2011年12月05日

映画・スパイ・ゾルゲ 3時間の歴史大作を見た



スパイ・ゾルゲ [DVD]スパイ・ゾルゲ [DVD]
出演:イアン・グレン
東宝(2003-11-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

図書館で借りて映画「スパイ・ゾルゲ」を見た。

日本にドイツの新聞社の特派員として駐在しているふりをして、実はソ連のスパイとして日独の情報をスターリンに送っていたリヒャルト・ゾルゲの名前はこのブログでは、近衛文隆の人生について描いた「夢顔さんによろしく」、「プリンス近衛殺人事件」で紹介した。

夢顔さんによろしく 上―最後の貴公子・近衛文隆の生涯   文春文庫 に 9-3夢顔さんによろしく 上―最後の貴公子・近衛文隆の生涯 文春文庫 に 9-3
著者:西木 正明
文藝春秋(2002-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


プリンス近衛殺人事件プリンス近衛殺人事件
著者:V.A. アルハンゲリスキー
新潮社(2000-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


近衛文隆はシベリア抑留中に出した妻の正子さん宛のレターの最後に、「夢顔さんによろしく」と何回か書き送っていた。

この「夢顔」さんとは誰のことか、当時は本人の正子さんにもわからなかったようだ。「夢顔さんによろしく」のあらすじでは、謎を明かさなかったが、実はこの「夢顔」さんがゾルゲのことである。

文隆は1941年にゾルゲが内通者の朝日新聞社員・尾崎秀実(ほつみ)とともにソ連のスパイとして逮捕されたことを知っていた。これがゾルゲ事件である。

ゾルゲと尾崎が1944年に処刑されたことは公にされていなかったので、文隆はゾルゲが戦後ソ連のヒーローとして復活したと思っていた。

それで妻の正子宛に、シベリアに抑留されている文隆開放の為にゾルゲの助けを借りることを暗号文で示唆したのだ。

もちろんゾルゲは日本で1944年に処刑されているので、文隆の願いは届かなかったが、旧東ドイツではゾルゲの切手が発行されているほどで、共産主義のヒーローとして戦後復権している。

Stamp_Richard_Sorge





出典:Wikipedia

またWikipediaによると、ロシアの駐日大使が着任するとゾルゲの墓参りに行くそうなので、現在でもゾルゲはロシアのヒーローと見なされているようだ。

映画のあらすじは例によって詳しくは紹介しない。

全編3時間という長編大作で、映画館で上映された時は、途中で休憩が入ったそうだが、この映画を見ると当時の時代背景や風俗がよくわかって大変参考になる。

映画のストーリーとしてはラブストーリーも織り交ぜた歴史物と言っておこう。昭和の歴史に興味のある人は、一見の価値がある映画である。


参考になれば投票ボタンをクリックしてください。








Posted by yaori at 13:00│Comments(1)TrackBack(0) 歴史 | 映画

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
この篠田の「ゾルゲ」はアマゾンの書評に出ているように超駄作です。こんな、日本共産党シンパというだけが取り柄で無能な篠田正浩の駄作を持ち上げてはいけないと思います。これよりはNHKスペシャルが作った「スパイゾルゲ」の方がまだまし。しかし、ゾルゲはゾルゲ。我が国に仇を為した敵国ソ連のスパイ。こんな馬鹿を、コミンテルン指導下にあった日本共産党が礼賛したからといって、戦後、いわゆる進歩的知識人が陸続と礼賛した。これは如何なものか。尾崎秀美もスパイ。殺されて当然。
Posted by 池 at 2011年12月06日 21:13