2015年10月15日

マイナンバー いまさら聞けないという人に

マイナンバーの配布が始まりました。来週あたりから皆さんのご家庭にもマイナンバーの通知カードが世帯分まとめて簡易書留で届くはずです。

さっそく事故が起こっています。茨城県取手市がマイナンバーを間違って記載した住民票を配布していたことがわかりました。

マイナンバー漏えい





















来年1月から住民票にも希望すればマイナンバーを表示できるようになりますが、取手市はミスで、すべての住民票にマイナンバーが表示されるように設定していたようです。

マイナンバーはたぶん今年の流行語大賞の上位に食い込むのは間違いなく、インターネットやメールマガジンでもマイナンバー関連サービスの広告が目立つようになりました。

マイナンバーの問題は、制度がスタートするというのに国民の理解度が進まない点です。それに付け込んで、マイナンバー詐欺という新しい手口も登場しています。

マイナンバー詐欺





















そんななかで、私が尊敬する弁護士で桐蔭法科大学院の法科大学院長でもある蒲俊郎先生が、ご自身のヨミウリオンラインの「おとなの法律事件簿」のなかで、わかりやすくマイナンバーを取り上げています

大変タイムリーな読み物で、さっそくページビュー上位に登場しているそうです。マイナンバーへの実務対応について「いまさら聞けない」と不安がある方には、是非一読をおすすめします。

おとなの法律事件簿





















蒲先生はヨミウリオンラインの人気コーナーのバックナンバーをまとめて、「おとなのIT法律事件簿」という本も出版されています。



どれも興味深い記事ばかりです。

ヨミウリオンラインの前回のコラムは「改正派遣法成立 派遣労働者にとって有利?不利?」という大変興味深い読み物でした。

改正派遣法





















マイナンバーや改正派遣法について簡単に知りたいという方。蒲先生のヨミウリオンラインのコラムがおすすめです。


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。








Posted by yaori at 23:43│Comments(0)TrackBack(0)個人情報保護 | 蒲俊郎

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yaori/51978730