2014年12月21日

格闘する者に○ 三浦しをんさんのデビュー作

格闘する者に○ (新潮文庫)
三浦 しをん
新潮社
2005-03-02


このブログで、「まほろ駅…」シリーズなど、何点か作品を紹介している三浦しをんさんのデビュー作。

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
三浦 しをん
文藝春秋
2009-01-09


三浦しをんさんは早稲田大学第一文学部を卒業。24歳の時に、この作品で小説デビューした。その当時は筆者が住んでいる町田市に三浦さんは住んでいて、高原書店という本屋でアルバイトしていたという。

東京の郊外の広い家に義母と義理の弟と暮らす大学の文学部に通う政治家の大学生の娘が主人公だ。政治家の父自身は東京都内に住んで、家に寄りつかない。

実は父は代々政治家の家への入り婿で、主人公以外には政治家の家の血筋を引く者がいないという設定だ。

主人公はマンガが好きで、マンガの編集者になるために出版社の就職を狙っている。大学院に進学することを考えている男友達と、すぐにイケメンに惹かれる美人の女友達といつも一緒だ。

K談社とか、集A社、丸川といった出版社が出てくる。

K談社のビルはパルテノン神殿のような古い建物ということだが、現在は近代的なビルに建て替わっている。

集英社は神保町にある。

タイトルは、K談社の筆記試験の監督者が、「該当(ガイトウ)するものに丸をしてください」と言うのを「カクトウ」と言っていたことに発している。

就職活動を描いた作品では、朝井リョウさんの「何者」をこのブログで紹介している

何者
朝井 リョウ
新潮社
2012-11-30


三浦しをんさんは2000年の作品。朝井さんは2012年の作品だ。

同じ早稲田大学を出て、実際に出版社に就職した朝井リョウさんの作品の方が、就職活動の苦しさや葛藤を描いていて、リアル感がある。

三浦しをんさんの方が、主人公もその友人たちも本当に就職する気があるのかよ?という感じだが、小説だから別にリアルである必要もないのかもしれない。

老人の書道家とつきあっている美脚の大学生という設定も奇抜で、喫茶店の中年男の独身のマスターなど、脇役も豊富で、テンポよくストーリーが展開する。

最初に唐突に出てくる象を引き連れた求婚者たちと王女の南国のお見合いの話が、半ばごろまで読み進めると、なぜ出てくるのか意味がわかってくる。

この出だしは面白い。

手軽に読めて楽しめる作品である。


参考になったら、投票ボタンをクリック願いたい。







Posted by yaori at 00:14│Comments(0)TrackBack(0) 小説 | 三浦しをん

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yaori/51945693