へのトラックバックURL