2014年10月29日

ベネッセから詫び状と500円が届いた

ベネッセから個人情報漏えいの詫び状と500円のお詫び金支払い手続き通知が届いた。

これが詫び状だ。日本全国約4,000万人の人に届いているはずなので、目新しくもないかもしれないが、受け取っていない人もいると思うので、紹介しておく。

筆者の大学2年の次男の個人情報が漏えいしたということで、届いたものだ。

すでに大学に入学しているので、身に覚えのないダイレクトメールとかは今のところ届いていない。就活を始めるころになると、リクルートスーツなどのダイレクトメールが来るのかもしれない。

ベネッセわび状1









































ベネッセわび状2








































これが500円の支払い手続き通知書だ。アマゾンのギフト券、楽天Edy,nanacoであれば、ウェブで登録コードとログインキーをインプットすれば、すぐに受け取れる。

他に共通図書カードを送ってもらうか、ベネッセのこども基金への寄付も選択が可能だ。

ベネッセお詫び1









































content








































ベネッセこども基金の趣意書は次のようなものだ。

ヤフーBBの漏えいの時は、500円の郵便為替を送付して、現金化されなかった分はヤフーBBが自主的に寄付するという形だった。

今回は漏えい被害者に寄付を求める形で、しかもそれがベネッセ自身が運営する基金だったことから、炎上したという。

この辺の事情は筆者の友人の蒲桐蔭法科大学学科長が寄稿しているヨミウリオンラインの「おとなの法律事件簿」にも取り上げられている。

ベネッセお詫び2









































一時はうやむやになっていたお詫び金500円という相場を復活させたことでも、ベネッセ事件が企業活動に与える影響は大きい。

ベネッセは9月に経産省に報告書を提出したが、再発防止策が不十分としてすぐに突っ返され、是正勧告を受け、10月24日に再改善報告をしている。

ベネッセの再改善報告書は、公表されていない。


最初の第三者委員会の報告書は、何が起こったのかをほとんど明らかにしていないという点で不十分なものだった。

今回の再改善報告書も、内容を公開できないようなクオリティのものなのかもしれない。

いずれにせよ、10代から20代のほとんどの日本国民の個人情報を、これだけ杜撰(ずさん)に管理している会社があったとは驚きである。

欧米で同じことが起こったら、ベネッセには莫大な課徴金が課せられたことだろう。

他の会社もぜひ他山の石として、自社では絶対に同じことが起きないように検証して欲しいものである。



参考になったら、投票ボタンをクリック願いたい。




Posted by yaori at 23:58│Comments(0) 趣味・生活に役立つ情報 | 企業経営