2016年04月25日

容疑者Xの献身 こんなんありか?奇想天外な犯罪トリック

容疑者Xの献身 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋
2008-08-05


東野圭吾のガリレオシリーズの代表作。東野圭吾はこの作品で直木賞を受賞している。

容疑者Xの献身 ブルーレイディスク [Blu-ray]
福山雅治
ポニーキャニオン
2009-03-18


起こった犯罪自体は、どこにでもありそうな事件だが、犯罪を隠ぺいするためのストーリーが凝りに凝っている。

最後まで息をつかせないストーリー展開だ。

この作品は映画化されている。まだ映画は見ていないが、次の画面の通り、湯川の大学の同期生の数学の天才で、高校柔道部コーチの石神を、堤真一(マフラーで顔があまり見えないが)が演じているので、若干違和感がある。



それにしても、これだけのストーリーをよく考えたものだ。

バツイチで娘と暮らす美貌の隣人に片思いの恋心を抱く高校の数学教師石神は、探偵ガリレオこと湯川と警視庁刑事の草薙の帝都大学の同期生だった。

最初に石神が毎朝高校に出勤する前に立ち寄る清州橋付近にある弁当屋と、道すがらの隅田川沿いのホームレスキャンプが登場する。

このホームレスキャンプが「小説のトゲ」となって、後から効いてくる。

この弁当屋で働く、石神の隣人の元夫が殺された。事件を担当する草薙から湯川は相談を受ける。

その事件の関係で、殺された男の元妻が重要参考人として浮かび上がる。しかし、元妻には映画を見ていたという2時間余りを除いて、ほぼ完ぺきなアリバイがあった。

湯川はひょんなことから、その重要参考人の隣人が石神であることを知る。

湯川は石神を天才数学者と一目置いていたが、石神とは卒業後音信不通で20年が過ぎており、天才数学者の石神が一介の高校教師となっていることに驚く。

そして湯川は、この事件は綿密に考えられたアリバイ工作があると見抜く。

親友の石神と対決せざるをえなくなって苦しむ湯川。

湯川は、友人の警視庁の草薙とは別行動に出る。

石神と湯川の直接対決。

その後、石神は思いもかけない行動に出る。

それは……。

というようなストーリーだ。

やりすぎといった感のあるストーリーだが、思いもかけない展開だ。

文庫本で400ページ余りの作品だが、最後まで一気に読んでしまう。

大変面白い小説だ。一読をお勧めする。


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。



Posted by yaori at 23:18│Comments(0)TrackBack(0) 小説 | 東野圭吾

この記事へのトラックバックURL