2011年07月14日

1兆円を稼いだ男の仕事術 元ドコモ・夏野剛さんの仕事・人脈術

1兆円を稼いだ男の仕事術1兆円を稼いだ男の仕事術
著者:夏野 剛
講談社(2009-07-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

元ドコモのiモードやおサイフケータイ推進者。現在、慶應大学湘南特別招聘教授で、ドワンゴ、SBIホールディングス、ぴあなどの取締役を兼任する夏野剛(なつのたけし)さんの本。ぴあといえば、7月21日号で終了すると発表されたばかりだ

この本の題名は、ドコモ時代の夏野さんの上司で、iモードを広げた仕掛け人の榎啓一さん(現ドコモエンジニアリング社長)が、「夏野がドコモにもたらした利益は、1兆円をくだらない」という言葉から取ったという。

このブログでは夏野さんの「グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業」「ケータイの未来」を紹介している。

夏野さんのドコモでの事業取り組みとドコモ入社までの経歴は「ケータイの未来」で紹介したので、参照して欲しい。

ケータイの未来ケータイの未来
著者:夏野 剛
ダイヤモンド社(2006-11-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

先日夏野さんの講演を最前列で聞く機会があったが、なかなかカッコいい、おしゃれな人だ。ビッグサイトでの講演だったが、車で来ていると言っていた。

よく町中で、フェラーリなどに乗っているいかにもベンチャー企業経営者風の人を見かけるが、あるいは夏野さんもそんな高級車に乗っているのかもしれない。実際に夏野さんの車の車種が何か知らないが、そんな印象を受けた。

夏野さんの講演の要旨は、いままでは携帯電話業界の進化はキャリアや端末メーカーが主導してきたが、これからはネット業界=シリコンバレー主導になるというものだ。

これを象徴するのが、台湾のHTCの時価総額がノキアを上回ったとか、アップルのi-Phoneの端末販売数量がノキアを上回ったとかいう現象だ。

マスコミはアップルとグーグルはiPhone OSとアンドロイドOSで激しく競合しているようにあおっているが、両者は狙っている戦略が違うので、競合してないのだと。

アップルは"Customer Retention Max"で、一人のユーザーにアップルの様々な機器やサービスを購入してもらうのが戦略だ。これに対しグーグルは"Ad Revenue Max"で、世界のネット広告市場が大きくなれば、その分グーグルのビジネスも増えるというものだ。

その証拠に、日本のi-モードが世界を席巻していれば、Android端末などは開発する必要がなかったとグーグルの人に言われたことがあるという。

いわゆるガラケーとスマートフォンの差は、ケータイが進化したのがガラケーで、PCの延長がスマホだと。つまりPC技術でケータイが作れる時代になったのだ。

閑話休題。

この本では、夏野さんの仕事に対する考え方を、次の5章に整理している。

第1章 今できることだけを全部やりきる

第2章 「個人の信念」だけが商品価値を決める

第3章 ビジネスは「仁義と任侠」だけで進める

第4章 「仕事」x「情熱」=「社会の発展」を目指す

第5章 会社は目的達成のための「道具」である


それぞれの章の最後に、いわゆるナットシェル=まとめが付いている。

特に参考になった第4章「仕事」x「情熱」=「社会の発展」のナットシェルは次のようになっている。

・社会への貢献を目指せば、自ずと利益は生まれる

・最優先すべきは「快適な社会」の実現

・変化を恐れる保守的な思考の人間とは徹底的に戦う

・「最大のピンチ=最大のチャンス」のプラス思考を持つ

・「勝てるケンカ」=「社会貢献}+「信念」+「データ」


という具合だ。

この本を読むと、夏野さんがいかにキーパーソンを見つけ出して仕事をやり遂げてきたかがよくわかる。夏野さんの仕事術は人脈術と言っても良いと思う。それをあらわすのが第3章の「仁義と任侠」だ。

ビジネスは「義理と人情」ではダメだという。「仁義と任侠」なのだと。「義理と人情」は合理的ではないが、「仁義と任侠」は、合理的でないと成立しない。

「仁義と任侠」はいわば兄弟の契りみないなもので、「自分がこの人間と組むことは、この人間のためにもなるし、自分のためにもなる」というWIN−WINの関係だ。

一番の例がドコモのiモードだ。

当時のドコモの社長は大星公二さんで、携帯電話が急速に普及して業績絶好調のドコモで、唯一ピンチだと感じていた。携帯電話所有者はそのうち飽和するので、新しい価値を付加する必要を感じていたという。

大星さんが法人営業部長だった榎啓一さんに、法人営業部の内部プロジェクトとしてゲートウェイビジネス部を立ち上げさせた。

榎さんが元リクルートのトラバーユ編集長の松永真理さんを引っ張ってきた。

そして松永真理さんが、リクルートで学生アルバイトとして働いた経歴がある夏野さんを引っ張ってきた。

松永さんは夏野さんのことを「インフラオタク」と呼んでいたという。プラットフォームビジネスをつくり、社会に貢献するのが何よりも好きなのだ。


iモードトリオ対マッキンゼー

もともとiモードはマッキンゼーがドコモにデータ通信ビジネスを始めることを提案したものだ。それをドコモが採用した。だから当初はiモードビジネスの主導権を持っていたのはマッキンゼーだった。

マッキンゼーとiモードトリオ(榎・松永・夏野)は、利益の上げ方で衝突したという。マッキンゼーはコンテンツプロバイダーからカネを取るモデル。これならドコモにリスクはない。

iモードトリオは、コンテンツプロバイダーの料金回収代行で収益を上げるモデル。コンテンツプロバイダーとWIN−WINの関係を築くモデルだ。これだとコンテンツプロバイダーのリスクは小さくなり、新規参入がしやすくなる。

この論争を打破するために、夏野さんはハイパーネット時代の人脈を使って、当時の住友銀行の元日本橋支店長の国重さん(当時住友キャピタル証券副社長。現楽天証券会長)をくどく。

国重さんはiモードのビジネスモデルは筋がよいと評価し、母体の住友銀行がコンテンツプロバイダーの第一号になった。住友銀行がコンテンツプロバイダーとして参加したことで、他の銀行や企業が相次いでiモードに参加したのだ。

ちなみに当時のマッキンゼーのiモードチームの責任者が、最近夫の看病に専念するとしてDeNA社長を退任した南場智子さんだ

南場さんは「マッキンゼーがリアルビジネスを理解していなかった」という夏野さんの意見を「経営者になった今なら100%理解できる」と言っているという。

ドコモがクレジットカードビジネス参入を検討した時に、クレジットカード業界からは「村社会」の掟を乱すものとして相手にされなかった。「たとえドコモでも許さない。」と。そこで当時の三井住友ファイナンシャルグループ社長の西川善文さんにアプローチした。

西川さんは即決し、ドコモが三井住友カードの1/3の株を取得ることになったという。

人脈をつくるには、「リーダー」でなく、「チャンピオン=真の実力者」を探せと夏野さんは言う。

2004年に導入したおサイフケータイにソニーのFeliCaチップを導入したのは、このブログで「Suicaが世界を変える」を紹介しているJR東日本の椎橋章夫さんが熱心に勧めてくれたからだという。おサイフケータイで夏野さんは「もしかすると、ビル・ゲイツに勝てるかもしれない」と思ったという。

現在は冒頭に述べたようにPC業界にケータイ業界は蹂躙されている。グーグルがNFC技術を使おうとしているので、日本のおサイフケータイ、FeliCa技術もガラパゴス化する恐れも出てきている。ケータイの世界は変化が早い。

この本の中で、夏野さんが2008年6月にドコモを辞めた理由と思われることが書いてある。公式には「ドコモでやるべきことは、すべてやり尽くした」と感じたからだと。しかし、直接の原因となったことは、総務省からの「お達し」でドコモはそれまでのインセンティブ制度を見直し、携帯電話の急速な普及に貢献した端末料金無料などの販売戦略を見直さざるをえなかったことのようだ。

これにより携帯電話の買い換えサイクルは長期化し、携帯電話業界の活気が失われた。ゼロ円端末もなくなり、消費者のメリットも失われた。


「マグロ」と「タケナカ大臣」

夏野さんは「マグロ」と呼ばれていたという。マグロのように休むことなく働き続け、次々と新しいサービスを追い求めたからだ。

ドコモ在籍中は「タケナカ大臣」というニックネームを頂戴したという。竹中平蔵大臣のように思ったことを包み隠さずポンポン言う姿がだぶったからだと。

夏野さんのケンカする条件とは次の3つだ。

1.自分が成功を確信できていること

2.論理的に筋道、理屈が通っていること

3.社会・会社のためになること


夏野さんの考え方がわかる面白い本である。


参考になれば投票ボタンをクリックして頂きたい。


  
Posted by yaori at 12:48Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月11日

グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業 前ドコモ夏野剛さんの近著

グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業 (幻冬舎新書)グーグルに依存し、アマゾンを真似るバカ企業 (幻冬舎新書)
著者:夏野 剛
販売元:幻冬舎
発売日:2009-07
おすすめ度:2.5
クチコミを見る

前NTTドコモ執行役員でiモードやおサイフケータイの推進者夏野剛さんの近著。

本のタイトルが過激だが、別にグーグルを使うなといっているわけではない。

以前の”Web 2.0”ブームでは、誰もがSNS(Social Networking Service)に走ったが、SNS大手のMixiモバゲータウンも伸び悩んでいる。SNSを取り入れて、いかにビジネスに生かすかが課題なのだ。

今の”クラウド・コンピューティング”ブームで、その代表格のGoogle AppsGメールを導入したり、アマゾンを真似てリコメンドなどを始めても、それだけで成功できる訳ではない。ビジネスが成功できるかどうかは、価値を創造して顧客を創れるかどうかであり、その意味ではリアルもネットも同じだと夏野さんは語る。

さらにiモードの仕掛け人だった夏野さんは、ケータイもパソコンもビジネスモデルに違いはないと言い切る。


ウェブビジネスの未来

この本で一番参考になったのは、第3章ウェブビジネスの未来だ。これは次の3節から成っている。


第1節 ウェブ広告の未来

ウェブ広告の身上は確実な効果測定で、ネット広告はマス広告を確実に超えると予言している。ラジオと雑誌はリスナー、ターゲットが絞られるという意味で、もはやマス広告ではなく、あくまで新聞・テレビとネットの比較だという。

未来の広告として、筆者も好きなスピルバーグの「マイノリティ・レポート」の個人にカスタマイズした広告を紹介している。




また夏野さんも、英国のTESCOのポイントカードを使ったデータベースマーケティングを、個人にカスタマイズされた販売促進の先進的な代表例として紹介している。

「TESC0の顧客ロイヤルティ戦略」に関しては、筆者も非常に興味を持っている。

その中心人物が書いた本を筆者のブログで紹介しているので、興味のある人は参照して欲しい。

Tesco顧客ロイヤルティ戦略Tesco顧客ロイヤルティ戦略
著者:C. ハンビィ
販売元:海文堂出版
発売日:2007-09
おすすめ度:2.5
クチコミを見る



第2節 仮想通貨(電子マネー)がウェブビジネスを加速させる

おサイフケータイと電子マネーは夏野さんがNTTドコモにいたときに、積極的に推進した戦略だ。

夏野さんはドコモ時代に「コンビニやタクシーで電子マネーを使えるようにする」という発想が、思った以上に受け入れられず、社内外の人を説得するのが大変だったと語っている。

「現金決済と電子マネーのどちらに将来の発展可能性があるか」という議論になかなかならず、売り上げアップと支払い手数料の費用対効果とか、店員教育の負担増といった目先のプラス・マイナスの議論となったので、普及は困難を極めたという。

このコメントは筆者には意外だ。

はたから見たら夏野さんが率いるドコモは、カネにあかせて三井住友カードの1/3を買ったり、ローソンなどのコンビニに出資して、おサイフケータイの端末を一気に普及させたりして、強引に推し進めていると思っていた。

いずれにせよ努力が実を結び、2001年11月にスイカとエディがスタートしてから、2008年10月で電子マネーの発行枚数は1億枚を超えて、さらに拡大しつつある。

電子マネーでも会員の個人情報と商品情報が収集できるので、IYグループのnanacoなどで、マーケティングに利用する動きが出ているという。

夏野さんは電子マネーを導入することにより、支払いが簡単になり、「ついで買い」が増え、客単価が上がると説得したという。

いまや多くのコンビニではiDや電子マネーが使えるようになっている。たとえば筆者はローソンではiD、7/11ではナナコモバイルが使えるので、もっぱら使うコンビニはローソンと7/11に限られている。

コンビニで小銭出すのが面倒くさいのだ。

夏野さんの狙った通りの効果が出ていると思う。これから多くの人がケータイで決済できる便利さを知ると、さらに利用は拡大するだろう。


第3節ネットメディアとデジタルコンテンツ

アメリカのNBSとNews CorpのジョイントベンチャーのHuluやYouTube、日本では夏野さんが取締役となっているドワンゴのニコニコ動画などが紹介されている。

マス広告市場の縮小に伴って、テレビ局の収益も悪化しているが、夏野さんはテレビは優良コンテンツを持っており、これをオンデマンドで有料で配信するか、広告付きで無料で配信すれば良いと提案する。

若者離れ、広告減のテレビを救うのはITだと。

ドコモで苦労したからだろう、随所に50代以上の経営者のインターネットリテラシーが低いことを批判している。

最後に夏野さんは「日本の将来は明るい。この明るさを生かして、IT時代を進んでいこう」と檄を飛ばす。

ドコモ時代に推進したiモードやおサイフケータイを使った様々なサービスが出てきている。

「先進的なIT技術に目を奪われて、海外の企業を真似たり、憧れたりするのは意味がない。自分たちのポテンシャルをもっと生かした先に、日本が持つ真の競争力が現れるのだ」と。


簡単に読めて参考になる本だった。


参考になれば投票ボタンをクリック願いたい。




  
Posted by yaori at 00:19Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月04日

ケータイの未来 夏野剛 ドコモの戦略がよくわかる

ケータイの未来ケータイの未来
著者:夏野 剛
ダイヤモンド社(2006-11-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ドコモの戦略を陣頭指揮する夏野剛氏の近著。

夏野氏と一緒にi-modeを立ち上げた松永真理さんの「iモード事件」は楽しく読めたが、松永さんはiモードを立ち上げてすぐにドコモを去り、夏野さんが実質総責任者としてドコモのマルチメディア戦略を作り上げてきた。

iモード事件 (角川文庫)iモード事件 (角川文庫)
著者:松永 真理
角川書店(2001-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

この本を読むと、夏野氏が携帯電話の生活インフラ化を目指して、おサイフケータイにこだわり、積極的に仕掛けてきたかがよくわかる。

本の半分がおサイフケータイ関係の話であり、それ以外の半分はドコモで働いて感じた点などだ。

ドコモは昨年10月末のナンバーポータビリティ導入以降、徐々にシェアーを失い、KDDIがシェアーを延ばしている。

しかし、夏野氏は瞬間風速的にはドコモはシェアーを落としているが、ドコモが過半数を占め、それ以外を二社が分け合うという競争構造自体は、今後もあまり変化はないだろうと語る。


「ケータイの未来2020」

最初に「ケータイの未来2020」というミニ小説で始まる。

ケータイが生活インフラとして、なくてはならないものになっている将来の姿を描いた未来小説だ。

腕時計一体型や、口紅、名刺入れ、ペンなどの様々な形状で、スターウォーズでR2−D2が投射するレイア姫の様なバーチャルディスプレイ(但し3次元でなく、2次元)を持つ。

入力が必要な時は、バーチャル・キーボードが投射され、指の動きをセンサーが感じとるのだ。

鍵がわり、外出時のナビ、乗車券、指紋認証などは当たり前、お天気や、ニュースは情報は常時表示され、スケジューラーにもなる。


おサイフケータイはiモード以来の転換点

夏野氏は「生活をもっと便利に、豊かにしたい」という思いで、松永真理さんに招かれて、ドコモのiモードプロジェクトに参加した。

ドコモにくる直前は、「社長失格」の板倉雄一郎さんがつくったハイパーネットの副社長として、会社倒産の修羅場をくぐった経験がある。

社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
著者:板倉 雄一郎
日経BP社(1998-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

iモードは松永真理さんが打ち出した「コンシェルジュ」というコンセプトのもとで推進されたことは有名だ。

おサイフケータイは松永さんの後を継いだ夏野さんが、「生活インフラ」というコンセプトのもとに2004年から推進したものだ。

JR東日本が携帯電話の中にSuica機能を取り込めないかと、呼びかけてきたことがきっかけで、ソニーのFeliCa技術を採用して、おサイフケータイを展開することを決めた。

勝ち馬に乗る、という理由でFeliCa技術に決めたという。

iモードの誕生は、「いつまでも音声通信に頼っていては先がない」という1997年当時の大星公二社長の危機感が発端になっている。

社長の命を受け榎啓一さん(現在NTTドコモ東海社長)が、松永さんや、夏野さんを引き込み、スタートさせたのがiモードだ。

iモードは、今やオランダ、イスラエル、ロシア、英国、アイルランドなど世界69ヶ国で利用可能となっている。


DCMXが夏野氏のドコモ入社の理由

DCMXとはよくわからないネーミングだが、DoCoMoーXの略だ。

DCMXはドコモが始めたクレジットサービスで、ドコモ自身のクレジット事業DCMX、中学生でも使えるDCMX miniと、クレジットカード会社に供与するiDがある。

DCMXとは通信サービスと決済サービスの融合で、夏野さんはこれを実現するために着々と準備を重ねてきた。Javaを採用、おサイフケータイを導入し、三井住友カードに出資したのもすべてDCMXに向けた礎であると語る。

ドコモがクレジットカード事業に乗り出す理由は、日本のクレジットカード産業は急速に伸びている産業であるからだ。

1999年は19兆円だった市場規模が、2005年には29兆円になった。それでも300兆円といわれる個人消費に占める割合は10%以下である。

米国の24%まで行くかどうかはともかく、まだまだ伸びしろは大きい。

さらに少額決済市場は60兆円といわれ、クレジットカードはほとんど使われていないので、ドコモのDCMXやiDの可能性は大きい。

クレジットカードにはドコモ自身で参入を考えていたそうだが、ある人より「村の掟」があると言われ、「村の先住民」の三井住友カードへの出資参加による参入に変えたのだと。

夏野さんの提案に、当時の三井住友銀行頭取の西川善文さん(現日本郵便会社社長)は、モバイルクレジットのメリットを瞬時に理解し、ドコモとの提携を即決してくれたという。

橋渡しをしたのは、現楽天副社長の国重惇史さんだ。


1500万人にクレジットを与えるドコモのDCMX

DCMXはプラスティックカードも発行できる通常のクレジット。

そしてDCMXミニは、滞納のないドコモユーザーなら月一万円まで、すぐに使えて電話料金と一緒に返済ができるドコモの消費者向けクレジット事業だ。

中学生から1万円まで借りられるので、おサイフケータイ保有者1500万人にクレジットを与える巨大な金融事業なのだ。

DCMXはエンブレムのデザイン、サウンド、リーダー・ライターのデザインなど細かいところまで凝り、かっこいいサービスとなることをねらっているのだと。

リーダー・ライターは2006年度内に15万台設置する予定になっている。

最近コンビニや100円ショップなど、いろいろなところでiDが使えるところが増えてきている。

おサイフケータイでどれだけ収入は見込めるのかという点は、次のように語っている。

iモードでもドコモの収入はアプリあたり月額数十円だったが、ちりも積もれば山となるで、iモードは今ではドコモの大きな収益となっている。

これと同じシナリオをクレジットカード事業でも目指したいと。


この本の残り半分がケータイクレジット以外で、このうち印象深い点をいくつか紹介する。


事務系、技術系という言い訳

夏野さんはトップの出身学部や分野は、事業の成功にはほとんど意味がないと語る。そういえばNTTの社長は技術系とか、次は事務系だとか下馬評があがる。

IT革命の最大の功績は、技術の詳細な内容がわからなくともビジネスモデルを構築できるようになったことだと。

50歳を過ぎた役員が、三十年も前に卒業した学部が文系か理系かと言っているのは、仕事や責任を回避しているとしか思えないので、周囲を含め、こうした甘えは絶つべきであると。

理系・文系のこだわりは、一種の日本流ワークシェアリングではないかと夏野さんは一刀両断している。

               
淘汰が必至のモバイル・コンテンツ業界

従来コンテンツホルダーは、モバイル向けは専業のベンチャー企業に任せていたが、儲かるとわかるとわかると、モバイル向け事業に自ら乗り出してきた。

コンテンツを持たないいわゆるコンテンツ・アグリゲーターのモバイル専業ベンチャーは、経営基盤が脆弱で、成長余地は以前と比べて小さくなっていると。

夏野さん自身は、フル・ブラウザーはさほど影響力が大きくないと考えているが、フル・ブラウザー脅威論も出ているので、モバイル専業ベンチャーは、事業規模を実力に見合った大きさにして、無理が生じないようにしてもらいたいと語っている。


携帯端末メーカーの世界競争

携帯端末メーカーが世界で勝負するには、技術力、営業・マーケティング力、政治力の3つが必要であると。

日本の端末は画面の精緻度や、ソフトの安定性、端末の機能性などで、海外端末の数歩先を行っているが、営業・マーケティング力は海外メーカーが数段上手だ。

これまでは日本の通信規格が独自規格で、鎖国状態だった。

第三世代となり、ドコモがW−CDMA、KDDIがCDMA2000となり、世界共通規格となったので、日本メーカーが外に出て行くことも、外から海外メーカーが参入することもやりやすくなった。

日本のメーカーは、携帯電話事業者に売り切りで販売し、在庫リスクもなかった。そのため自身の営業力がついていない。

ところが欧米メーカーは消費材として世界で電話機を売ってきたので、営業力が違うと。

また世界での規格会議などでも、日本は現場に近い技術者などが参加しているが、欧米のメーカーは標準化のプロが参加しているので、政治力が違うのだと。


サムスンの強さ

世界で強い例として、サムスンを夏野さんは挙げている。

強さの秘訣の一つは経営トップが持つ強いリーダーシップで、即断即決であると。

夏野さんは、サムスン電子のテレコミュニケーションネットワークビジネス社の李基泰(Kae Tee Lee)さんと懇意にしているが、海外端末を増やそうとサムスンと交渉を始めた席で、夏野さんが説明を終えると、李社長が社員にすぐやれと指示したのには驚いたと。

今ではサムスンが海外iモード機の販売No. 1で、技術力もある上に、全社員は英語か日本語を第二外国語として習得しているので、世界のどこの市場にも食い込んでいける営業力をつけていると。


最後に夏野さんは、「ケータイの未来は無限に広がり、ケータイの最大の強みは、人間の体にもっとも近いハイテク製品であることだ」と語っている。

ドコモのマルチメディア戦略の責任者が、自ら語る近未来のドコモで、読みやすく大変参考になる。是非一読をおすすめする。


参考になれば次クリックと右のアンケートお願いします。


人気ブログバナー





  
Posted by yaori at 00:10Comments(0)TrackBack(0)