2015年05月18日

うなぎ 一億年の謎を追う 学研の小学生向けの本だが面白い



たまたま仕事で五反田の学研ビルに行く用事があった。その時に学研の受付に置いてあったので読んでみた。

うなぎの研究一筋の元東京大学海洋研究所教授の塚本勝巳さんが小学生向けに書いた本だ。

漢字に読み仮名を振ってあり、平易な表現で書いてあるが、内容は大人でも十分楽しめる。

筆者も子供のころ藤沢の引地川の河口などで、よくシラスウナギを取った。大人も網を持ってきてシラスうなぎを取っていた。

取った後、シラスうなぎどうしたのかはっきり覚えていないが、友達が集めて、漁師の人に買ってもらっていたような記憶がある。

当時はシラスうなぎ=シラス(イワシとかの雑魚の稚魚)と思っていたので、そんなに価値のあるものとは思っていなかったが、いまやシラスうなぎはうなぎ養殖用に高く売れる貴重な稚魚となっている。

シラスうなぎ漁に関して書いているサイトによると、キロ250万円らしい。1匹=35円くらいになる換算だ。

うなぎは1億年ほど前の白亜紀から生息していたようで、白亜紀には恐竜が絶滅したK-T境界(6,500万年前)が起こっている。

日本では昔から食用として愛され、ヨーロッパでも特にスペインなどは、シラスうなぎをにんにくオイルで煮たアンギラス・アル・アヒージョが有名だ(いまやヨーロッパでもシラスうなぎは貴重なので、日本の水産会社がかまぼこの材料から、シラスうなぎもどきを作って、これがレストランで出されている)。

anguilas al ajillo






















出典:市場魚介類図鑑

余談になるが、筆者の年代の人は、アンギラスというと、怪獣を思い浮かべるかもしれない。

220px-Anguirus_1955


























出典: Wikipedia「アンギラス」

筆者もアンギラスと聞いた時に、怪獣の名前はここからつけたんだなと思った。

閑話休題。うなぎの一生は次のようになっている。

ウナギ



















出典:本書2〜3ページ

卵で生まれる点は、他の魚と同じだが、何度か変態を繰り返して、うなぎの稚魚のシラスうなぎになる。

それからは見かけは同じような細長いヘビに似た形で、だんだん大きく成長し、10年くらい経った成魚は体長1メートルにもなるものがあるという。

うなぎはもともとは赤道付近のボルネオで誕生し、海流でヨーロッパにも運ばれ、そこで根付いた。

日本のうなぎは、この本で明らかになった通り、マリアナ海山あたりで産卵する。

ヨーロッパのうなぎは、船の墓場として有名なサルガッソ海で産卵する。

しかし、その産卵場所は、長年不明のままだった。

産卵場所を突き止めたのは、まさに塚本さんのグループだ。

1991年に、うなぎの卵からかえったばかりの幼生を見つけ、これは「NATURE」の表紙を飾った。

次に産卵に向かうオスうなぎ、メスうなぎを捕まえ、2005年に体長2ミリの生まれて2日の幼生を見つけた。

そして2009年5月にうなぎの卵を見つけた

発見場所はマリアナ海嶺だ。

img_1


























出典:ブログ セピアおじさんのランダム・ストーリー

その時のニュースがYoutubeに載っている。



また、DailymotionというサイトにNHKのニュースが収録されている

塚本さんは東大の後に、日大の教授となっているので、日大がうなぎのルーツ探求のビデオをUtubeに公開している。



つまり、うなぎはマリアナ海域の海嶺(海底山脈)で産卵し、卵はすぐ孵化して幼生となり、赤道付近の海流に乗って西に流され、次に黒潮に乗って日本まで流される間にシラスうなぎに成長する。

シラスうなぎは、川の河口付近で落ち着き、一部はそこで暮らすが、一部は川の上流に行き、そこで5〜10年暮らし、成魚となってからオスもメスも産卵のためにマリアナ海嶺まで行き、そこで一生を終えるのだ。

なんとダイナミックな生涯なんだろう。

日経が図にわかりやすくまとめて、クイズ形式で出題しているので最後に紹介しておく。クイズの答えは、日経の記事の最後に載っている。

日経問題












































出典:日経こどもニュース


参考になったら、投票ボタンをクリック願いたい。






Posted by yaori at 00:16│Comments(0) 趣味・生活に役立つ情報 | 自然科学