2013年08月29日

三匹のおっさん ふたたび 還暦探偵団が帰ってきた

三匹のおっさん ふたたび
有川 浩
文藝春秋
2012-03-28


以前紹介した有川浩の「三匹のおっさん」の続編。

三匹のおっさん (文春文庫)
有川 浩
文藝春秋
2012-03-09



登場する三匹はキヨ、シゲ、ノリの還暦三人組だ。

キヨは建設会社を定年退職して、系列のゲームセンター(アミューズメントパーク)の経理担当となっている。キヨは剣道の達人で、親から引きついだ剣道教室の師範をやっていたが、剣道教室は生徒不足で休業中だ。

キヨの孫の祐希(ゆうき)は高校3年生。アミューズメントパークでアルバイトをしていたが、今は受験勉強のためにアルバイトは辞めている。

シゲは居酒屋を息子に引き継ぎ、今は息子夫婦を手伝う柔道の猛者。いつもジャージを着ているガニマタのおやじだ。昔は国体で、現在の地元警察署長を投げ飛ばしたことがあるほどの腕前だ。

ノリは町工場の経営者で改造スタンガンや改造モデルガンなど、やたらアブナイ道具をコートの下に持ち歩く。ノリは男やもめで、娘の早苗と暮らしている。

早苗はキヨの孫の祐希とつきあっており、同じ大学を受験する予定だが、ノリに良い縁談が持ち上がり、そのせいで早苗の成績が下がってしまう…。

小説のあらすじはいつも通り詳しくは紹介しない。

60歳の還暦3人組という筆者の年齢に近いおっさん3人が、それぞれの特技を生かして犯罪を解決するという中高年探偵団のストリーだ。

今回はキヨの息子の嫁で、お嬢さん育ちの貴子が商店街でバイトする話、アミューズメントパークの駐車場で粗大ごみを持ち込む住人や、ゴミを持ち込んだり、タバコを喫っている中学生の不良予備軍、10年以上ぶりに神社のお祭りを復活させる話、隣町で自警団を始めたニセ三匹などといった話が展開する。

商店街の書店の万引き犯を懲らしめる話は、筆者の有川さんが思い入れを込めて書いている。

一冊の本を売って書店がどれだけ利益が上がるか(大体2割程度)、どれだけ経費が掛って、実質の儲けはどのくらいかなどを登場人物に語らせて、もし万引きで損失が出ると、そんな儲けはふっとんでしまうことを、万引き犯の中学生に教えるというストーリーだ。

有川さんは、ベストセラーが売れるおかげで、出版社はいろいろな本を出せるのだと語る。有川さんも、新人の頃は、同じ出版社の売れている作家の売り上げで本を出させてもらったのだと。

一冊の本にはいろいろな経費が載っており、その中には未来への投資も含まれる。だから、本を買うことで「未来の本に、未来の作家に投資したのだ」と誇ってほしいと訴える。

読者が本を買い支えてくれるおかげで、出版業界の私たちは本を出せているのだと。

三匹とは全く関係ない、「植物図鑑」とのクロスオーバー作品(いわばコラボ)のボーナストラック(おまけの話)、「好きだよと言えずに初恋は、」も面白い。

植物図鑑 (幻冬舎文庫)
有川 浩
幻冬舎
2013-01-11



様々な登場人物がいるので、どんな年代の読者でも気軽に感情移入出来ると思う。

文句なく楽しめる本である。


参考になれば、投票ボタンをクリック願いたい。



Posted by yaori at 22:57│Comments(1)TrackBack(1)小説 | 有川浩

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yaori/51885993
この記事へのトラックバック
剣道の達人・キヨ、柔道の達人・シゲ、機械をいじらせたら右に出る者なしのノリ。「還暦ぐらいでジジイの箱に蹴り込まれてたまるか!」と、ご近所の悪を斬るあの三人が帰ってきた! 書店万引き、不法投棄、お祭りの資金繰りなど、日本中に転がっている、身近だからこそ厄介
「三匹のおっさん ふたたび」有川浩【粋な提案】at 2014年06月07日 15:54
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2014年06月07日 16:08