2013年08月26日

「はだしのゲン」騒動でわかったこと



松江市教育委員会が、マンガ『はだしのゲン』に閲覧制限をかけたと報じられ、メディアで批判されている

筆者も「はだしのゲン」を少年ジャンプでリアルタイムで読んだ。最初は画の下手なマンガ家だと思っていたが、あの原爆直後の手から体の皮膚が垂れ下がって歩いている被爆者の画は、強烈で、忘れられない。

だから原爆体験の悲惨さを教育委員会が問題にしたのではないかと思った。

ところが、問題になっているのは原爆のシーンではないらしい。

「アゴラ」に掲載されている「『はだしのゲン』騒動のばからしさ」という石井孝明さんの記事が事情を詳しく述べているので、参考までに紹介しておく。ここをクリックして記事を見て欲しい。

石井さんのポイントは次の通りだ。

広く知られていないが『はだしのゲン』では、前半と後半では掲載誌が違う。前半で作者は、被爆体験を中心に描き、少年ジャンプに連載された。後半は左派系市民誌『市民』、日本共産党系の論壇誌『文化評論』、日教組の機関紙『教育評論』(いずれも今は廃刊)で連載されている。



後半には政治主張が多く、残虐場面と日本への批判を繰り返し、マンガの雰囲気が変わった。そして松江市はこの後半部分に閲覧制限をかけた。これはマンガの成り立ちをよく調べており、適切な対応であろう。問題のある政治団体の「プロパガンダ」に公立小中学校は加担してはならない。

以上が石井さんのコメントだ。筆者は少年ジャンプのものしか読んでいないので、このような事情は知らなかった。

大変参考になる記事だった。


参考になれば、投票ボタンをクリック願いたい。



Posted by yaori at 22:11│Comments(0)TrackBack(0)趣味・生活に役立つ情報 | マンガ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yaori/51885373