2011年03月11日

経済古典は役に立つ 竹中平蔵教授の経済史講義

経済古典は役に立つ (光文社新書)経済古典は役に立つ (光文社新書)
著者:竹中平蔵
光文社(2010-11-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

小泉内閣で経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣などを勤め、名実共に小泉首相の片腕として活躍した慶應大学教授、グローバルセキュリティ研究所所長の竹中平蔵さんの本。

慶應大学丸の内シティキャンパスでの「問題解決のための経済古典」という5回ものの講義がベースになっている。

慶應丸の内







章のタイトルは次の通りだ。サブタイトルとして細かく分かれており、目次だけ見ても中身が推測できる優れた目次なので、ここをクリックして目次をチェックして欲しい。


第1章 アダムスミスが見た「見えざる手」

第2章 マルサス、リカード、マルクスの悲観的世界観

第3章 ケインズが説いた「異論」

第4章 シュムペーターの「創造的破壊」

第5章 ハイエク、フリードマンが考えた「自由な経済」


今回竹中さんが紹介している本では、筆者はアダム・スミスの「国富論」だけは2年ほど前に日経新聞社のものを読んだ。

国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究(上)国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究(上)
著者:アダム・スミス
日本経済新聞社出版局(2007-03-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

経済を勉強する人には「国富論」は間違いなく古典の一つとしておすすめできる。

ただし、「見えざる手」というのは、竹中教授も指摘している通り上下2巻1、000ページのこの本で、たった1ヶ所しか出てこない。(下巻31−32ページ)

アダム・スミスも「見えざる手」が、やがて「神の見えざる手」という風に解釈され、アダム・スミスの代表的な議論として有名になることなど予想もしていなかったのだろうと思う。

マルクスの「資本論」、マルサスの「人口論」は学生の時に読んだ。マルサスの方は内容はおぼろげながら覚えている。

人口論 (中公文庫)人口論 (中公文庫)
著者:マルサス
中央公論新社(1973-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

実は1972年に出たローマ・クラブという世界の学者の集まりが出した「成長の限界」という警鐘を鳴らす本がベストセラーになったので、その関係でマルサスの「人口論」を読んだのだ。

成長の限界―ローマ・クラブ人類の危機レポート成長の限界―ローマ・クラブ人類の危機レポート
著者:ドネラ H.メドウズ
ダイヤモンド社(1972-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

マルクスの「資本論」は学生の時は全然理解できなかった。「超訳資本論」という本が出ているので、超訳なら読みやすいかもしれないと思って、再度読んでみたが、全然頭に入らなかった。

超訳『資本論』 (祥伝社新書 111)超訳『資本論』 (祥伝社新書 111)
著者:的場 昭弘
祥伝社(2008-04-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

筆者にはマルクスは向かない様だ。

ケインズ、シュムペーター、ハイエク、フリードマンの作品は読んだことがない。いずれ読んでみようと思うが、その前に吉川洋東大教授の本があるので、これを読んでみる。

いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ―有効需要とイノベーションの経済学いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ―有効需要とイノベーションの経済学
著者:吉川 洋
ダイヤモンド社(2009-02-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)
著者:ケインズ
岩波書店(2008-01-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

経済発展の理論―企業者利潤・資本・信用・利子および景気の回転に関する一研究〈上〉 (岩波文庫)経済発展の理論―企業者利潤・資本・信用・利子および景気の回転に関する一研究〈上〉 (岩波文庫)
著者:J.A. シュムペーター
岩波書店(1977-09-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

資本主義と自由 (日経BPクラシックス)資本主義と自由 (日経BPクラシックス)
著者:ミルトン・フリードマン
日経BP社(2008-04-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


この本は竹中教授がまとめた著名な経済学者の理論と特長をコンパクトにまとめており、参考になる。

それぞれの経済学者のことを知るだけだったら、竹中教授の本でなくても良いかもしれない。

経済学史を学ぶのであれば、もっと良い教科書もあるかもしれないが、竹中教授は、今も昔も経済学説は実際の経済問題への解決策を模索したものだという主張を貫いており、興味深く読める。

ここをクリックしてアマゾンのなか見!検索で見るか、本屋で立ち読みしてパラパラっと中身を見て欲しい。


参考になれば投票ボタンをクリックして頂きたい。







Posted by yaori at 01:09│Comments(0)TrackBack(0) 趣味・生活に役立つ情報 | 経済

この記事へのトラックバックURL