2015年12月31日

日本とトルコ合作の映画 海難 1890を見た

日本とトルコ合作の映画「海難 1890」を見た。



英語の字幕版もある。



kainan1890
















出典:海難1890サイト

トルコでも同時に公開されている。これがトルコ語の予告編だ。



以前、このブログの「トルコ世界一の親日国」のあらすじで紹介したように、筆者のピッツバーグ時代の隣人の元ピッツバーグ・スティーラーズ ラインバッカー トーンチ・イルキンはトルコ出身だった。



ピッツバーグで家を買った時、トーンチとシャロンのイルキン夫妻が挨拶に来てくれて、「自分はトルコ人だ。なんでも困ったことがあったら言ってくれ。是非遊びに来てくれ。」と言ってくれたのだ。

当時はトルコ人が世界一の親日家だとは知らなかったので、なぜ「自分はトルコ人だ」などと言うのか不思議に思っていた。

トルコは世界一の親日国なのだ。そしてトーンチのような2歳でアメリカに移住して、言われなければトルコ人とわからない人でも、日本に対する親愛の情があったのだ。

この映画は1890年に台風の為に難破したトルコの軍艦エルトゥールル号を和歌山県串本町の住民が助けたことと、それから95年後にイラン・イラク戦争が勃発した時に、トルコ政府が日本人救出のためにトルコ航空機を提供してくれたことを題材にしている。

非常に感動的な映画だった。

トーンチにもこの映画のことを連絡しようと思う。

トルコではエルトゥールル号遭難の話は教科書にも載っているというが、日本ではまだ知らない人も多いと思う。

是非この映画を見て、多くの人がトルコへの親近感を抱いて欲しいものだ。


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。






Posted by yaori at 00:20│Comments(0)TrackBack(0) 映画 

この記事へのトラックバックURL