2008年10月13日

葡萄酒か、さもなくば銃弾を 手嶋龍一さんの人物評伝

2008年10月13日再掲:

10月12日米国が北朝鮮に対してのテロ支援国家指定を解除した。

まさにブッシュ政権末期のドタバタで、なんとか自分の功績としてアピールできるものを作ろうとしているライス国務長官とヒル国務次官補のなせるわざと言わざるを得ない。

核実験をやろうと準備している国に、テロ支援国家指定を解除してどうなるのか?

米国や他の国から援助を取り付けて、国力を回復し、準備を万全にして時期をずらして核実験を実施するというだけのことになるのではないか?

本質がわからずに「理解を示している」麻生首相も、ブッシュ大統領から電話をもらってうれしくて、そう言ってしまったのではないかと思えるが、本気でそう言っているならノー天気なものだ。

筆者は必ずしも北朝鮮懐柔策に反対するものではないが、それにしても核実験実行するぞと恫喝されてテロ支援国家指定を解くとは、まともな人間のなせる技ではない。

このあたりの事情を鋭く洞察している手嶋龍一さんの本のあらすじを再掲する。



2008年10月6日初掲:

葡萄酒か、さもなくば銃弾を葡萄酒か、さもなくば銃弾を
著者:手嶋 龍一
販売元:講談社
発売日:2008-04-25
おすすめ度:3.0
クチコミを見る


インテリジェンス小説という新しい分野を開いた元NHK手嶋龍一さんの人物評伝。

登場人物は次の通りだ。ほとんどが手嶋さんが直接間接に知っている人ばかりで、手嶋さんの広い交友範囲をあらわしている。

I 遙かなりホワイトハウス
  大統領への永い道……バラク・フセイン・オバマ
  二人のファーストレディ……ヒラリー・ローダム・クリントン
  敗れざる者……ビル・ブラッドレー(元上院議員)
  ベトナムから還ってきた男……ジョン・マケイン

II 政治の中の生と死
  赤い曳光弾……ヘルムート・コール(元ドイツ首相)
  手術室のジョーク……ロナルド・レーガン
  ハイアニス・ポートの孤高……ジョン・F・ケネディ
  三十年の平和……ヘンリー・キッシンジャー

III 姿なき交渉者たち
  帰りなんいざ……戴秉国(中国国務委員)
  昼行灯のひと……谷内正太郎(ヤチ。元外務事務次官)
  テヘランに在りし者……斉藤邦彦(元外務事務次官)
  雪渓の単独行……林貞行(元外務事務次官)
  ふたりのマツナガ……松永信雄(元外務事務次官)とスパーク・マツナガ(元上院議員)

IV 外交という戦場
  冷や飯のひと……麻生太郎
  ツルゲーネフの森……ハンス=デートリッヒ・ゲンシャー(元ドイツ外相)
  少数派の叡智……ヨシュカ・フィッシャー(元ドイツ外相)
  知られざる人……近藤元次(元農水相)
  北の凍土と向き合いし者 宋旻淳(韓国元外交通商相)

V 日米同盟の光と影
  冷たい戦争の意志……ジョン・フォスター・ダレス(米元国務長官)
  矜持なき者の挫折……クリストファー・ヒル(米国務次官補)
  プレスリー同盟……小泉純一郎
  裏切りの季節……コンドリーザ・ライス(米国務長官)
  イラクへの道……ドナルド・ラムズフェルド(元国防長官)

VI 超大国に抗いし者
  隠れゴーリスト……小沢一郎
  「ブッシュの戦争」の抵抗者……ドミニク・ド・ヴィルパン(元フランス首相)
  昨日の理念……安倍晋三
  日米同盟の遠心力……福田康夫

エピローグ  
  月下美人……若泉敬(政治学者。沖縄問題の特使)

なかには、余り聞いたことのない名前もあるが、外務省高官だったり、若泉さんは沖縄返還交渉の時の福田赳夫首相の対米密使だ。

それぞれの特徴を捉えたエピソードを紹介しており、読み物として面白い。

たとえばバラク・オバマ氏は、2004年の民主党大会の演説がメジャーデビューだったし、ヒラリー・クリントンは弁護士時代はヒラリー・ローダムで通していたが、ビルがアーカンサス州知事再選に失敗すると名前をヒラリー・クリントンに変えた。



ジャックリーン・ケネディはJFKの女遍歴に耐えかね、離婚を何度か言い出すが、そのたびにケネディ家の家長であるジョセフに金で丸め込まれていたという。ジョセフの執念が実り、JFKはカトリックで最初の大統領となるが、暗殺されてしまう。ケネディ暗殺は謎のままである。


キッシンジャーの功績

キッシンジャーは国務副長官時代に歴史に残る声明を発表している。ソ連と中国がアムール川のダマンスキー島の領有権を巡って一触即発の状態だった1969年に、「ソ連が国際政治の均衡を崩すような挙に出て、中国に対する核攻撃に打って出るようなことがあれば、ニクソン政権はこれを座視しない」というものだ。

これが米中接近の引き金にもなる。

ニクソン訪中の前に周恩来とキッシンジャーが交渉していた時に「上海コミュニケ」の中の、いわゆる「台湾条項」のワーディングは固まった。

台湾条項の第1項は「アメリカ政府は、台湾海峡をはさむ両岸の中国人が、それぞれ中国は一つだと述べていることを事実としてacknowledgeする。」このacknowledgeという言葉は周恩来のサジェスチョンによるものだと。

第2項は「アメリカ政府は、台湾海峡問題の平和的解決を希求する」。これはアメリカが有事には、軍事力で台湾の防衛に駆けつけるとは一切書いていない。実際に1996年に中国が台湾海峡向けに4発のミサイルを発射したときに、アメリカは空母2隻を台湾海峡に派遣した。

しかし文言としては、曖昧さを残すことで、台湾側の自重も求めた。後に「戦略的曖昧性」と呼ばれている。

これが台湾海峡に熱い紛争が起こるのを防止してきたのだ。

こういった歴史の証人たちに直接インタビューして取材している手嶋さんの幅広い情報収集力には敬服する。

手嶋さんの友人の韓国の宋旻淳元外交通商相や、普段あまり聞くことのない外務省の歴代の外務事務次官の話も面白い。

軽妙な読み物に仕立てているが、手嶋さんは主張すべきところは主張している。


北方領土問題は日ロ関係のトゲ

たとえば北方領土問題は、死せるダレス元国務長官が打った日ロ関係のトゲ、冷戦の残渣であり、これがために日ロ交渉は全く進展していない。「領土問題は日本丸というタンカーの船底に張り付いてしまった貝殻のような存在」だと。

「対中、対米外交に新たな地平を切り拓くためにも、北方領土のくびきから日本外交自らを解き放つべきときが到来している」と手嶋さんは語っている。


ライス国務長官とヒル国務次官補

北朝鮮との外交で、独断専行でポイントを稼ごうとして失敗している米国のクリストファー・ヒル国務次官補と、他に成果がないので北朝鮮外交を自分の実績としたいコンドリーサ・ライス国務長官には手厳しい。

北朝鮮の旧式の核施設を廃棄させるが、まだ数個保有していると思われるプルトニウム核爆弾や、ウラン濃縮設備については、全く手つかずのままだ。

「国際社会はまだ、野心の外交官クリストファー・ヒルが犯しつつある失策の恐ろしさに十分気づいていない」と警告している。

「ライスとヒルは、東アジアのポスト冷戦史に、野心に溺れて同盟国を裏切った外交官としてその名を刻まれることになるだろう」と。


小沢一郎と「国連至上主義」

小沢一郎については、ひそやかな対米自立論者として、「自衛隊が国連待機軍として国連の要請に応じて出動し、国連の指揮下にはいることは、何ら憲法に違反しない」という1993年の「日本改造計画」を引用している。

日本改造計画日本改造計画
著者:小沢 一郎
販売元:講談社
発売日:1993-06
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


アメリカは小沢一郎をフランスの故ド・ゴール大統領の様に、対米自立を模索する「隠れゴーリスト」と見ているという。

1990年の湾岸戦争の時に、当時の自民党幹事長の小沢一郎は自衛隊の派遣を当時の首相の海部俊樹にせまっている。結局それは実現せず、日本は130億ドルという巨額の資金を提供したのに、軍事的支援はゼロだったので、戦後のクウェートのThank-you Listにも載らず、屈辱を味わった。


条約官僚というモンスター

日本の憲法や国際条約解釈を独占しているモンスターのような「条約官僚」という存在も指摘している。

福田前首相は昨年末の小沢一郎との密談の時に、条約官僚に「小沢が提案する国連の集団安全保障に飛び移って構わない」と言われたという話を紹介している(手嶋さんの本にはこう書いてあるが、真偽のほどは筆者はわからない)。

党首会談の合意文書など、どう書かれていようとも、国際法の知見を利用して再解釈してみせるという自信のほどを見せつけたものだと。

「日本の政治指導部が真に立ち向かうべき相手は、法衣をまとっていない大審問官たちなのである」と手嶋さんは指摘している。

現在の条約・憲法解釈についての力学がわかって参考になる。


自民党の面々には冷ややか

麻生新首相を「冷や飯の人」と呼んでいるが、なぜそう呼ぶのか全くそれにあたる説明がない。吉田茂の孫として、冷や飯という訳でもないと思うが、よくわからないところだ。

麻生さん以外にも小泉元首相、安倍元首相、福田前首相は好意的には取り上げられていない。小泉=ブッシュ関係をプレスリー同盟と呼んでいる。


これからの政権交代議論や現在の世界情勢を考える上で、参考になるインサイト(洞察)である。

面白く簡単に読めるおすすめの本である。


参考になれば次クリック投票お願いします。



  
Posted by yaori at 10:40Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月22日

ウルトラ・ダラー 元NHKワシントン総局長手嶋龍一さんの小説

ウルトラ・ダラー (新潮文庫 て 1-5)


「インテリジェンス」で佐藤優氏と対談していた元NHKワシントン総局長手嶋龍一さんのサスペンス小説。

手嶋さんは9.11事件の時のNHKワシントン総局長だ。歌舞伎役者の様なハンサムフェイスを覚えている人も多いことだろう。

手嶋さんはこの小説の前にも、NHK在任中に、いくつか小説を書いている。

たとえば湾岸戦争の時に日本が金を130億ドルも出したのに、クウェート政府には公式に感謝されなかった「外交敗戦」や。

(筆者は当時米国に駐在していたのだが、ウォールストリートジャーナルの全面感謝広告で多くの国の名前が列挙されていたのに、日本の名前がなかったことを覚えている)

外交敗戦―130億ドルは砂に消えた (新潮文庫)


結局はアメリカのF-16をベースに改良することになったFSX(現F-2支援戦闘機)の小説、「ニッポンFSXを撃て」などだ。

たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て (新潮文庫)


これらの小説が認められ、ハーバード大学国際問題研究所にシニア・フェローとして招聘された経歴を持つ外交の専門家だ。

現在はNHKを退職して、外交ジャーナリスト、作家として活躍している。手嶋さん自身のオフィシャルサイトもあり、またウィキペディアでも紹介されているので、参照して欲しい。

小説のあらすじは細かく書かないのが筆者のポリシーなので、詳しくは本を手にとって見て頂きたいが、読んでいて手嶋さんの多方面にわたる知識の深さがよくわかり、またストーリーも面白い。

小説には初めから結末の構想が決まっていて書くものと、雑誌などの連載小説に多い、書き進めながら、なりゆきで結末を考えるものと2種類ある。

ウルトラ・ダラーは後者なのだと思う。

ストーリーは、北朝鮮関係のインテリジェンスがメインテーマで、日本人拉致問題、日本人印刷工拉致、偽ドル印刷、ドル紙幣へのRFID無線タグ埋め込み、核兵器開発、巡航ミサイル密輸、北朝鮮との交渉窓口ミスターXと外務省某局長の間柄など、息をもつかせない展開だ。

登場人物の設定も凝っている。

BBCの日本駐在員がイギリスインテリジェンス要員で、スーパーエージェントという設定だ。しかも自宅にL96A1狙撃銃まで隠し持っている。

細部の描写も手嶋さんの趣味の広さがよくわかる感心する描写だ。手嶋さんは「いいとこのボンボン」なのではないかと思わせる。

例えば、着物の話では:

「越後上布は手づみの上質な麻だけで織り上げますので、それはそれは贅沢な織物です。…北国の粉雪を思わせる白地に、青海波の絵絣(かすり)が織り出されている」

「琉球藍で染め上げた宮古上布はいかがでしょう。…おおぶりの葉が大胆にちりばめられた絣(かすり)もようだ」

という様な描写だ。

この他にも浮世絵、和楽、ファッション、レストラン、食事、食器、ギャンブル、競馬など、細部にこだわりの描写が続く。

もちろん内外政府のインテリジェンス組織、軍事知識は完璧だ。

ロマンスもサスペンスもある。若干終わり方が尻切れトンボ感があるが、こんな終わり方も「粋」なのかもしれない。

着想も面白く、手嶋さんの多趣味と博識にも驚かされる一冊である。


参考になれば次クリックと右のアンケートお願いします。


人気ブログバナー


  
Posted by yaori at 10:33Comments(0)

2007年06月28日

インテリジェンス 武器なき戦争 佐藤優氏と手嶋龍一氏の放談集

インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)
インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)


一躍売れっ子ノンフィクションライターになった外務省分析官佐藤優氏(現在起訴休職中)と、「ウルトラ・ダラー」がベストセラーになった元NHKワシントン総局長の手嶋龍一氏の放談集。

ウルトラ・ダラー (新潮文庫 て 1-5)
ウルトラ・ダラー (新潮文庫 て 1-5)


お互い本当の手の内を明かさない、化かし合いという感じだ。

なかには超一級のインテリジェンス(秘密情報)もあるのだろうが、どこまで信じて良いのかよくわからないところがある。

そもそも本当のインテリジェンスに携わる人間は表舞台には出てこないはずだ。インテリジェンスにかかわったことがある、あるいはインテリジェンスにかなり近いところにいた二人というところだろう。

ニュースソースがわからないように二重三重の仕掛けをしているというから、意図してこうした話をしているのだろうが、話半分の放談といった感じだ。

世の中には嘘の様な本当と本当の様な嘘があると。本当の話と思えるものもある。いくつか紹介しよう。


アメリカがイラク戦争を仕掛けた理由

アメリカがイラク戦争を仕掛けた理由は、一つはフセインが大量破壊兵器を隠していること、もう一つはイラクがアルカイダと組んでテロを仕掛けていることだった。

イラクがウランを入手したという情報はイタリアの情報機関からもたらされた情報だったが、ガセネタだった。

もう一つのアルカイダ情報もガセネタだ。イラクは基本的に民族国家をめざし、アルカイダはイスラム社会大団結を目指す。元々相容れないものを、開戦の理由の一つに取り上げたのだ。

これはいわゆるネオコンの差し金だという。ネオコンは自由主義世界革命を目指す為に、アルカイダを理由にフセイン政権を打倒したのだ。


日本がつかんだ世界初の重大情報

佐藤さんの前著「国家の罠」にも登場する東郷和彦元外務省欧亜局長がモスクワ駐在の時につかんだ情報の一つが当時のソ連のアンドロポフ書記長死去のニュースだ。

日本は当時科学アカデミーのなかに、ヒューミント(人的情報ソース)が居て、彼から入手した情報だったが、そのうちソ連に情報ソースを抑えられてしまう。

また東郷氏も外務省内の嫉妬をかってしまい、ロシアスクールながら、課長になるまでロシア課での勤務はなかった。

もう一つの日本初のビッグニュースは湾岸戦争の時に、イラクがイランに大量に空軍機を飛来させた事件だ。

当時のテヘラン大使の斎藤邦彦さんが報じたものだ。斎藤大使は情報源のたしかさを知っていたので、ウラが取れなくても東京に打電した。さらにイランがどう出るのかも的確に予想していた。

これらは日本の数少ないスクープなのだろうが、それにしても他国より数時間先んじたという程度のものばかりで、「だから何だ」という気がする。

インテリジェンスではこういう一つ一つに積み上げが重要なのだろうが、佐藤さんはじめ外交関係者からおしかりを受けるかもしれないが、お寒い感じを覚えてしまう。


大韓航空機撃墜事件は日本のインテリジェンスの脆弱性を示す

筆者は大韓航空機撃墜事件では日本政府は情報収集力を世界に見せたと思っていたが、この本では事実は逆であり、当時の後藤田官房長官がマスコミを抱き込んでつくらせた神話だと言う。

むしろ日本のインテリジェンス能力の脆弱性を明らかにした例だと。

日本の陸上自衛隊の稚内施設はアメリカのものを引き継いだので、基地にはアメリカ軍の将校も同居しており、アメリカ軍の下請けと化していたのだという。

アメリカ側が会話のテープを入手し、撃墜の事実を発表するというので、日本側はメンツ丸つぶれになることを避けるためにアメリカより30分前に発表した。しかもパイロットの会話を含む情報の内容まで詳しく公開してしまったので、これが後で大きなダメージとなる。

ソ連は日本側が傍受の事実をつかんだので、周波数を変更し、かつパイロットの通信を平文から符号に変えてしまった。たとえば「攻撃する」は「634」とかと言い換え、しかもそれを毎日変えるのだ。もう解読はほとんど不可能となってしまった。

しかし日本政府は後藤田官房長官の指示で、あたかも日本の手柄の様に発表し、ノンフィクション作家の取材に備え、あらゆる関係者と口裏合わせを行い、情報操作が行われたのだと。


手嶋説 北朝鮮は核の運搬手段を持っている?

手嶋さんは小説にも書いたウクライナ製の巡航ミサイルX55がイランと中国に6基ずつ流れ、それが北朝鮮に渡った可能性が高いと語る。

北朝鮮は既にプルトニウム型の原子爆弾の実験を行っており、数個の核弾頭を持っている可能性がある。しかし問題は運搬手段で、北朝鮮製のミサイルでは信頼性が低く、核弾頭は運べない。

それを解決するのがウクライナ製の巡航ミサイルなのだと。

これは手嶋説だが、あながち間違いではないかもしれない。数個の核弾頭と巡航ミサイルを手にしたので、北朝鮮はやっと6ヶ国協議で原子炉稼働停止に応じてきたのかもしれないと勘ぐってしまう。


イスラエルで生まれた「悪魔の弁護人」制度

このブログで紹介した「戦略の本質」で1973年の第4次中東戦争でのアラブ側の優れた戦略が紹介されているのでご覧頂きたいが、イスラエルでは第4次中東戦争での苦戦をきっかけに、悪魔の弁護人という制度を設けた。

これは1973年のヨム・キプルというユダヤ教の重要な祝日にアラブが攻めてきたことに端を発する。秘密警察モサドがアラブが国境付近に終結いていると警告を発していながらも、当時の首相ゴルダ・メイヤは軍事情報部(アマン)のアラブは動かないという情報を信じて、総動員体制を取らなかった。

その結果戦略を練りに練ったアラブが攻めてきて、対応の遅れたイスラエルは大打撃を受けてしまった。最終的にはアラブ軍を追い出すことができたが、国家を存亡の危機に陥れた責任を取ってゴルダ・メイヤ首相は辞任。

悪魔の弁護人とは中世の魔女裁判の時の魔女の弁護人のことであり、首相にあがってきたレポートをともかく難癖つける役割である。それによって首相は多面的な判断ができるようになるのだ。


1996年の台湾海峡危機では李登輝は核心をつく内部情報を得ていた

1996年中国は台湾に届く射程距離のミサイルと4発発射。台湾も応戦体制に入り、クリントン大統領は空母ニミッツ他2個の空母機動部隊を台湾海峡に送り込んだ。

しかし当時の李登輝総統は中国が打ったミサイルは空砲だったということを知っており、中国の脅しに屈しなかった。これは手嶋さんが李登輝本人より聞いた話だと。

中国は李登輝が空砲だったことを確信していたことを不審に思い、政治局の周辺にいたモグラを徹底的に調べ上げ、3年後工作員を捕まえ処刑した。

もしこの情報が間違っていれば、台湾は中国との武力衝突という大変な国難に巻き込まれた危険性があった。李登輝はそのことを知りながら、すべて責任を負うつもりで行動した。

このようにリーダーはインテリジェンスの情報が誤れば、すべて責任を負うという覚悟がないといけないと手嶋さんは語る。

その意味で、民主党の前原誠司元党首のガセメール事件は、自らが防衛問題の専門家と称していながらも、お粗末な結果となった。前原氏には資質がないので、二度とインテリジェンスや安全保障にはかかわらない方がよいと佐藤氏は言う。


杉原千畝の命のビザ

日本版シンドラーのリストとして、今や有名になった杉原千畝元リトアニア領事代理だが、鈴木宗男議員は杉原氏の名誉回復を積極的に推進した。

それは鈴木宗男氏が、30年以上前の青嵐会時代から、イスラエルとの連絡係を勤めていたので、ユダヤ人ネットワークがどういうものか知っており、杉原千畝の名誉回復を図れば、その先どういう効果が見込めるのかを読んでいたのだと佐藤氏は語る。

アメリカには命のビザで命拾いをした人がまだ居る。たとえばシカゴ商品取引所の元会長もその一人だ。

最近バルト三国他を訪問した天皇皇后両陛下もリトアニアの杉原千畝記念碑に献花されていたが、これは日本にとって有効なユダヤカードである。

かつては日本にもインテリジェンスを教える学校もあった。それが対中国情報の東亜同文書院であり、対ソ連情報のハルピン学院である。これらが語学と文化に深い理解がある学生を輩出していた。

杉原千畝はハルピン学院出身で、最初の奥さんはロシア人で、本人もロシア正教徒と、それくらいロシアに通じていたのだ。


多くのエピソードが紹介されており、真偽のほどは不明だが、読み物としても面白い。おすすめの一冊である。


参考になれば次クリックと右のアンケートお願いします。


人気ブログバナー



  
Posted by yaori at 22:13Comments(0)TrackBack(0)