2014年10月21日

残念! 松島みどり法務大臣辞任

残念ながら松島みどり法務大臣が辞任した。

今年の夏まつり時期に地元で配布した「うちわ」が、公職選挙法違反ではないかと、国会で蓮舫議員に攻撃された結果だ。

最初の答弁が命運を決したと言えるだろう。

「これはうちわですか?」と聞かれたことに対して。「討議資料」ですと答えた。

これで詭弁であるとの印象を与えてしまい、法務大臣がこれで良いのかという議論が沸き起こってしまった。

ネットで「松島みどり うちわ」で画像検索すると、いろいろ面白い画像が出てくる。

蓮舫議員が今回のうちわを手にしているところ。

蓮舫追及







































出典:ネット検索

蓮舫議員自身も、みんなの党の松田公太議員も丸いうちわをつくって配布している。

蓮舫うちわ






















出典:ネット検索

結果論ではあるが、初期対応で「うちわですが、有価物ではありません。蓮舫さん、あなたも作っていませんか?」と答えられたら、また展開も変わっていたことだろう。

辞任は残念だ。ひいきめすぎるかもしれないが、政策を印刷したうちわを夏祭りの時に配るなど、それ自体はグッドアイデアだと思う。

これれにめげずに、ひきつづき政治活動で結果を残してほしいものだ。


参考になったら、投票ボタンをクリック願いたい。


  
Posted by yaori at 12:49Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月04日

法務大臣就任おめでとう がんばれ 松島みどり!

このブログで何度か応援メッセージを送ってきた筆者の友人の松島みどり衆議院議員が法務大臣に就任した。

1995年に朝日新聞の記者を辞め、自民党の第1回公募に応募して、ひたすら衆議院議員をめざしてきて2000年に初当選。

一時落選したこともあったが、見事に復活。議員を目指して朝日新聞を退職してから20年、とうとう大臣に就任した。

松島みどり入閣





















出典:IRORIOニュース

松島さんは東大経済学部出身だが、議員立法でいくつかの法案を成立させた実績もある。また、テレビの漢字クイズ番組の「日本語王」でチャンピオンになったこともある

東大応援部のチアリーダーの創設者だ。(松島さんが創設する前は、東大生チアリーダーがいないので、他の大学の女子学生が応援に来てくれていたと思う)。

昔からガッツのある、元気あふれる人だった。

法務大臣としても、がんばれ 松島みどり!


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。




  
Posted by yaori at 08:01Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月21日

再度がんばれ松島みどり!

このブログの訪問者の検索キーワードを時々チェックしているが、先週「松島みどり」で検索してこのブログを訪問する人が急増した。

検索キーワード






大体このブログは毎日200名前後の訪問者があるので、3月15日には約1割の人が「松島みどり」の検索結果からこのブログを訪問したのだ。

Googleでは6ページ目、Yahoo!では31位にこのブログの松島みどりさん関係の記事が表示される。

そして先週3月14日には、松島みどり国交省副大臣が参議院の予算委員会の鴻池祥肇予算委員長から異例の予算委員会出席禁止を言い渡されていたのだ。

答弁を簡潔にと2度注意されても、答弁を打ち切らなかったというのがこの出席禁止処分の理由だが、何十分もしゃべっているならともかく、5分程度のことで出席禁止というのは鴻池氏も大人げない様な気がする。

松島さんは大学の時から知っているが、朝日新聞を辞めて衆議院に出馬したときは(このときは落選)、我々知人に余っている机とか椅子があれば事務所用に是非提供して欲しいと言ってきたことを思い出す。

本当にゼロからスタートした庶民派、庶民の代表の議員だ。

自宅を事務所にして掛かってもいない経費を請求して、自分の懐に入れるどこぞの金持ち議員、2世、3世議員とは出自と信念からして違う。

エリート議員とは違う、グラスルーツ議員なのだ。

たかが数分のこと。ながながと原稿を棒読みする答弁や質問をする議員も多いではないか?

衆議院議員でありながらTBSテレビの「クイズ!日本語王」で優勝したこともある憎めないキャラクターでもあり、腹の虫が収まったら早急に処分を解除して欲しいものだ。


参考になれば次クリックお願いします。


人気ブログバナー





  
Posted by yaori at 17:30Comments(1)TrackBack(0)

2006年10月08日

がんばれ 松島みどり 外務大臣政務官就任おめでとう!

筆者の友人の政治家松島みどりさんが外務大臣政務官となった。

昭和55年朝日新聞に入社し、経済部と政治部を経て平成7年に退社。自民党東京都連新人公募に応じて、政治家になる準備を始め、平成12年に念願の衆議院議員に初当選。


松島みどりHP






今日放映のみのもんたVS国会議員でも、的確にポイントを突いた発言で目立っていた。

今年2月にはTBS「クイズ!日本語王」で優勝、元新聞記者の日本語力を見せつけた。

学生時代からすべてに積極的な松島さんは目立っていたが、政治家になっても何事にも熱心に取り組む姿勢は好感が持てる。

たとえば松島さんのホームページでは松島さんの自民党での役職、役員となっている諸団体、所属している議員連盟のリストが公開されている。


松島みどり所属議員連盟






そのリストの長さ、役職の多さには驚く。

いずれは大臣も夢ではないだろう。

次のステップめざして引き続きガンバレ松島みどり!

参考になれば次クリックと右のアンケートお願いします。


人気ブログバナー




  
Posted by yaori at 00:35Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月06日

がんばれ松島みどり!

筆者には衆議院議員になった知人が二人いる。一人はこの前の内閣改造で苦節20年以上で国務大臣になった村上誠一郎議員。四国の村上水軍の末裔ということで、大学の同級生だが昔から元気がよかった。若くして衆議院議員となり、今回念願の大臣に就任した。筆者は卒業以来会っていないが、写真では昔に比べてかなり太った。ストレスも大変なのだろうと思う。体に気をつけて頑張ってほしい。


松島みどり議員もう一人はこの前大学の寮委員のOB会で久しぶりにあった松島みどり議員

松島さんは学生の時から活発な人だったが、大学の応援部のチアリーダーとして活躍して、女性としては初めて(?)西伊豆の戸田村にある寮の寮委員として寮の運営に携わった。

筆者は卒業してからも戸田寮に毎夏行っていたので、そのとき元気のよい応援部のリーダーがいるなと思っていた。松島さんは卒業後朝日新聞に入社。マスコミで経験をふんだ後、東京の下町の墨田区・荒川区を地盤として衆議院に挑戦。最初は落選したが、当時の森総理に気に入られ再挑戦で見事当選を果たしたと聞いている。

ひさしぶりに会ったが、昔と全然変わらない。きさくで元気で、全然『先生』らしくない。

7月5日の朝刊に国会議員の所得が公開されているが、松島さんは歳費がほとんどで、不動産資産もあるが借入金もある。四国政界のいわばプリンスで、若くして『先生』になった村上誠一郎議員と違って、本当に庶民の味方なのだ。

現在当選2期目でホームページのプロフィールを見れば驚くほどいろいろな活動をやっていることがわかる。

彼女こそ庶民感覚で政治を変えることができる人材だと思う。ぜひ今後とも頑張ってほしい。

がんばれ松島みどり!

参考になれば次クリックお願いします


人気ブログバナー

  
Posted by yaori at 00:07Comments(0)TrackBack(0)