2011年07月13日

ヒロシです。華も嵐ものり超えて ヒロシ6年ぶりの新作

ヒロシです。 華も嵐ものり越えてヒロシです。 華も嵐ものり越えて
著者:ヒロシ
東邦出版(2011-05-19)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

筆者の好きな芸人・ヒロシが久方ぶりに復活した。

ヒロシの第一作はこのブログに紹介した当時で24万部のベストセラーとなっていたので、全体では30万部近く売れたのではないかと思う。

ヒロシです。ヒロシです。
著者:ヒロシ
扶桑社(2004-09-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


次のテーマ曲をラジカセから流しながらヒロシが登場し、ひと言ふた言自虐ギャグを飛ばすという芸だ。一頃はタモリの笑っていいともにもレギュラー出演し、売れっ子芸人だった。



たしか舞台に転身するということで芸風を変えていたが、うまくいかなかったようだ。

この本ではヒロシの自虐ギャグが150点収録されており、ヒロシの最近の写真や、ヒロシが書いた書や絵も紹介されている。この本の表紙の絵もヒロシ作だ。

こんなギャグが並ぶ:

★ヒロシです。とうとう消えた芸人ランキングからも消えました。

★ヒロシです。デカビタCを飲んだら風邪が治りました。

★ヒロシです。新人がタメ口です。

★ヒロシです。テレビ番組を作るには多くの電気代がかかります…。俺はテレビにでないことによってエコに貢献しているとです。

★ヒロシです。タオルを雑巾として使い始めるタイミングが分かりません。

★ヒロシです。あまり話したことないけどお互いがんばりましょう…。中学卒業の寄せ書きに女の人11人が書いてくれたコメントです。

★ヒロシです。好きなタイプが小梅太夫という女性からフラれました。



39才になったそうだが、写真では昔と変わらない。

scanner089












出典:本書113ページ

テレビでひさしぶりに見た時のギャグは面白かった。

★ヒロシです。ハトがどいてくれません!


同じ路線なので、またブレークするのは難しいかもしれないが、ひと言で笑わせることができる爆発力は持っている。是非活躍して欲しいものだ。


参考になれば投票ボタンをクリックして頂きたい。



  
Posted by yaori at 12:45Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月09日

ヒロシ2 ネタのキレは落ちたが依然面白い


ヒロシです。2

いままでになかったいじけキャラで一躍人気者になったヒロシの第2弾。2冊めはキレが若干落ちたがそれでも面白い。ヒロシ大辞典というのがついており、ヒロシのテーマ曲がイタリアのペピーノ・ガッリャールディの歌だというのがわかる。リンクを入れたので一度出だしを聞いていただきたい。

ヒロシ(本名齋藤健一)は福岡県南部の炭坑で有名な大牟田市生まれで、大学は松村邦洋も出た九州産業大学。上京して冴神剣(さえがみけん)という源氏名でホストクラブに勤めるが、全くモテなかったと。たまたま見た雑誌で生島ヒロシを知り、ヒロシを名乗ったのだという。

印象に残ったネタとしては:

ヒロシです。いまだに水を買うことに抵抗があるとです。

ヒロシです。『今からは無理』っていつも無理じゃないですか?

ヒロシです。杉田かおるを見ていると忘れかけていた大切ななにかを思い出します。(筆者注:うーん、わかるような気もするが…)

ヒロシです。彼女と思っていた人からバイト先の友達として紹介されたとです。

ヒロシです。ポケットの砂がなくなりません!

筆者が注目している芸人のナンバーワンである。所属?のサンミュージックにヒロシの紹介もある。今までにないいじけキャラで頑張ってほしい。

  
Posted by yaori at 22:33Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月17日

ヒロシです。 最近のお笑い芸人の本としては出色

初めてヒロシを知ったのはSo-Netの動画メール広告。

ヒロシが小さなラジカセを持って登場、いくつかの代表作ネタを恨めしそうに披露。博多弁の『落ち』も新鮮だった。

そのヒロシのネタ本が24万部!も売れたというこの本。

いじけキャラで、TVに出ているだけで面白い。

ギター侍の本は、全然面白くなかったので、実演でないと面白くないのかなと思ったが、ヒロシの本は楽しめた。

ショートトークそれぞれが面白く、『あっオレもそうだ』と思うものばかりだが、『ヒロシです。ズボンをパンツって言うのに抵抗があります。』をひとつ挙げておこう。

30分で読めるので、自分で買うのはもったいないので、図書館でリクエストして気長に待つことをお勧めします。

ヒロシもいきなりメジャーとなったので、多少印税が入ってこなくてもかまわないだろう。


ヒロシです。
ギター侍の書  
Posted by yaori at 23:25Comments(0)TrackBack(0)