2014年03月31日

日本の登記制度は大変ユーザーフレンドリーになった

一部の住宅ローンを完済したので、抵当権抹消手続きをした。

10年ほど前も、住宅ローンの借り換えの時に、自分で抵当権抹消手続きをやったことがある。

その時は、「日本法令」という契約書や登記等の手続きの用紙を売っている専門の出版社の「抵当権抹消申請書」というような和紙で縦書きの用紙を書店で購入して、自分でカーボン紙を使って申請書をつくった。

日本法令は履歴書用紙なども売っている出版社だ。



前回の申請書用紙が余っていたので、今回もたぶん同じだろうと思って、「日本法令」に電話して、この10年間で用紙の変更があったかどうか聞いた。

そうすると、日本法令ではもはや用紙は売っていないという。

登記所に行けば、用紙もくれるということなので、半信半疑で登記所に行ってみると、「申請相談窓口」で、その場で抵当権抹消申請書の作成ができた。

昼休み前の12時頃の受付だったが、法務局の担当者は昼休みに食い込んでも嫌な顔もせず、親切に書類作成を手伝ってくれて、10分程度で抵当権抹消申請が完了した。

4日後に抵当権抹消登記確認書類を取りに行って、すべての手続きが完了だ。

たぶんこの手の登記関係の手続は、司法書士に頼む人が多いと思うが、自分でやっても簡単にできる。

申請書は今や横書きで、数字も以前は「壱」、「弐」、「参」というように、漢数字を使わなければならなかったのが、いまは「1」、「2」、「3」でOKだ。

この10年で登記制度も大きく変わった。

大変ユーザーフレンドリーになった。

もし、抵当権抹消等の手続が必要であれば、時間があれば、司法書士に丸投げせずに、自分で手続をしてみることをお勧めする。


参考になったら、投票ボタンをクリック願いたい。



Posted by yaori at 08:33│Comments(0)TrackBack(0) 趣味・生活に役立つ情報 

この記事へのトラックバックURL