2015年11月03日

たった一人の熱狂 幻冬舎見城社長の755での発言集



幻冬舎見城徹社長の755(有名人とやりとりできるツイッターのようなSNSサービス)での発言に、見城社長自身の解説を加えてまとめ上げた本。

755はホリエモンの長野刑務所に服役していた時の囚人番号だ。ホリエモン出所後、親友の藤田晋サイバーエージェント社長が協力して、755という有名人とやりとりできるSNSサービスを立ち上げた。

755自体は、AKBや乃木坂46のメンバーとやりとりできるということで有名なようだが、筆者はこの本を読むまで全く知らなかった。

もっとも見城さん自身の755のアカウントは現在は閉鎖されているようだ。幻冬舎から出した百田尚樹さんの「殉愛」というやしきたかじんさんと奥さんを取り上げた”ノンフィクション”小説が、実際はフィクションだらけだったということで「炎上」し、「百田尚樹『殉愛』の真実」という本まで出されることになり、その騒ぎで閉鎖となったように思える。

殉愛
百田 尚樹
幻冬舎
2014-11-07


百田尚樹『殉愛』の真実
角岡 伸彦
宝島社
2015-02-23


この本では見城さんの次のようなツィート?を4ページで解説している。見城さんの解説自体は、ライターがインタビューして構成している。

☆小さなことこそ真心込めろ 「仕事ができない仁言の共通点は、自分に甘いこと。思い込みが強いこと。小さなこと、片隅の人を大事にしないこと。約束を守らないこと。時間に遅れること。他者への想像力が足りないこと。」

このツィートを見城さん自身の新入編集者時代の話なども加えて、展開している。

見城さんは新入編集者の時、コピー取りを頼まれると、原稿を2枚コピーして、一枚は自分が編集者になったつもりで朱を入れていた。実際に本ができあがった段階で、自分の校正した原稿と比べてみると、朱を入れるべきところで入れていない先輩編集者の手抜きがわかったりして、編集者として鍛えられたという。

つまらなく地味な雑用でも自分の心がけ一つで黄金の仕事に変わる。

小さなことを大切にするだけで、人生は大きく変わっていくはずだ。神は細部に宿る。と結んでいる。

たしか「編集者としての病」だったと思うが、見城さんは、掃除のおばさんに、あの本は面白かったと言われて、続編が出た時にプレゼントしたという話を書いていた。

360度の気配りが、見城さんを今の地位にしたということだろう。

同じ話は恋愛にもいえる。

☆恋愛が下手なやつに仕事はできない「他者への想像力がない人が、ビジネスで成功するわけがない。恋愛は他者の気持ちを想像し、理解するための絶好の機会だ。」

ビジネスで成功するためには圧倒的な努力と他者への想像力がワンセットで必要だ。異なる他者への想像力を発揮して、初めてビジネスの成功はある。恋愛は、他社の気持ちを知るための絶好の機会である。

その見城さんでも、波長の合わない作家がいる。

村上春樹は一度書いてもらったあとは、それっきりになってしまったという。見城さんはその作家の全作品を読んでいるので、売れる前に千駄ヶ谷で「ピーター・キャット」というジャズ喫茶をやっていた村上春樹に会った時に、「『風の歌を聴け』」は映画『アメリカン・グラフィティ』を下敷きにしていますよね」と言ったところ、返事もせずに黙り込んでしまったのだと。

風の歌を聴け (講談社文庫)
村上 春樹
講談社
2004-09-15





この話は「正面突破を恐れるな」というところに出てくる。

見城さんの持論の「GNOは絶対死守」も出てくる。GNOとは義理、人情、恩返しだ。元々のツィートは「GNO(義理、人情、恩返し)を大切にしない人間は、何事もうまく行かない。小さなことにクヨクヨし、小さなGNOを死守するのだ。」

ここでは思いがけない人が出てくる。

「安倍総理はGNOの人だ。総理大臣になる前も総理に就任してからも、安倍さんは義理と人情と恩返しを大切にしている。人の信用と信頼を損ねることがないし、約束は必ず守る。驕らない。無私無欲に生きる。人間として超一流の総理大臣だ。お会いするたびに、リーダーとは斯くあるべきだと感嘆する。」

見城さんは、2014年に肩をこわして、ウェイトトレーニングはやめているというのが残念ではあるが、「トレーニングで心身をいじめろ」というところの「NO PAIN, NO GAIN。 痛みのないところに前進はない。」という言葉にも納得する。

「トレーニングは絶対に裏切らない。と同時に、ごまかしながら身体を鍛えているふりをしたところで、結果は一目瞭然だ。」

ラグビー日本代表がこの言葉通りのことを成し遂げてくれた。




それぞれ4ページでまとめているので、簡単に読めて参考になる。見城さんの「毒」にどっぷりと浸かるには、見城さん自身が書いている「編集者という病」をおすすめするが、「毒」の入門編としておすすめの本である。




参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。





Posted by yaori at 23:32│Comments(0)TrackBack(0)趣味・生活に役立つ情報 | 見城徹

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yaori/51980435