2012年07月10日

30年?ぶりにプロティンを飲み始めた 後でアクシデント

パワープロテイン プロフェッショナルタイプ(1.2kg)【kentai(ケンタイ)】[プロテイン]
パワープロテイン プロフェッショナルタイプ(1.2kg)【kentai(ケンタイ)】[プロテイン]

30年?ぶりにプロテインを飲み始めた。

2012070123390000














筆者は豆乳とシェイカーにいれて、ミックスして飲む。

筆者は毎週運動しており、従来からの1キロの水泳に加えて、昨年からウェイトトレーニングを再開している。週1回のみだが、一応現状維持はできていると思っていた。

ところが、ベンチプレスでパワーリフティング経験者の最低限と思っていた100キロが上がらなくなったので、プロテインを再開した。

ウェイトトレーニングをやりだした次男がプロテインを飲み始めたこともある。ただし次男は味付きのプロテインだが、筆者は当然、味付けしていないプロフェッショナルタイプだ。

最近はホエイプロテインも大豆プロテインと同じくらいの価格で売られている。ホエイプロテインの方が、吸収にはいいのかもしれないが、ひょっとするとコレステロールが高いのでは?と思って、昔ながらの大豆プロティンにした。

ザバス アクア ホエイプロテイン100 グレープフルーツ風味(360g)【ザバス(SAVAS)】[プロテイン]
ザバス アクア ホエイプロテイン100 グレープフルーツ風味(360g)【ザバス(SAVAS)】[プロテイン]


同じ理由で牛乳でなく、豆乳にしている。血圧は低めなので問題はあまりないが、コレステロール値が上限に来ているので、この辺を気にしているものだ。

紀文 調整豆乳 200mlパック×18本 2ケース紀文 調整豆乳 200mlパック×18本 2ケース
紀文
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

筆者がウェイトトレーニングを始めた40年前は、国産のプロテインパウダーはなく、輸入のウェイダー社製のものを牛乳に混ぜて飲んでいた。

ウイダーマッスルフィットプロテイン ココア味 1.0kgウイダーマッスルフィットプロテイン ココア味 1.0kg
ウイダー
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

たしか大学3−4年の時に、明治製菓がプロテインパウダーを売り出したので、それ以降は明治のプロテインパウダーを飲んでいた。会社に入ってからはラグビーをやっていたので、プロテインは継続していた。

当時の明治製菓の担当者が野沢秀雄さんという健康体力研究所(ケンタイ)の創設者だ。

よく学生のボディビル選手権を見に来ていたものだ。

昔のプロテインは牛乳に溶けにくく、塊となって残るので、プロテインドリンクの味を気にするどころではなかった。まず少量のドリンクとパウダーをスプーンでかき混ぜ、一応こなれてきたところで、残りのドリンクをいれて混ぜ合わせる。なんとかのどに流し込むという感じだ。

だから今もプロフェショナルタイプの味付けなしのプロテインで全く問題がない。昔のプロテインパウダーに比べて圧倒的に粒子が細かいので、よくドリンクに溶け、量を間違えない限り塊になって残るということはない。

日本でつくっているメーカーは、今でもザバスの明治製菓とケンタイ(たぶん製造は昔の経緯で、明治製菓だとおもう)くらいしかないが、さすがに40年間の技術革新は大きい。

プロテインを飲むと、筋力アップとともに、プロテインダイエットの効果も期待できる。筆者も体重が減少気味になってきた。

筋力アップとダイエット両方を狙って、当分プロテインを続けてみる。

と書いたところで、左足太ももに痛みを感じて、歩行が困難になった。毎週トレーニングと水泳1キロで体調を整えてきた筆者にとって、歩けなくなるとは、まさに青天のへきれきだった。

さっそく近くの整形外科に行って、レントゲンを撮ったら、股関節にカルシウムが蓄積していて、これが足の神経を圧迫して痛みの原因となっていた。

注射で処置してもらい、土日は完全休養で、なんとか月曜日にはひょこひょこながら歩けるようになった。

歩けなくなってみると、”歩ける”ことはなんと恵まれたことなのか痛感した。

筆者は毎日カルシウムも含んでいるマルチビタミン・ミネラル・サプリを飲んでおり、それに加えて最近は上記のように豆乳も飲み始めている(調整豆乳は牛乳なみにカルシウムは強化している)。

小林製薬の栄養補助食品 マルチビタミン+ミネラル+CoQ10 120粒小林製薬の栄養補助食品 マルチビタミン+ミネラル+CoQ10 120粒
栄養補助食品(2007-04-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

カルシウム過多傾向にあったのかもしれないが、それにしてもすぐに骨や軟骨に蓄積するとは思えないので、原因は要調査だ。

カルシウム蓄積症は、腰痛と同じような症状がでて、ひどいと筆者のように急に歩けなくなる。スポーツマンの人は、カルシウムのとりすぎには注意してほしい。


参考になれば投票ボタンをクリックして頂きたい。





Posted by yaori at 07:49│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ | 趣味・生活に役立つ情報

この記事へのトラックバックURL