2014年07月13日

人は誰でも講師になれる 中谷彰宏さんの本領発揮

人は誰でも講師になれる
中谷 彰宏
日本経済新聞出版社
2012-08-25


著書が約900冊ある多作の中谷彰宏さんの本。

一度会社で中谷さんの講演を聞いたので、その後いくつか中谷さんの本を読んでいる。

中谷さんはいろいろなところで講演をしているので、この本はまさに本領発揮というところだ。

この本はアマゾンの「なか見!検索」に対応しているので、ここをクリックして目次をみてほしい。

自分が講師をやる場合の様々な注意事項が、次の章立てで説明されている。

1章 講師になる勉強をする10の方法

2章 講師の依頼をされる11の方法

3章 講師を依頼されたらする20のこと

4章 講師を続ける10の方法

5章 自分主催でする18の方法

中谷さんの経験に基づくアドバイスだけに実践的だ。こんなキーワードが全部で71並ぶ。

img040





















img041





















img042





















出典:本書6〜9ページ

たとえば、35.の「反論に、反論しない。」というのは、まさに経験しないとできない局面打開法だと思う。

中谷さんは、基本的に同じネタは使い回ししないそうだが、この件の対応方法については、別の本にも説明されている。

中谷さんの「大学時代出会わなければならない50人」という本の「そんな考え方もあるのかと吸収することで大きくなる」という節のなかに、「ときどきこんなお手紙をいただきます。『あなたの考えはまちがっている』というのです。…」という文がある。




「あなたの言う通りですね」と答えるのだと。

講演内容を聞かれて、1分で説明できない話に、依頼は来ないという。まさにエレベータートークだ。

テーマは狭く絞り、1分でできる話をベースに、メモを見ずに1時間でも2時間でも話すのだ。

謝礼は自分の基準料金を伝え、最終的には先方の予算に合わせるというような実践的なTIP(秘訣・助言)も参考になる。

筆者も時々、会社でセミナー講師をやることがある。やはり自分で講師をやると大変勉強になる。

中谷さんは「生徒の10倍、毎回勉強して引き分け」という言い方をしている。その通りだと思う。

講師をやる上で大変参考になる本である。

1時間程度で簡単に読めるので、今度自分が講師になるという人には、是非一読をおすすめする。


参考になったら、投票ボタンをクリック願いたい。



Posted by yaori at 01:35│Comments(0)TrackBack(0) ビジネス | 中谷彰宏

この記事へのトラックバックURL