2008年12月02日

1984年の篠塚一太君の遭難事故

2008年12月2日再掲:

あるところに、篠塚君の遭難事故について書いたので、この記事を再度掲載する。いつ思い出しても、篠塚君のあの人なつこい笑顔が浮かぶ。

本当にいい奴だった。20代の若さで亡くなってしまったことが残念でならない。



2008年10月25日初掲:

1984年8月5日にバングラディッシュのチッタゴン空港で、ビーマン航空の飛行機が墜落して、住友商事の社員が2名なくなった。そのうちの一人が筆者の後輩の篠塚一太君だ。

住友商事の長い歴史の中で、飛行機事故で社員が亡くなったのは後にも先にもこのお二人だけだ。飛行機事故のリスクはそれほど小さい。そんな飛行機事故で、お二人が亡くなられたのは本当に残念なことだ。

28歳の若さで亡くなった篠塚君の冥福を祈って、友人が出版した本がある。

itta1






篠塚君の学生時代の友人や会社の友人が集まって、講談社で本を作ったのだ。

その最初のページに在りし日の篠塚君の姿がある。

itta2






ちょうどホンダのオデッセイのコマーシャルが、テレビでガンガン流されているが、あの音楽は昔の映画"Saturday Night Fever"のテーマ曲、ビージーズの"stayin' alive"だ。



その"Saturday Night Fever"の主演ジョン・トラボルタの有名な場面を真似たのがこの篠塚君の写真だ。

もうあれから25年近く経って、インターネットで「篠塚一太」で検索すると、筆者のブログしか出てこない。また「ビマン航空 事故」で検索しても、情報は限られている。

1984年といえばインターネットなど影も形もなかったときで、当時はまだテレックスの時代だった。だから当時の情報がネットには載っていないこともやむをえないかもしれない。

しかし、それではさびしすぎるので篠塚君の思い出を記録するために、当時の駐バングラ日本大使の小林俊二大使が、この事故について「日本・バングラデシュ交流メールマガジン」(第 10号・2004/06/24)に寄稿されているのを見つけたので紹介する。

【4】駐バングラデシュ歴代大使の証言・第5回(第5代大使:小林俊二氏)

「ダッカ電話網整備計画とビマン航空機の遭難」

バングラデシュの8月は雨期の最中であり、乾期には顔を出している国土の何割かが水中に没します。1984年8月5日の午後、チッタゴン発ダッカ行のビマン航空ターボ・プロップ機がダッカ空港着陸寸前に沼に突っ込んで水没し、乗客乗員約50名全員が死亡する事件がありました。朝方からの豪雨は上がっていましたが、滑走路を含む空港一体が水浸しであったため、滑走路の位置を見誤って手前の沼に着水したのが事故の原因でした。乗客には住友商事の職員2名が含まれていました。1名は東京本社から出張した邦人職員、他の1名はロンドン支店から派遣された英人職員という説明を受けたように記憶しています。

この事故と日本の資金援助によるダッカ電話網改善事業との間に少なからぬ関わり合いがあったことを承知している人はほとんどいないのではないかと思います。犠牲となった住友商事の職員のためにもその事情を書き残しておきたいと考えたのはこのためです。

パキスタンの電話設備は東パキスタン(バングラデシュ)の分離独立前から西独シーメンス社の独壇場でした。このためバングラデシュの電話設備への進出を企図したわが国の電気通信業界はダッカ電話網改良計画を作成し、バングラデシュ政府に提案することを企画しました。83年12月、ダッカのホテルに担当閣僚であるカーン通信相(海軍参謀長兼戒厳副司令官)その他の関係者を招き日本側購送についての説明会が開催されました。次いで翌84年2月には業界団体派遣の調査団がダッカを来訪して所要の調査に従事しました。

この動きに警戒の念を深めたシーメンス社は急遽西独政府を動かして電気通信担当相をダッカに派遣し、カーン通信相との間でひざ詰め談判を行わせました。その結果両閣僚間にバングラデシュにおける電話交換機は引き続きシーメンス社製品を使用するという趣旨の覚え書きが取り交わされたと伝えられ、日本側は計画の推進が容易でないことを覚悟せざるを得ませんでした。

しかし6月初旬、突然カーン通信相が更迭され、オバイドゥラ・カーン農業相と交代しました。オバイドゥラ・カーン氏は詩人でもある文化人であり、私が接触したバングラデシュ側指導層の中でも特に親日的な印象の強い人物でした。

通信相の交代がシーメンス社の工作と関係があったのかどうか定かではありませんが、この交代は悪い報せではないように思えました。6月14日、私は調査団の報告書提出のため来訪した業界団体の幹部を伴って新通信相を往訪し、ダッカ電話網改良計画調査報告書を手交して検討を求めました。通信相は積極的な関心を示し、至急検討すべき旨を約しました。

その後私は通信省当局と次官レベルで接触を維持し、前向きの結論を促し続けましたが、シーメンス側も前通信相を巻き込んで種々画策していた模様であり、事態は円滑には前進しませんでした。7月末、事務当局の結論は交換機を除く部分についてのみ日本の提案を受け入れるという結論に傾き、電気通信担当次官はその趣旨の書簡を発出するという意向を私に表明しました。

その矢先に発生したのが冒頭のビマン航空機水没事故でした。犠牲者の救出ないし遺体の回収のため海軍のフロッグマンが多数投入され、徹夜の作業が行われました。カーン前通信相(農相)は海軍参謀長として現場に駆けつけ、夜を徹して陣頭指揮に当たりました。ところが徹夜作業の疲労が祟ったのでしょう、同参謀長は翌朝、心臓発作を起こして急死してしまったのでした。

8月8日にはダッカの仏教寺院で邦人犠牲者のための法要が行われ、続いてヒンズー教徒用の火葬場で遺体が荼毘に付されました。火葬場といっても露天の河原に鉄の枠組みを設けただけの設備であり、この殺風景な設備での荼毘は余りに生々しく、遺族の参列を差し控えてもらっていましたが、私も途中でいたたまれなくなって大使館に逃げ帰りました。翌9日には遺族数名が住友商事の支店長に伴われて大使館を訪れました。

母親という婦人は私から何をお話しても目を見開いたままにこりともせず、凍りついたような表情を変えなかったのを忘れることができません。その表情はわが子の死を断じて諦めきれないと訴えているかのごとくであり、母にとって息子という存在のかけがえのなさを今更の様に思い知らされたのでした。年末には住友商事の伊藤社長が殉職した職員の慰霊のためダッカを来訪されました。

事故の後、バングラデシュ当局による日本提案の処理はオバイドゥラ・カーン通信相の支持を得て順調な進展を見せ、9月初旬には経済企画庁に付託されたとの説明を受けましたが、同月中旬、同氏が駐米大使に任命され、通信相の任を解かれたことで問題は再び複雑化する気配となりました。しかし翌年1月20日には私自身が帰朝のため離任することになり、新任のスルタン・アーメド通信相(海軍参謀長)に日本側提案の採択を重ねて慫慂した上で後事を後任の田中大使に委ねなくてはならなくなりました。

この問題をめぐるその後の推移は東京で風の便りに耳にするだけでした。しかし田中大使の努力もあったのでしょう、ダッカ電話網改善計画はやがて日本側提案が全面的に採用され、交換機を含めNEC製品を中心とする包括的改善工事が円借款により実施されただけではなく、引き続き追加円借款により拡大計画も実現を見たと承知しています。

施工契約の担当商社は住友商事でした。殉職した住友商事の職員はこの計画のためにバングラデシュに出張したわけではなかったのでしょうが、事故から派生したカーン前通信相の急死が日本側提案の全面的採用を促進する結果になったことには疑問の余地がありません。

ダッカの電話施設に日本製品が中心的な役割を果たすようになった事実の陰に住友商事職員の遭難という犠牲があったことをダッカ在留邦人その他関係者の皆さんが記憶に留めて下さる事を願って筆を置く次第です。

(小林俊二大使は1983年9月から1985年1月まで当地在勤)


同じ飛行機事故でなくなったもう一人は英国住商の社員ホームズさんだ。ホームズさんはたしかオックスフォード出身で、日本の貿易大学で教鞭をとり、帰国して英国住友商事の社員になった。

ホームズさんの死後、奥さんのホームズ・恵子さんが「入鹿(イルカ)ボーイズ」について日経新聞の最後のページの文化欄に何度か書かれていたので、ご記憶の人もいるかもしれない。

入鹿(イルカ)ボーイズとは、戦時中和歌山県の入鹿の捕虜収容所に入れられていた英国人を中心とする連合国側捕虜の話だ。戦後来日して地元の人と交流ができている。

恵子さんはこのことをまとめて"A little Britain"という本を出されている。


この文を捧げて、篠塚君そしてホームズさんのご冥福をあらためてお祈りする。


合掌



  
Posted by yaori at 00:36Comments(1)TrackBack(0)

2006年03月23日

遊ぶ奴ほどよくデキる! 大前さんの計画的遊び、趣味、家族マネージメントのすすめ

亡き友 篠塚一太君の"Work hard. Play hard."を思い出す

筆者は商社に勤めているが、会社の長い歴史の中で飛行機事故で亡くなったのは二人しかいない。それほど飛行機事故に遭うリスクは小さいということだが、二人とも1984年8月のバングラデッシュの飛行機墜落事故で亡くなった。

そのうちの一人は筆者の職場の後輩、篠塚一太君だった。

当時ちょうど筆者も篠塚君もゴルフで50を切るかどうかという時だったので、よく一緒にゴルフに行ったが、彼がよく言っていた言葉が"Work hard. Play hard"だった。

決して洗練された言葉ではなく、和製英語かもしれないが、気持ちは伝わると思う。

この大前さんのエッセーも同じ『良く遊び、良く働け』の精神で、亡き友 篠塚一太君を思い出す。仕事は精一杯やりながら人生を楽しむ様々な実例が紹介されていて面白く、参考になる。


遊ぶ奴ほどよくデキる!


はじめに大前さんのメッセージがある。「『オン』と同じくらい『オフ』にも若いうちから神経を使い、クレバーに時間、金、余裕を生み出して大いに人生を楽しんでもらいたい」と。

『ONとOFF』というタイトルでは、ちょっと前にソニーの出井元会長の本がベストセラーとなった。出井さんの本はソニーの社内報(?)のエッセー集をまとめたもの、大前さんの本は週刊ポストの連載だ。どちらもスッと楽しく読めた。


ONとOFF



大前さんの遊び

大前さんの遊びはスゴイ。本の表紙にモトクロスに参加している写真があるが、スキューバダイビング、スキー、スノーモービル等々。さらに引退した後の楽しみとして、クルージングとつりを残してあると。

大前さんの本には時々商店主の発想の話とかが出てくるが、オフロードバイクでの仲間にはサラリーマンはおらず、商店主や職人の人がほとんどだそうだ。

サラリーマンはもっと遊び、オンと同時にオフも充実させようと呼びかけている。

そのためにはオフを年間の長期休暇計画をつくって計画的に楽しみ、オフの資金も住宅資金、教育資金、自家用車等を見直すことによってつくることをすすめている。

たとえばクルーザーだ。クルーザーを持つということは、贅沢で金持ちの趣味の様に思えるが、実はクルーザー自体は中古なら自家用車程度の価格でも買える。

試しにYahoo! Auctionで『クルーザー』で検索してみると、何艘か出品されている。

もちろん維持費とか係留費とかが掛かるし、免許も要るので、それなりに高く付く遊びではあるが、たしかに手が届かないということではない。

日本は漁民優遇で、2、927もの漁港があるが、現実には漁港として機能していないところが圧倒的に多い。漁港をプレジャーボートなど一般に解放すれば、ふつうにマリンスポーツを楽しめる国となるのではないかと。

いつもながら、なるほどと思わせる。

特にクルーザーのところで、カナダのバンクーバー沖のキングサーモン・フィッシングの話が出てきたが、これは以前、バンクーバー駐在経験者から話を聞いたことがある。筆者も行ってみたくなった。

カナダのフィッシングやウイッスラーのスキーなども、格安チケットを利用すれば、本場での贅沢な楽しみが比較的廉価でできる。

実現可能で、そそられる話だ。


大前さんの趣味

大前さんは多趣味で、ちょっとしたことでも凝っている。元々楽器演奏が趣味で、大学時代はオーケストラでクラリネットを吹いていたこともある。60歳の時には還暦記念コンサートも開催したほどだ。

買い物は定番、たとえばゴールドファイルのセカンドバッグ、トゥミのブリーフケース、香港仕立てのマオカラーのシャツなど。

時間の過ごし方では、美容院、タイ式マッサージ、ネイルサロン、電気自転車でのぶらぶら散策、バイクで江戸川河川敷を散策、蓼科の別荘など。

グルメも行きつけのお気に入りの店(西麻布交差点近くの屋台風のかおたんラーメンがお気に入りだとのこと)の休日の一人メシから、年に数回早朝5時起きして家族で行く築地市場の大和寿司、ビジネスに使える店などTPOに合わせて広いレパートリーを持っている。

読書ではジャックウェルチの『わが経営』や、ユニクロの柳井さんの『一勝九敗』などのビジネス書、敗者を描いた司馬遼太郎の『峠』などの歴史小説、プラトンの『ソクラテスの弁明』などの哲学書、ファラデーの『ロウソクの科学』などの自然科学書なども大前さんのおすすめだ。

筆者は以前は書斎を持っていたのだが、今は次男の子供部屋になってしまった。現在はリビングの書斎コーナーでこのブログを書いているが、大前さんは子供部屋を削っても書斎を持つべきで、ひとりの時間を生産的に過ごせと語る。

パソコンを使っての調べ事、自分史作成、オークションや酒場の楽しみ、男の料理、老後の趣味、ボランティア、海外移住など他の趣味の話も満載だ。


『脱・ビジネス時計』大前さんも元はモーレツ人間

大前さんは今でこそ多趣味で、オン・オフを使い分けているが、マッキンゼーに入って数年は、入社四年目で出版した『企業参謀』が売れに売れて、引っ張りだことなり、ほとんど休みを取らなかったので、過労で体調を崩し、喘息を併発した。

これではマッキンゼーをやめるしかないと思い、当時のアメリカ人支社長に相談すると長期休暇を取るよう薦められた。辞めるかどうかはその後に決めろと。

それで年末年始も入れて3週間の長期休暇を取り、家族でパラオに行った。ダイビングを楽しみ、テレビもなく、新聞もない生活を数日続けていると、自分のなかのビジネス時計が止まり、オフ時計に切り替わったのだと。

脱・ビジネス時計は重要で、『リバー・ランズ・スルー・イット』のモンタナ州はアメリカ人に何もない場所として人気の場所だと。

ロバート・レッドフォード、ブラピのフライフィッシングと、きれいな川の風景を思い出す。筆者もモンタナのイエローストーン自然公園には、実はビジネスで行ったのだが(イエローストーン地区産のタルクを日本に輸出した)、次回は是非フライフィッシングに行きたい。


リバー・ランズ・スルー・イット


国内、海外旅行はオフのメインイベント。マイレージは最高の親孝行のツールだと大前さんは語っている。


大前さんの家族(チーム)マネージメント

大前さんはどんなに忙しくとも毎週木曜日夕食は奥さんとの定期点検にあてて、奥さんから家庭内の悩みを聞き、基本方針の意見統一をしていた。土日は家族や友人で楽しむオフの時間で、悩みを聞いたり、うち明けたりするには不向きだからだと。

筆者は平日でもできるだけ自宅で食事をとるようにしているが、必ずしも家内と意見交換しているわけではない。大前さんのやり方は導入できないかもしれないが、考え方は参考になる。

大前さんの奥さんはアメリカ人だが、趣味は邦楽、歌舞伎、剣道など純日本的だ。大前さんは『夫婦別行動で家族の会話を豊かにしよう!』と言う。それが夫婦円満の秘訣であると。

奥さんに自由と権限を与えれば、熟年離婚は遠のくと。


大前さんの子育て

子育てでは機会を逃さないことが重要であると。

筆者も大前さんと同様に、息子が二人いるが、全く同感である。子供はすぐ大人になるので、子供の時代に一緒に過ごすことが自分にも、将来の子供との関係にも良いと信じている。

子育てについては『ジャングルの掟』とか、「同級生としか遊ばない子供はダメになる」とか、「子供に教えるのでなく、『学ぶ手助け』をしよう」とか、参考になる考え方が披露されている。

特に印象に残ったのは「『小遣い廃止』から始める子供のマネー教育」という部分だ。

日本では1,600万人もが消費者金融を利用しており、多重債務者は150ー200万人と推定されている。個人の自己破産件数は21万件余りだと。

こんな状態になったのは、学校でも家庭でも、お金とのつきあい方を学ぶ子供のためのマネー教育が欠如しているからであると大前さんは言う。

家事手伝いなどで、小遣いは労働の対価だと覚え込ますのだと。


軽い話題でスッと読め、それでいて話題が充実しており、主張すべきことは主張している。大前さんらしい、よくできたエッセー集だ。是非一読をおすすめする。



参考になれば次クリックと右のアンケートお願いします


人気ブログバナー



  
Posted by yaori at 12:26Comments(0)TrackBack(0)

2006年02月09日

人を動かす カーネギーの不朽の名作

2006年2月9日追記:

過去1年ブログを運営して、このブログで取り上げる有名人の多くがカーネギーの影響を受けていることを実感している。

サイバーエージェントの渋谷ではたらく社長藤田晋さん、大作『男たちの大和/YAMATO』を出した復活したカリスマ角川秀樹さん、ビジネスコンサルタントの新将命さんなどがカーネギーから影響を受けたことを語っている。

自分自身もまたカーネギーの『人を動かす』のオーディオブックを聞き直しているので(これで何回目かわからない。たぶん100回以上は聞いている)、自分の反省も含めて再掲する。

是非お読み下さい。



カーネギーと聞いて何を思い出しますか?鉄鋼王カーネギー(アンドリュー)?カーネギーホールのカーネギー(やはり同じアンドリュー)?私もそう思いました。

今は亡き友人篠塚一太君から『カーネギーの本を読んだらいいよ』と言われて、そのままにしていましたが、その篠塚君がバングラディシュの飛行機事故で亡くなり、彼の言葉を思い出してこの本を手に取りました。

こちらのカーネギーはデール・カーネギーで鉄鋼王とは全く別人で親戚でもありません。しかしながら鉄鋼王に負けず劣らず世界的に有名な人です。

10年ほど前にトルコと仕事をすることがあり、トルコ人のバイヤーと話したときに、彼もこの本をトルコ語で読んだと言っていたのにはびっくりしました。

世界中で1500万部も売れているそうで、まさに不朽の名著です。

私もはじめは日本語で読みましたが、原本でもわかりやすい英語で、また録音テープもおすすめです。

最近後輩にこの本を贈ることがあり、自分でもまた英語のテープを聴き直していますが、本当に記憶に残るいい話をちりばめており、つい感動で涙がにじみます。

つごう100回くらい聞いて、今はアナログーデジタル転換ソフトを買ってきてテープをiPodにダビングして繰り返し繰り返し聞いていますが、いつ聞いても新しい発見と感動があります。

人を動かす 新装版
How to Win Friends and Influence People



参考になれば次クリックと右のアンケートお願いします


人気ブログバナー


  
Posted by yaori at 12:13Comments(1)TrackBack(0)