2011年03月30日

ブッダをめぐる人々 里中満智子さんの古典シリーズ

2011年3月30日追記:

手塚治虫の「ブッダ」が初めて映画になるという宣伝を近くのお寺で見た。ネットで検索してみたら、2011年5月28日公開だ。

ブッダ映画






YouTubeでも映画の予告編が公開されている。



予告編だけだと、全12巻の手塚作品のブッダの生涯の一部の青年時代(ブッダは29歳で出家して修行の旅に出た)しか紹介していないようにも思える。

この機会に手塚作品の方も読んでみようと思う。


2011年3月29日初掲:

ブッダをめぐる人びとブッダをめぐる人びと
著者:里中 満智子
佼成出版社(2006-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

図書館でたまたま借りた里中満智子さんの歴史マンガ。

いままで知らなかったが、里中さんはいくつも歴史マンガを書かれている。

マンガギリシア神話 (4) 悲劇の王オイディプス (中公文庫)マンガギリシア神話 (4) 悲劇の王オイディプス (中公文庫)
著者:里中 満智子
中央公論新社(2004-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

マンガ ギリシア神話〈7〉トロイの木馬マンガ ギリシア神話〈7〉トロイの木馬
著者:里中 満智子
中央公論新社(2000-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

里中さんは2010年11月の園遊会に天皇陛下から直接声を掛けて頂ける6名に選ばれて、天皇陛下や皇后陛下からお言葉を掛けられたことをご自身のブログで紹介している。

その部分を引用すると:

お声がけ頂けるメンバーとして所定の位置で陛下のお出ましを待っていました。

宇宙飛行士の山崎直子さん、野口聡一さんとパラリンピック金メダリスト新田佳浩さん、いよいよ私の番で、かなりあがってしまって

天皇陛下から色々お言葉を頂き、…驚いたのは(事前レクチャーを受けてらしたとしても)私の作品についてもきちんと把握して下さっている事でした。
「〜持統天皇や孝謙天皇について描くのに、日本書紀とか続日本書紀をかなり勉強したのでしょう」と聞いて下さいました。
その他色々お言葉を頂きながら、あがってしまって……

皇后様は「高校生の時から描いているのね」とお声をかけて下さって……色々お話させて頂いたのですが、とにかく皇后様は日本の美徳の象徴だと改めて感動しました。

両陛下はじめ皇太子殿下、秋篠宮御夫妻、常陸宮御夫妻、三笠宮彬子様とお話させて頂いた内容について嬉しそうに全部話しまくる(?)のは下品ですし…失礼になるのでこの辺で留めておきますが…。

彬子様から天上の虹を読んで頂いているという事と「次巻を楽しみにしてます」という事をうかがい、早く続きを仕上げなくてはと焦ってしまった事を記します。

天上の虹―持統天皇物語(第一期) 全6巻セット  講談社漫画文庫天上の虹―持統天皇物語(第一期) 全6巻セット 講談社漫画文庫
著者:里中 満智子
講談社(2002-02-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

いままで知らなかったが、三笠宮彬子様からお話のあった「天上の虹ー持統天皇物語」は最新刊が第21巻という超大作だ。

天上の虹(21) (講談社コミックスキス)天上の虹(21) (講談社コミックスキス)
著者:里中 満智子
講談社(2009-12-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ブッダについてのマンガは手塚治虫のマンガが有名だ。

ブッダ全12巻漫画文庫ブッダ全12巻漫画文庫
著者:手塚 治虫
潮出版社(2002-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

こちらも全12巻という大作だ。

描かれているブッダの姿が手塚治虫作品では、仏像のような姿なのに対して、里中さんの作品では次のように描かれている。違いがわかると思う。

ブッダ 11 新装版ブッダ 11 新装版
著者:手塚 治虫
潮出版社(2011-02-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

scanner015





出展:本書 表紙

横山光輝さんも中国ものを中心に多数の歴史マンガを書かれている。

水滸伝6巻セット 漫画文庫水滸伝6巻セット 漫画文庫
著者:横山 光輝
潮出版社(2005-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

三国志 (1) (潮漫画文庫)三国志 (1) (潮漫画文庫)
著者:横山 光輝
潮出版社(1997-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

マンガはわかりやすいのでビジュアルコミュニケーションとして優れた情報伝達力がある。

このブログでは小林よしのり、ダーリンシリーズ、ドラゴン桜などを紹介しているが、今後は里中さん、手塚さん、あるいは横山光輝さんの作品も読んでみようと思う。

そんな気づきを与えてくれた作品だ。


参考になれば投票ボタンをクリックして頂きたい。







Posted by yaori at 23:25│Comments(0)TrackBack(0) 自叙伝・人物伝 | マンガ

この記事へのトラックバックURL