2016年05月03日

チョコレートの帝国 M&Mのマースとキスチョコのハーシーの物語

チョコレートの帝国
ジョエル・G・ブレナー
みすず書房
2012-05-23


チョコレートの近代史を、米国の巨大チョコレート会社のハーシーマースの創業者たちを中心に描いた物語。

ちなみに、この本ではMars=「マーズ」と呼んでいるが、日本法人のホームページでは「マース」と呼んでいるので、このブログでは「マース」に統一した。

チョコレートの原料となるカカオはメキシコを中心とするメソアメリカ原産で、既に紀元前1,000年頃からスパイスと混ぜた苦い飲み物・「チョコラトル」として王族や支配者階級で楽しまれていた。

コロンブスは4回目の航海でチョコラトルを知り、エルナン・コルテスはスペイン王に献上し、甘くして飲むようになると、ヨーロッパの貴族の間で広まった。

良く知られた名前も出てくる。ヴァン・ホーテンは1828年位カカオ豆をすりつぶしてココアバターを減らす製法を発明し、飲みやすいココアを作り出して大ヒットした。


バン・ホーテン ココア 400g缶
1847年に板チョコを作り出したのはイギリスのフライアンドサンズで、この会社は後にキャドベリーと合併した。

1875年にはスイスのネスレ兄弟がミルクチョコレートを発明した。水分の多いミルクと脂肪分の多いチョコレートを混ぜ合わすのは、水と油を混ぜるようなもので、なかなかうまくいかなかったが、ネスレはコンデンスミルクを使うことでミルクチョコレートの製造に成功した。

イギリスのキャドバリー、スイスのトブラローネリンツ(Lindt)、アメリカのギラデリなど今でも続くチョコレートメーカーが登場する。



現在の世界の菓子業界のランキングでは、一位がキャドバリーを傘下に収めた旧クラフト・フーズ、現モンデリーズ、2位がネスレ、3位がマース、4位フェレーロ、5位ハーシーとなっている。日本の明治は9位にランクインしているが、売り上げは一位のモンデリーズの1/10である。

ミルクチョコレートはあまりにもポピュラーなので、簡単にできそうな気がするが、この本を読んでチョコレートの味を左右する製造工程や原料のサイズ調整、ミルクとのブレンドの難しさなどが理解できた。

ハーシーでもマースでもチョコレートの配合比率や製造法は最高機密なのだという。

マースはいまだに非上場企業でマース一族が株を握っているので、秘密主義を貫いている。

そんなマース社が珍しく取材に協力したのがこの本だ。著者のブレナーさんは、1年以上かけてマース社にアプローチし、やっとOKを取って2年かけてマース社を取材した。伝説の経営者フォレスト・マース・シニアの物語が多く紹介されている。

マースは2004年にマース兄弟が経営の第一線から退き、一族外のポール・マイケルズがCEOに就任しており、2014年に一族外のCEOに席を譲った。

2008年には、ウォーレン・バフェットと一緒に世界最大のチューインガムメーカーのリグレーを共同買収した。現在は同族経営色は薄れているのかもしれない。

マース社は1911年創業。創業者のフランク・マースは当初ハーシーのムリー社長の支援を受けて、マース・チョコレートをつくった。マースチョコレートの最も有名なブランド「M&M」はマースのMとハーシー社社長だったムリーのMだという。



1930年フランク・マースはスニッカーズを考案する。ハーシーのチョコレートを仕入れて、マースが加工するという協力関係があったのだ。マースに原料チョコレートを販売することにより、ハーシーのチョコレート売上高は急増した。

マースとハーシーの蜜月関係は続いたが、フランクの息子フォレスト・マースは家を飛び出し、スイスのトブラローネの工場と、ネスレの工場に工員として働き、技術を学ぶ。

フォレストは1933年にイギリスに移り、自らの工場を立ち上げる。マースバーをつくり、次はペットフードの会社を買収した。タイムレコーダーを入れ、遅刻がないものには報奨金を出したのもこのころからだ。

1939年マースUKは第3位のメーカーになっていたが、英国政府が打ち出した外国人の特別税のために、フォレストは英国を去らなければならなかった。

1940年米国に戻ったフォレストは、ニュージャージーに工場を建設し、ハーシーから原料の供給を得て、M&Mの製造をはじめた。スニッカーズ、ミルキーウェイのチョコバーの生産も開始した。





コーティングしたM&Mは、温度が上がるとチョコレートが解けるという問題を解決し、チョコレートが軍の配給食に大量に使われることになった。次は米軍のMRE(Meal Ready to Eat)レーション(配給食)の内容物だ。M&Mがパッケージのまま入っている。

220px-MRE_20071124_2










このジャンバラヤ配給食を盛りつけた例が次の写真だ。

220px-MRE_Menu_22_JAMBALAYA20071124












出典:Wikipedia

そしてフォレストは1964年に、ついにシカゴのマースを買収し、重役用ダイニングルームを取り壊し、社用ヘリコプターを売却し、給料を30%アップさせて、タイムレコーダーを持ち込んだ。

マースでは、全社員が「同僚」と呼び合い、CEOを含む全社員がタイムカードで勤務時間を管理していると紹介している。CEOも出社時間を守ると10%のボーナスが支給されるのだ。社有車も役員用個室もない。これが資産1兆円を超える経営者とは信じがたい。

まさに惑星マース(火星)の勤務生活といえる。個人秘書はだれにもつかず、コピーは各自自分で、電話も個々人が受け、出張はエコノミークラス。ファーストクラスは使わない。しかし給料は業界一で、副社長の年俸は50万ドル以上だという。

(この邦訳は2012年発刊だが、原著は1999年発刊なので、この辺の記述はマース一族が経営していない現在では違っているかもしれない)

ベストアンドブライテストを高給で優遇し、優秀なスタッフを集めた。

フォレストがシカゴのマースを買収した時に、契約を切られたのが広告代理店のオグルヴィだった。

復讐に燃えるオグルヴィは、「ハーシー、グレート・アメリカン・チョコレート」というキャッチコピーを打ち出し、ハーシーの売り上げは急増したという。

ハーシーはミルトン・ハーシーが1894年に設立した。

ペンシルベニアの農村地帯の工場で、新鮮なミルクを用いたミルクチョコレートで有名となった。著者のブレナーさんはペンシルベニアのハーシータウンに2年間通い詰めて取材したという。

キスチョコや、板チョコが主力商品で、1914年から米軍にチョコレートの供給を開始し、1937年からは米軍のレーションDバーとして配給食として採用され、砂糖でコーティングしたマースのM&Mとともに、軍隊の配給食として大量に納入している。

チョコレートはカロリーが高く配給としては理想的なのだ。

ハーシーは、ハーシートラストが株を持つ上場企業であり、2002年にハーシートラストがハーシーフーズ売却をリグレーやネスレと交渉したが、地元の反対で売却を断念している。

ハーシーの創業者のミントン・ハーシーは全財産をハーシートラストに寄付してハーシータウンと言う理想郷をつくった。

筆者は米国ペンシルベニア州のピッツバーグに駐在していたので、同じ州のハーシータウンにも家族で行ったことがある。車で4時間くらいのところだ。

ペンシルベニアの州都・ハリスバーグの近くだ。

ハーシータウンの遊園地でも遊んだ。ディズニーランドなどと違って、子供用の遊具が中心なので、何日も滞在して乗り物をすべて制覇するというタイプの遊園地ではないが、小さい子供でも楽しめるようになっている。遊園地の街頭は当然キスチョコの形をしている。



ミントン・ハーシーは孤児のために孤児院をつくり、ハーシースクールをつくった。生徒と教師の比率は9対1。教育プログラムや施設は有名私立高に匹敵する充実ぶりだった。

ハーシーとマースでは会社のカラーが、かなり違うことがわかると思う。

この本にはハーシーの広告の成功例も紹介されている。

興味深いのは映画「ET」のETをチョコレートで誘い込むシーンだ。プロダクトプレイスメントという広告手法で、それをやったのはM&Mに対抗するハーシーのリーセスピーセスだった。マーケティング史上最高の大当たりだったという。







「ちゃんとした人はチョコレートを食べない」という1970年代の通説に挑んだのはキャンベルスープの一部門となったゴディバだった。ゴディバは全米で1,300店もの店を開いて、チョコレートブティックを成功させた。

ゴールドコレクション12粒入
ゴールドコレクション12粒入


その他にもチョコレートにまつわる話が満載だ。

なにせ400ページもの本なので、この本を読んだらチョコレートに相当詳しくなる。チョコレート好きの人にはお勧めの本である。


参考になったら、投票ボタンをクリック願いたい。




Posted by yaori at 12:36│Comments(0)TrackBack(0) ビジネス | 趣味・生活に役立つ情報

この記事へのトラックバックURL