2016年02月13日

武道館 朝井リョウの新作 今度はアイドル路線

武道館
朝井 リョウ
文藝春秋
2015-04-24


筆者が注目している若手作家の朝井リョウさんの新作。

デビュー作は映画にもなった「桐島、部活やめるってよ」だ。






今度は「NEXT YOU」という10代のアイドル少女グループが主人公だ。

本の帯のつんく♂の推薦文がすばらしい。

「アイドルって作るものでなく、楽しむものである方が良いに決まってる。

なのに、著者はこうやってアイドルを生み出す側にチャレンジした。

それも文学の世界で……。

なんたる野望。

なんたるマニアック。

なんたる妄想力。」

筆者は小説は感情移入できるものが好きなので、正直この本はツラかった。

ただ、アイドルビジネスの2つの問題点、つまりメンバーの独立とスキャンダル(恋愛禁止からの逸脱)にフォーカスして掘り下げているので、よく取材しているなあと感心する。

物語は最初は6人でスタートした「NEXT YOU」というアイドルグループの一人が、1年もたたずに「卒業」するところから始まる。「みんなで武道館に行こう」と約束していたメンバーの一人が脱落してしまったのだ。

主人公の愛子は、高校に通いながらアイドルの仕事を続けている。同じマンションの上の階に住む大地とは幼馴染(おさななじみ)だ。

大地と愛子は子供の時から仲良しだ、しかしアイドルは恋愛禁止。たとえ幼馴染でも。

アイドルグループは愛子たち1期生の次は2期生、3期生とどんどん増殖していく。NEXT YOUもいったん5人になった後、どんどん人数が増えていく。

「ファン裏切り親密デート」、「破廉恥スキャンダル」などというマスコミの報道。

握手会や投票権付CD商法。

そしてメンバーの「卒業」。

目標にしていた武道館でのコンサートが決まったのに、なんで今「卒業」なの?…。

というようなストーリーだ。

つんく♂の「なんたる妄想力。」という表現がぴったりだ。

朝井さんは出版社社員との兼業はどうやら2015年でやめて、現在は作家に専業しているようだ。

それで出版ペースも上がっているのだと思う。

才能ある作家だけに、どんどん新しいジャンルに挑戦していってほしいものだ。


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。









Posted by yaori at 23:01│Comments(0)TrackBack(0) 小説 | 朝井リョウ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yaori/51989609