2016年03月30日

アルジャーノンに花束を アルジャーノンって誰?



盲ろう者で東大教授の福島智(さとし)さんの、「ぼくの命はことばとともにある」に紹介されていたので読んでみた。



健常者の筆者が全盲ろう者の福島さんに本を教わるというのは、何か逆のような気もするが、福島さんの本に紹介されていたので村上春樹とかの本も読んでみた。

この「アルジャーノンに花束を」は、知的障がい者が自ら経過報告を書くというスタイルで物語が進行する。

テレビドラマ化されて、元NEWSの山ピーこと山下智久が主役を演じており、DVD化もされている。

アルジャーノンに花束を DVD-BOX
山下智久
TCエンタテインメント
2015-11-06



知的障がい者で、6才程度の知能しかないチャーリー・ゴードンは、パン屋で働いている。

みんなと仲良く働いていたが、大学の脳医学研究所から研究対象に選ばれ、頭に手術を受けることになる。

そのときチャーリーと同じ手術を受けたのがハツカネズミのアルジャーノンだ。

大学の研究室では、チャーリーとアルジャーノンに迷路クイズを受けさせると、毎回アルジャーノンがチャーリーに勝った。

チャーリーの手術も大成功で、チャーリーのIQはぐんぐん伸び、ついには普通の人間を超えIQ140以上の天才となる。

チャーリーはどんな本もすぐに吸収し、知識抜群、多くの国の言葉もマスターし、語学も天才ぶりを示す。

しかし、そんなチャーリーをパン屋の仕事仲間たちは恐れ、ついには主人にチャーリーを追い出させる。

頭はよくなったが、仲間がいなくなったチャーリー。

そんなチャーリーをなぐさめてくれる仲間がアルジャーノンだったが、アルジャーノンに異変が起き始める。

そしてチャーリーにも異変が……。

というようなストーリーだ。

この小説を最後まで読むと、なぜ「アルジャーノンに花束を」なのかわかる。

ロマンのあるSF小説で大変楽しめる。

翻訳もいい。

山ピー主演のドラマはどんな展開なのか気になるところである。


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。




Posted by yaori at 00:07│Comments(0)TrackBack(0) 小説 

この記事へのトラックバックURL