2019年08月31日

ヒトはなぜ人生の3分の1も眠るのか?睡眠研究の先駆者デメント氏の本

ヒトはなぜ人生の3分の1も眠るのか?
ウィリアム.C・デメント
講談社
2002-07-25


NHKの「睡眠負債」で紹介されていたので読んでみた。

睡眠負債 『ちょっと寝不足』が命を縮める (朝日新書)
NHKスペシャル取材班
朝日新聞出版
2018-04-13


著者はレム睡眠の発見者の一人で、スタンフォード大学睡眠医学研究所初代所長のデメントさんだ。「睡眠負債 Sleep debt」という概念の提唱者だ。

デメントさんは1990年に米国議会の睡眠障害に関する委員会の委員長となり、睡眠障害が数百億ドルの国家的損失につながっているという報告書をまとめている。

睡眠不足が招いた重大な事故の一つが、1989年の「エクソン・バルディーズ」の座礁による原油大量流出事故だ。この原因は船長の飲酒と当初報告されたが、その後三等航海士が2日間で6時間しか眠っておらず、極端な寝不足で操船ミスを起こしたことが明らかになった。

睡眠不足による自動車事故などは、ほぼ毎日のように起こっている。特にアルコールは睡眠負債と結びつくと強烈な眠気を引き起こす。飲酒運転が原因とされる事故の多くは、実は睡眠負債が影の主役を務めているのだと。

この本では、1952年にデメントさんがシカゴ大学メディカルスクール2年目で睡眠研究の第一人者のクライトマン教授の研究室で、REM睡眠の発見者とされるアゼンリンスキーの助手をしていた時の、REM睡眠観察についても紹介されている。

フロイトの「夢判断」を読んでいたデメントさんは、元々はREM睡眠と夢の関係を立証したかったのだという。



スタンフォード大学に移って、1971年にデメントさんはスタンフォードでフェローシップ滞在経験を持つ神経科医のフランスのギルミノー博士をスタンフォードに招聘した。

ギルミノー教授は睡眠時無呼吸症候群の権威として、スタンフォード大学が睡眠研究で世界的地位を築くのに貢献した。ちなみにギルミノー教授は、今年2019年に亡くなったばかりだ

「スタンフォード式最高の睡眠」の著者の西野精治教授の恩師だ



この本では、睡眠に関する世界的な権威だけあって、医学的な見地からの情報が多く報告されている。

特に恐ろしいのは、睡眠時無呼吸症候群などによる病的な睡眠不良だ。これについては、この本では一つの章で取り上げている。寝ている間にイビキをかくとか、呼吸が止まっていることは自分では気づかないので、最悪の場合突然死することもある。「隠れた殺し屋」だと。

この本では治療法として、酸素呼吸器のようなCPAP(continuous positive airway pressure)やマウスピースを用いる方法が紹介されている。

220px-CPAP













出典:Wikipedia

外科的試みで、この本で紹介されているのは、舌を動かす筋肉を前方に出して、戻らないよう90度ねじってから固定するという手術と、新技術として数分で終わるという高周波焼き切り法が紹介されている。

ここで注意が必要なのは、原著が書かれたのは1999年で、20年前の本なので、医療法も現在とは異なっていることだ。

この本の「訳者あとがきに代えて」でさえ、「本書には気管切開も紹介されているが、この治療法は患者のクオリティオブライフが大きく損なわれるため、現在はほとんど行われていないという」と付け加えている。

訳注でも紹介すべき点ではないかと思われる。

この本では、罹患率がカナダのケベック州で14%、米国では5%と発表されている「むずむず脚症候群」や、夜驚症などについても紹介している。

筆者は子供の時に夜驚症だった。デメントさんの娘さんも夜驚症で、自分もうろたえたという。

動物の睡眠、イルカの脳は2時間おきに左右交代で眠るとか、理想の覚せい剤となる可能性のあるモダフィニルなどについても紹介している。

終章の「今夜から始めよう!三週間の眠り改善プログラム」では、眠る環境、光、カフェイン、アルコール、運動、仮眠、仕事について考えることやメール対応などを網羅したプログラムを紹介していて、自分の睡眠のチェックに役立つだろう。


参考になれば、次を応援クリックしていただければ、ありがたい。


書評・レビューランキング




Posted by yaori at 12:41│Comments(0) 趣味・生活に役立つ情報 | 睡眠