2009年06月09日

南原繁の言葉 東大の8月15日

南原繁の言葉―8月15日・憲法・学問の自由南原繁の言葉―8月15日・憲法・学問の自由
著者:立花 隆
販売元:東京大学出版会
発売日:2007-02
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


「天皇と東大」という長編作品を書いた立花隆さんが中心になって、2006年8月15日に開催した「八月十五日と南原繁を語る会」の記録。

天皇と東大 大日本帝国の生と死 上天皇と東大 大日本帝国の生と死 上
著者:立花 隆
販売元:文藝春秋
発売日:2005-12-10
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


南原繁さんは、内村鑑三新渡戸稲造の薫陶を受けた政治学者で、戦後すぐに最後の東京帝国大学総長に就任、貴族院議員も兼任した。

総長在任は1945年12月から1951年の間なので、旧制東京帝国大学の最後の総長で、1947年からは新制東京大学の最初の総長でもある。

南原繁さんの出身校の香川県の三本松高校のホームページに、南原繁さんの年譜が紹介されている。


「八月十五日と南原繁を語る会」については、安藤義信さんという方のホームページで詳しくレポートされているので、紹介しておく。

南原繁を語る会





出典:安藤義信さんのホームページ

安藤さんという方は昭和33年の東大の卒業生だ。


このブログでは立花さんの「滅び行く国家」のあらすじを紹介しているので、立花さんが「天皇と東大」という上下1,500ページもの大作を出しているのは知っていた。

滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか
著者:立花 隆
販売元:日経BP社
発売日:2006-04-13
おすすめ度:3.5
クチコミを見る



立花さんが「天皇と東大」を書いた理由

立花さんが「天皇と東大」を書いた理由は、日本の近現代史を通じて”天皇という存在”と、”国民の側の天皇観”が社会を動かした「影の主人公」で、その天皇観をめぐる大きなドラマの中心舞台が東大だったからだと。

そのドラマの中で最も大きかったものは昭和10年(1935年)の「天皇機関説」問題だった。

「天皇機関説問題」とそれに続く「国体明徴運動」は、一種の無血クーデターで、当時の日本社会のありかたを根本的に変えてしまった。それをきっかけに、昭和十一年2.26事件が起こり、翌昭和十二年廬溝橋事件が起こり、日本は暴走過程に入っていった。

なぜ日本があれほどバカな戦争に突入してしまったのかの理由、国民感情のうねりのようなものの転回点とその背景、大転回のプロセスを知りたくて「天皇と東大」を書いたのだと。

「天皇と東大」を書いていくうちに、立花さんはその転回点が「天皇機関説問題」だったことがわかったのだと。

憲法学者美濃部達吉博士の「天皇機関説」は大正時代は主流の学説だった。ところが、貴族院を中心に急に「天皇機関説問題」が持ち上げり、反国体思想の元凶とされて、著書は発禁になり、美濃部博士は貴族院議員を辞任し、ついには右翼テロリストの銃弾を浴びることになった。

世の中が変わるときは、一挙に変わる。

立花さんは、もしかしたら似たような国民感情の大転回が現在の日本でも起きつつあるのではないかと危惧しており、それがこの「八月十五日と南原繁を語る会」を開催した心理的背景だと語る。


「八月十五日と南原繁を語る会」

前出の安藤義信さんのホームページで紹介されている当日のプログラムは次の通りだ。

南原繁プログラム





出典:安藤義信さんのホームページ

最初の二人、石坂公成さん(ライホイヤアレルギー免疫研究所名誉所長)、細谷憲政さん(東大名誉教授、人間栄養学)は、医学部出身。医学部は軍医養成ということで、学徒出陣の対象外だったので、南原繁さんが総長に就任してから毎月のように学生に対して「国を廃墟から復興させるものは学問と教育しかないのだ」と呼びかけていた言葉を現場で聞いている証言者だ。

細谷さんは、米国に2回滞在しているが、そのとき聞いた興味深い話を紹介している。

2度目に滞在したヴァージニア大学法科大学院は占領政策研究のメッカということで、教授数名から日本の占領政策は成功であったと評価されていると聞いたという。

なにせ脱脂粉乳やパン食など日本人の食生活を変えてしまったにもかかわらず、日本の一般国民からは感謝されたからだと。

また米国の占領政策は日本の歴史から学んだものだと言っていたという。

天皇家は渡来人であり、少数派の彼らが多数派の在来人に対してどのように対処していったのかを米国は研究したところ、統治の基本は栄養政策だとわかり、占領政策も栄養問題を柱にしたという。

天皇家に限らず、日本人はどこからかの渡来人の子孫のはずで、ことさら”渡来人”という征服者のように考える学説があるのかどうか知らないが、面白い見方である。


元法学部長石井紫郎さんは当時の東大事務局長の息子

次に元法学部長の石井紫郎さんが、南原繁総長時代に東大の事務局長だったお父さんの石井勗(つもむ)さんの著書「東大とともに50年」や、お父さんから聞いた東大の接収計画について語っている。

東大とともに五十年 (1978年)
著者:石井 勗
販売元:原書房
発売日:1978-04
クチコミを見る


最初は昭和20年7月の東部軍管区の東大接収計画で、隅田川、荒川を堰(せ)き止めて、米軍が本土上陸してきたら一挙に堰を開放して東京の下町を水浸しにして米軍をおぼれさせる計画で、そうすると上野・東大あたりが海岸線となるので、ここの「帝都防衛司令部」を設置したいという申し出だったそうだ。

次はGHQで、総司令部として東大に白羽の矢を立てているという話で、下見後、「終戦連絡事務局」を経由して申し出があった。

東大7教授の終戦工作にも参加し、アメリカに人脈を持つ高木八尺(やさか)教授などを介して押し返したところ、「日本最高の学部である東大を尊重し、接収しない」と返事があり、結局GHQは皇居前の第一生命ビルを接収した。

余談になるが、筆者は石井紫郎教授の日本近代法制史の授業を受けたことがある。当時石井さんは新進気鋭の教授で長身のすらりとしたハンサムガイだった。


「曲学阿世」論争

吉田茂と南原繁の両方を知る辻井喬(堤清二さん)が吉田茂の「曲学阿世」批判について一文寄せている。

「吉田茂 ポピュリズムに背を向けて」で紹介した通り、1950年日本が全面講和をめざすか、それとも西側だけとの講和を目指すべきかの議論が活発になったときに、吉田茂総理は、南原繁総長の全面講和論を「曲学阿世」と非難したのだ。

朝鮮戦争が起こる1ヶ月ほど前で、このときマッカーサーは「共産党は侵略の手先」と呼んで、共産党の非合法化を示唆したばかりで、日本の占領政策が逆コースに動くタイミングだった。

南原繁総長は、吉田発言を批判し、次のように語った。

「私に曲学阿世の徒という極印を押したが、これは満州事変以来、軍部とその一派が、美濃部博士をはじめ多くの学者に対して常用したもので、学問の冒涜、学者に対する権力的弾圧である。私が国際情勢をしらないと吉田首相は言うが、それは官僚的独善である。

「現実と理想を融合させるために、英知と努力を傾けるのが政治家の任務であるのに、全面講和と永世中立を空理空論ときめつけるところに日本民主政治の危機がある。」

吉田茂から再批判はなく、この論争はこれで終わった。

辻井さんは吉田茂、南原繁両方を知っているが、吉田茂は魅力のある人間だったが、敵対する相手への無愛想は極めつけだったという。一方南原総長は謹厳そのもで、相手の意見が自分と違っていても態度は変わらなかったという。

これは筆者の考えだが、結果論ではあるが、結局南原さんの主張した全面講和の道を選ばず、ソ連との講和条約を今の今に至るまで締結しなかったことが、現在の日本の国際的地位及び経済状況を決定づけていると思う。

この吉田ー南原論争の2ヶ月後に朝鮮戦争が始まっているので、吉田茂の西側との講和を優先するというのは、正しい選択だろうが、吉田茂もまさかサンフランシスコ講和条約締結から50年たってもロシア(旧ソ連)との平和条約が結ばれないという事態は想像もしていなかったと思う。

今年5月のプーチン首相の露払い来日もあり、メドべージェフ大統領の7月来日の機会を利用して、平和条約を締結してシベリアそして地球温暖化を利用した北極圏の経済開発に日本の活路を見いだ方向性を示すべきではないかと思う。


南原繁の言葉

この本に収録されている言葉は、南原さんが法学部長として終戦直前の1945年4月に入学式で語った「学徒の使命」と、終戦直後の1945年9月に同じ題で学生に呼びかけた同じタイトルの「学徒の使命」。

東京帝国大学総長に就任する直前の1945年11月、復員学生を歓迎する式での「新日本の建設」、そして翌1946年2月建国記念日の「新日本文化の創造」が第1部で取り上げられている。

次に第2部としては1946年3月の「戦没学生を弔う」、同じテーマの1963年12月の「戦没学生の遺産を嗣ぐもの」、1957年4月の著書「文化と国家」の序文、1946年9月の「祖国を興すもの」。憲法に関しては1946年11月の「新憲法発布」と1962年1月の「第9条の問題」が収録されている。

実に印象的な言葉が多い。


終戦直前の入学式での言葉

たとえば1945年4月の終戦直前の入学式での法学部長としての言葉だ。

戦時下でいつ最後となるかもしれない授業だが、大学や教授陣に何か「異常なもの」を期待してはならない。

われわれは特殊な「精神教育」をするものではなく、淡々と平常と変わりなく学問に従事する。燃えるが如く情熱を湛(たた)えつつ、それを抑制して学的作業に沈潜するところに、学徒の任務があるのだと。

「勝利は単なる『必勝の信念』によってもたらされるものでなく、必ずやそうした文化および自然にわたり、近代科学の知性に裏付けられてはじめてこれを獲得することができるであろう。」

この冷静な発言に続いて、法学部生は単に六法全書に取り組むだけではなく、「教養」を身につけろと訴える。

教養の核心は知性をもってする人間本質の展開または人間個性の開発にある。

事物を知るということは、それを通して自己を知ることであり、ソクラテスが「汝自身を知れ」と言ったのは、この意味で真理をついていると南原さんは語る。

3月10日の東京大空襲の後、ほとんど焼け野原になった東京で、毎日の空襲で明日をも知れない状況のなかで、実に冷静で教育者としての信念がこもった発言である。


終戦直後の言葉

終戦直後の1945年9月1日の言葉は、状況変化をふまえ、かつ学問の基本を押さえた発言となっているのが印象的だ。

「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」を目指すのではなく、勝敗を超えて列国と協力、進んで世界平和の建設に積極的に寄与すべきであり、それが天皇の終戦詔勅の「万世の為に太平を開かんと欲す」の聖旨であると。

原子爆弾ができた以上、戦争の再発を防止し、人類を滅亡から救うのは、世界の理性と良心に基づく公正な世論と組織に求める他に道はない。

そして旧来の我が国の大陸政策なるものを捨て、中国の近代国家の統一の達成に協力しなければならない。

両国の真の協力なくして東亜の安定と世界の平和は達成できないのだとまで言っている。

それを達成するためにも、猜疑と敵意を棄てて、人間としての信頼と尊敬を勝ち得るために、教養をつける。自己自身を絶えず内面的に向上し、純化する人間として自らを形成することが、教養の意義であると。

さらに戦いに倒れた護国の英魂も、我らとともにあり、これからの新たな戦いを祝福し、響導するであろうと。

まさに終戦直後の学徒を鼓舞し、日本の再建に向かわせる原動力を抱かせる印象的で力強い言葉である。


アカデミック・フリーダム

1945年11月の帰還学生歓迎会や、1946年2月、敗戦後最初の紀元節(建国記念日)では、学問の自由、アカデミック・フリーダムについて語っている。

これが憲法第23条の”学問の自由はこれを保障する”という条文に現れている。ちなみに憲法第23条の英語訳は"Academic freedom is guaranteed"だ。

憲法の権威、宮沢俊義さんの解説書、「コンメンタール日本国憲法」によると、「本条は、学問の自由を保障する。かつて滝川事件(1933年)や天皇機関説事件(1935年)のような学問の自由を否認する事件の再発を防ぐ趣旨である」と解説させている。

東大の総長経験者の佐々木毅さんによると、東大の総長になると「歴代総長演説集」が与えられるという。これを読んで自分の挨拶を考えろという意味なのだと。

南原さんの言葉は、これからも東大総長の挨拶の中で繰り返し引用されることだろう。


南原繁と靖国問題

ちょうど2006年8月15日は小泉元総理が総理退任前に現役総理大臣として靖国神社に参拝した日なので、「南原繁と靖国問題」というテーマの講演も含まれているが、南原繁の発言や著作には靖国神社に直接言及したものはなかったという。

南原繁の言葉の後半では、1946年3月の戦没並びに殉職者慰霊祭のときの「戦没学徒を弔う」や、9月の戦後最初の卒業式の挨拶、1946年11月3日の新憲法発布の時の言葉などが収録されている。


立花さんの解説

この本のところどころに立花隆さんの解説が織り込まれている。

たとえば終戦後すぐは東大を卒業しても就職口がない時代だったので、「諸君、われわれを取り囲む環境がいかに苛酷であろうと(略)、諸君は真理に対する確信を失うことなく、どこまでも自らの精神と魂をもった人間となれ!かような人間と人間性理想こそが祖国を興すものとなり…。」と語っていることを、紹介している。

また憲法9条の問題については、政治学の世界では無抵抗主義は成り立たない。国際連合に加盟したら、いずれは国際警察的な組織の一員として参加し、寄与する義務を免れることはできないだろうと語っていることが引用されている。

この本を通して立花隆さんの南原繁さんへの熱い思いが伝わってくる。

たしかに今読み直すと、まさにそのときの時代を反映していながらも、軸がぶれない姿勢は尊敬すべきだと思う。

単に歴史的な言葉として読むのでなく、今でも通用する自警の言葉として筆者も味わった。

南原さんの3代後の大河内一男総長は東大の卒業式で「太った豚より痩せたソクラテスになれ」と訓示したが、まさに南原さんは日本のソクラテスのような人だったと思う。

内容的にはちょっと堅いところがあるが、是非一度図書館などでパラパラとめくってみて欲しい本である。


参考になれば投票ボタンをクリックして頂きたい。


  
Posted by yaori at 12:58Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月27日

滅びゆく国家 タイトルほどは憂鬱ではない立花隆の同時代時評 

滅びゆく国家 日本はどこへ向かうのか


評論家・ジャーナリストの立花隆氏が連載している日経BPホームページの人気コラム立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」の記事をタイトル別に並び替えたもの。

全部で7つの章にまとめている。

第1章 ライブドアショック
第2章 天皇論
第3章 靖国論・憲法論
第4章 小泉改革の真実
第5章 ポスト小泉の未来
第6章 イラク問題
第7章 メディア論

筆者は東京の地下鉄でばったり立花隆氏と出会ったことがある。言葉もかけなかったが、地下鉄線で座っていたが、もじゃもじゃ頭ですぐわかった。

ライブドアがニッポン放送の買収に乗り出した直後の2005年3月から、ライブドア事件が起こった2006年2月までほぼ1年間のコラムが500ページ弱の本となっている。

このコラムは今でも連載されているので、このブログのお気に入りにも登録しておいたので、時々見てみようと思う。

立花隆氏はこのインターネット上のコラムについて、このような時評を展開する場として最適のメディアは、いまやインターネットをおいてないと語っている。

締め切りもなく、インターネットなら紙幅の制限もなく、印刷するリードタイムもなく、読者への配送の手間も時間もいらない。さらに読者の反応も即時だ。このコラムのPVは1年間で1千万PVを超えたという。

このコラムは日本の行く先を案じながら書いたものが多いので、『滅びゆく国家』となったという。

日本は百年に一度の危険な曲がり角を迎えており、小泉政権下で今まで大切とされてきた大原則が破られるようになってきた。

たとえば平等原則は悪平等として非難の対象となり、格差社会が出現している。海外派兵禁止もイラク派兵で破られた。小泉改革の延長線上に日本国のハッピーな未来があるとはとても思えないと。

立花隆氏は好きな著者の一人なので、今までいくつかの作品を読んできたが、まだこのブログでは紹介していなかった。最近の立花作品は『天皇と東大』など、超大作が多くて、あまり読もうという気にならなかったせいかもしれない。


天皇と東大 大日本帝国の生と死 上



天皇と東大 大日本帝国の生と死 下


この本も500ページ弱の大作だが、もともとインターネットのコラムだったこともあり、気軽に読める。

いくつか印象に残った点をご紹介しよう。


女帝誕生は是か否か

戦前では皇室典範は天皇家の家内法だから、憲法よりも上位とされる法だった。明治憲法自体も『皇男子孫』と明記しており、はっきり男子に限っていた。

しかし今は皇室典範は単なる法律なので、簡単に改正できる。

立花氏は天皇の地位は、憲法第1条に基づくものだと語る。つまり「天皇の地位は国民の総意にもとづく」。

女性天皇容認論は常に8割を超えているのだから、国民の総意は明らかであると。

さらに21世紀の天皇は体外受精でとまで語っている。一般的にも体外受精が広まっているわけなので、もし皇太子夫妻が第2子、第3子を望まれているのであれば、不妊治療の体外受精で次の皇孫をもうけるべきではないかと。


多産系の側室によって守られてきた万世一系

現存する日本最初の基本法典である養老律令では、天皇は妃を2人、夫人を3人、嬪を4人、計9名の配偶者を持てることになっていた。


平安時代はこれが3夫人、9嬪、27世婦、81女御まで許されるようになっていた。

歴代の天皇は万世一系を絶やさないために、多くの子供をもうけた。

明治天皇もその父の孝明天皇も庶出子だったし、大正天皇も側室の子(庶出子)だった。

大正天皇から一夫一婦制となり、大正天皇、昭和天皇、今上天皇までは男子が産まれたが、天皇家は男子が産まれても、その子供の代までいくと女子ばかりという女系家族の典型で、男系男子にこだわっていては皇統断絶の可能性が高い。

Y染色体論(男系でないとY染色体が受け継がれない)という説も、Y染色体でさえ完全な遺伝子情報が受け継がれるのではない。代替わりするたびに少しずつ変異が積み重ねられるので、神武天皇と全く同一の染色体を伝えている訳ではない。

さらに天皇家は神武天皇から今上天皇まで125代となっているが、その間に臣籍降下(皇族から一般人になる)は頻繁で、立花隆でも系図によると推古天皇の兄、敏達天皇からでたことになり、神武天皇のY染色体が流れているということになる。

筆者も別の本で読んだことがあるが、利己的遺伝子で有名なリチャード・ドーキンスによれば、400年もさかのぼれば、赤の他人とも血がつながると言われている。

立花隆もY染色体説はあまり根拠のない説であると。

動物学者竹内久美子さんの本では、Y染色体論が展開されていた。

筆者は愛子様が天皇になっても良いと思っているが、その辺はまさに国民の総意を問うべきかもしない。


遺伝子が解く!万世一系のひみつ



平成18年は明治139年

明治がそのまま続いていたら、今年は明治139年となる。また大日本帝国憲法は明治22年に成立したので、今年は大日本帝国118年ということになる。

実際には大日本帝国は56年間で終わったので、終わってからのほうが62年と長い。

大日本帝国はわずか56年しか持たなかったのだが、大日本帝国が滅亡したことで、日本が失ったものはどれだけ大きいか地図帳を見ればわかる。

台湾、韓国、北朝鮮、樺太、広域にわたる南洋諸島、そして満州が日本の植民地同様の国だったのだ。

もし日本があの愚かな戦争をせずにすませていたら、日本は今日全く違った国となっていたであろうと。

時の政治権力を握っていた愚かな政治指導者の選択によって、また同時にそんな政治権力者に権力を握らせていた国民の愚かな選択によって、歴史はあのような展開をたどってしまったのである。

日本は第1次世界大戦後に成立した国際連盟では文句なしの常任理事国であった。(もっともアメリカは国際連盟には参加していないが)

しかし明治が始まって60年後(1927年=昭和2年)ころから、日本の転落が始まり、1928年の張作霖爆死事件から、満州事変、満州国建国、国際連盟脱退、日独防共協定、廬溝橋事件という一連のハンドルの切り間違いが続いてやがて滅亡とつながるのだ。

現在もちょうど戦後60年、外交も手詰まり、財政再建も増税しか決めてがないという状況で、破綻に向かう可能性が大きく、類似性があると言う。


靖国訪問

天皇は自分の行為が日本国のシンボルの行為と解釈されるから、A級戦犯が合祀されている靖国神社には行かないという選択をした。

なぜ小泉首相がそれにならうことができないのかと立花隆は語る。

小泉首相は8月15日に政府専用機で、北京、ソウルを駆け回り、戦没者慰霊碑の前に花束をささげ、そのあと靖国神社に出向いてはどうかと提案している。

1970年に当時の西ドイツのブラント首相は、ポーランドを訪問し、ワルシャワのゲットーの記念碑の前で「こうすべきであったのに、こうしなかったすべての人に代わってひざまずく」とひざまずいて謝罪した。

ドイツでは歴代の首相がポーランド、イスラエル、バルト3国などを毎年のように訪問して、犠牲者の碑の前で頭を下げ続けてきた。


憲法改正

安倍首相が憲法改正を公約としてあげているので、一躍憲法改正論が出てきたが、立花隆は、憲法9条を死守して崇高な理念を貫けと主張する。

憲法9条が日本に繁栄をもたらす。『普通の国』議論には気をつけろと。

日本の法律は戦前は大陸法的だったが、戦後は英米法が取り入れられたので、独特の両体系混在となっている。

また憲法は最上位の法なので、具体的な内容は「法の定めるところに従って」という様に下位法と一体となってはじめて運用できる仕組みとなっている。これがドイツ憲法など大陸法との違いであると。

その意味で日本国憲法は成文の憲法と下位法令、さらに判例の集合体であり、改憲しなくても自衛隊法は合法であると。

オーストラリアは建前としては今でも100年以上前に制定された憲法で、エリザベス女王を国家元首にあおぐ立憲君主制の国なのだが、実際には女王が任命する提督などは形骸化している。

そのオーストラリアで1999年に憲法改正案が否決されたが、そのときの保守派の使ったスローガンが「壊れていない車は修理するな」だったと。

憲法改正については、いろいろな意見があり、今後も論議が活発となるだろうが、立花隆の議論も参考になると思う。

ちなみにあまり更新されていないが、安倍首相のホームページもある。


東京裁判を蒸し返す政治的愚行を繰り返すな!

小林よりのりの主張とは正反対だが、立花隆はサンフランシスコ講和条約第11条で、日本は東京裁判の結果を受け入れることを約束しており、それをくつがえすことはできないと主張する。

国立追悼施設以外に解決の道はないと。


その他、このブログでも取り上げているオーディオブックのすすめとか、話題は尽きない。

500ページの本であり、小泉首相退任前のやや古い話題も入っているが、簡単に読め、参考になる見方もあるので、おすすめする。


参考になれば次クリックと右のアンケートお願いします。


人気ブログバナー


  
Posted by yaori at 23:05Comments(0)TrackBack(0)